【ファイソル】拳魂(キャラ)って何?仕様と特徴を解説

はじめの一歩 FIGHTING SOULS(ファイソル)における拳魂(キャラ)の仕様と特徴を解説しています。拳魂って何?拳魂ごとにどういった違いがあるの?など、拳魂について知りたい方はこの記事を御覧ください。

拳魂って何?

ファイソルにおけるキャラクターのこと

幕之内一歩

拳魂とは、はじめの一歩 FIGHTING SOULS(ファイソル)におけるキャラクターのことを指します。敵と戦闘を行う際には、主人公はパーティに編成した拳魂の力を借りて戦います。

拳魂の中にも様々なタイプが存在しますが、拳魂=ファイソルにおけるキャラクターのことと認識して問題ありません。

拳魂の仕様

プレイヤーは拳魂を宿して戦闘を行う

戦闘画面

ファイソルでは、敵と戦闘を行う際に主人公は拳魂の力をその身に宿して戦闘を行うという設定です。実際の所、主人公+ボクサータイプの拳魂最大5体+セコンドタイプの拳魂1体の計7対7で戦闘が行われているため、拳魂の育成がファイソルで強くなるためには非常に重要な要素となっています。

強くなるためには拳魂の育成が必須

拳魂強化

先述の通り、拳魂の育成はファイソルで強くなるためには欠かせません。ファイソルでは「拳魂強化、拳魂進化、拳魂売却」この3つの要素が拳魂育成の鍵となっています。

▶拳魂(キャラ)を育成する方法

拳魂の特徴

全部で10タイプの拳魂が存在

拳魂タイプ

拳魂は大まかにボクサータイプとセコンドタイプの2種類に分かれており、さらにボクサータイプは「ボクサー【力】」「ボクサー【速】」「ボクサー【技】」「ボクサー【無】」の4タイプに分かれています。

さらにセコンドタイプの拳魂は「セコンド【1】」「セコンド【2】」「サポーター【男性】【1】」「サポーター【男性】【2】」「サポーター【女性】【1】」「サポーター【女性】【2】」の6タイプがあり、合計で10タイプの拳魂が存在します。

ボクサーの中での4タイプ、セコンドの中での6タイプについては序盤ではあまり関係ないため、とりあえずは編成に関わってくる、ボクサーとセコンドの2種類の拳魂が存在するということを覚えておけば良いでしょう。

▶拳魂タイプの種類と特徴を解説

拳魂毎に異なるスキルを所持

スキル

拳魂はそれぞれ異なるスキルを所持しています。アクティブスキルとパッシブスキル、状態異常やバフ、デバフ、など、拳魂ごとの特徴はスキルに現れるといっても過言ではないため、それぞれの拳魂が所持するスキルを吟味して拳魂編成を行うと良いでしょう。

▶スキルって何?スキルの概要と種類を解説

基本的にはレアリティの高い拳魂が強い

レアリティ

ファイソルでは星3〜星5の拳魂が存在しますが、基本的にはレアリティの高い拳魂が強いです。まずは拳魂編成に必要な5体のボクサータイプ且つ星5の拳魂を集めましょう。星4以下の拳魂は後述の売却で拳魂の育成素材とすることがおすすめです。

▶レアリティ(星)って何?レアリティの仕様を解説

不用な拳魂を売却することで育成素材が入手可能

拳魂売却

ファイソルでは拳魂を売却した際に拳魂強化素材である「成長の葉」を獲得出来ます。基本的にレアリティの低い拳魂に使い道はないため、積極的に売却して「成長の葉」を獲得していきましょう。

▶売却のメリットと自動売却について

関連記事

    権利表記

    トップへ戻る