【ドラゴンエッグ】バフとデバフの効果について

ドラゴンエッグ(ドラエグ)における、バフとデバフの効果についての記事です。ドラエグではどんなバフとデバフがあり、どのように使うべきなのかご紹介いたします。ぜひクエスト攻略の参考にしてみてください。

能力変化の効果

攻撃力上昇/減少

攻撃力バフ

強さ 効果
1段階目
(上昇/減少)
攻撃力が約7.5%UP/DOWN
2段階目
(上昇大/減少大)
攻撃力が約15%UP/DOWN

▲※上記のデータは弊社調べです。1段階目を2度付与すると2段階目と同じ効果になります。

攻撃力が変化する効果は、攻撃やスキルのダメージ量に影響します。相手へのダメージを増やしたい時などに使いましょう。

威力強化/弱化

威力.jpg

強さ 効果
1段階目
(強化/弱化)
攻撃力変化よりも変化量が多い
2段階目
(強化/弱化)
攻撃力変化よりも変化量が多い
3段階目
(強化/弱化)
攻撃力変化よりも変化量が多い
4段階目
(強化/弱化)
攻撃力変化よりも変化量が多い

▲攻撃力上昇と重複します。

威力強化/弱化は攻撃力のステータスを変化させるバフです。攻撃力の上昇/減少よりも変化量は多くなります。また、攻撃力の変化と重複する特徴もあります。

さらに特徴としては、攻撃力上昇/減少と異なり最大4段階の変化をします。

防御力上昇/減少

防御力バフ

強さ 効果
1段階目
(上昇/減少)
防御力が約7.5%UP/DOWN
2段階目
(上昇大/減少大)
防御力が約15%UP/DOWN

▲※上記のデータは弊社調べです。1段階目を2度付与すると2段階目と同じ効果になります。

防御力が変化する効果は、攻撃やスキルのダメージ量に影響します。味方が受けるダメージを抑えたい時に使いましょう。

防護強化/弱化

防護.jpg

強さ 効果
1段階目
(強化/弱化)
防御力変化よりも変化量が多い
2段階目
(強化/弱化)
防御力変化よりも変化量が多い
3段階目
(強化/弱化)
防御力変化よりも変化量が多い
4段階目
(強化/弱化)
防御力変化よりも変化量が多い

▲素早さと重複します。

防護強化/弱化は防御力のステータスを変化させるバフです。防御力の上昇/減少よりも変化量は多くなります。また、防御力の変化と重複する特徴もあります。

さらに特徴としては、防御力上昇/減少と異なり最大4段階の変化をします。

素早さ上昇/減少

素早さバフ

強さ 効果
1段階目
(上昇/減少)
素早さが約7.5%UP/DOWN
2段階目
(上昇大/減少大)
素早さが約15%UP/DOWN

▲※上記のデータは弊社調べです。1段階目を2度付与すると2段階目と同じ効果になります。

素早さが変化する効果は、行動順に影響します。素早さのステータスが高い順に行動しますので、対人戦などで先手を取りたい時などに使いましょう。

敏速強化/弱化

敏速

強さ 効果
1段階目
(強化/弱化)
素早さ変化よりも変化量が多い
2段階目
(強化/弱化)
素早さ変化よりも変化量が多い
3段階目
(強化/弱化)
素早さ変化よりも変化量が多い
4段階目
(強化/弱化)
素早さ変化よりも変化量が多い

▲素早さ上昇と重複します。

敏速強化/弱化は素早さのステータスを変化させるバフです。素早さの上昇/減少よりも変化量は多くなります。また、素早さの変化と重複する特徴もあります。

さらに特徴としては、素早さ上昇/減少と異なり最大4段階の変化をします。

耐性上昇/減少

耐性変化バフ

強さ 効果
1段階目
(上昇/減少)
ダメージが約12.5%UP/CUT
2段階目
(上昇大/減少大)
ダメージが約25%UP/CUT

▲※上記のデータは弊社調べです。1段階目を2度付与すると2段階目と同じ効果になります。

耐性を変化させる効果は、1回の攻撃で与えるダメージ量に影響します。耐性変化の効果は、2段階下げると「通常」が「弱点」の状態に変わります。

※耐性がある属性を2段階上げると無効耐性になります。

属性耐性とは?

クリティカル発生率上昇

クリティカル発生率

強さ 効果
1段階目
(上昇)
通常時よりもクリティカルが出やすい
2段階目
(上昇大)
クリティカル発生率が最も高い状態

▲※上記のデータは弊社調べです。1段階目を2度付与すると2段階目と同じ効果になります。

クリティカル発生率上昇の効果は、ダメージ1回あたりのクリティカルの発生率に影響します。クリティカルが発生することで、通常時よりも多くのダメージを相手に与えることができます。

状態異常の効果

即死

即死エフェクト

有効な場面 対人戦

即死を付与された相手は、HPがどれだけ残っていても、戦闘不能になります。また、「守護」状態でも有効です。

ボスモンスターには、即死に耐性がありますが、対人戦において非常に強力な攻撃方法です。

気絶

気絶状態

有効な場面 クエスト/対人戦

気絶状態のモンスターは、次の行動をすることができません。行動不能になったターンに、気絶状態は治ります。

気絶攻撃持ちのキャラクターは少ないですが、対人戦や高難易度クエスト攻略の際に役立ちます。

火傷

火傷状態

有効な場面 ボス戦

火傷状態のモンスターは、攻撃力が減少します。また、行動後に最大HPからの割合ダメージを受けます。火傷状態は、ボス戦など最大HPの多いモンスターとの戦闘に有効です。

毒、猛毒

毒状態

有効な場面 ボス戦

毒状態のモンスターは、毎ターン一定のダメージを受けます。ダメージは最大HPからの割合になるので、HPの多い敵には大きなダメージを与えることができます。ちなみに、毒のダメージで倒すこともできます。

猛毒状態は、毒状態よりも多くのダメージを与えることができます。

石化

石化テキスト

有効な場面 クエスト/対人戦

石化状態のモンスターは素早さが減少して、一定の確率で行動ができなくなります。

混乱

混乱状態

有効な場面 クエスト/対人戦

混乱状態のモンスターは、敵味方関係なく通常攻撃を行ってしまうことがあります。モンスターの行動をプレイヤーが選択する場合には、指示を無視して通常攻撃してしまうことがあります。

気絶状態と違い確実性は無い代わりに、混乱状態は継続し続けます。

麻痺

麻痺状態

有効な場面

麻痺状態のモンスターは、たまに行動できなくなります。気絶状態と違い確実性は無い代わりに、麻痺状態は継続し続けます。

関連リンク

ハンターズアリーナ(対戦)の流れ
2019.02.07 18:57 コメント数(3)
幻影のスカイロードの攻略のコツ
2019.02.07 18:37 コメント数(1)
ギルドバトルの流れとルール
2019.03.22 15:25 コメント数(6)

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「バフとデバフの効果について」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[120837]
      そして可愛くない
      文章構成といい印象が最悪だな

    • >>[25949]
      まず、まじかるどらごんのイベントが下記の
      ①期間中に1日1回トリック・オア・ドラゴンと個チャを送る(送ることで5個、受けとることで5個パンプキンソウルを貰える)
      ②ギルバトに勝利する(貰えるパンプキンソウルはランクによって変動)
      ③期間中にクイズに答える(全部で5回ある、正解でパンプキンソウルを30個貰える)
      古川クイズはたまに来るイベントで1回やったらしばらくは来ません

    権利表記

    トップへ戻る