【ドラゴンエッグ】ドラエグ漫遊録

ドラゴンエッグにおける、実際にプレイした攻略班Aの個人的な意見や感想をまとめています。暇つぶし程度にご覧になってください。

はじめに

初夏の陽射しの中、皆様はいかがお過ごしでしょうか。最近は外に出るのが少し億劫に感じてしまうほどの暑さになってしまい、気軽に出かけられた季節を思い出す日々です。

私、北海道によく行っていた過去があるのですが、内陸部は夏場になると本州にも劣らないほどの夏らしさを感じるのですが、沿岸部は真夏でもかなり過ごしやすかった記憶があります。

最近は特に北海道の郊外で感じるあの独特の空気感が懐かしく、またあの場で生活したいと思う時間が増えました。

皆様はそのようなまたあの場で過ごしたいと思うような場所はありますでしょうか。

さて、今週のドラエグでは新しい装備、サポーターが実装されました。

新ギルバトサポーターが実装

新しくギルバトサポーターⅠの枠に「純白のタマティーナ」が実装されました。これまでのギルバトサポーター同様ギルドバトル時に優位を得ることができる効果を多く持っており、ギルドドラゴンへのダメージアップなどの有無で大きく結果を多く持っているのが特徴です。

純白のタマティーナは、士気回復量の増加や士気回復薬の使用回数を増やすことで攻撃・防御をより盤石にできるほか、別働隊の行動回数も3回増加と同格・格上の相手と戦う際にネックとなる士気への懸念を大きく緩和できる扱いやすいサポーターであると言えます。

ライド装備が2つ同時実装

新しくライド装備が2つ実装されました。、レックスは主に敵を撃破した際に攻撃間隔の短縮化や相手の防御間隔の延長を行うほか、士気が50%以上の時に攻撃をするだけで相手の士気に追加ダメージを与えられるといったかなり攻撃寄りの効果を持っています。

また、トライコルンは主に攻撃を受けた際に発揮する効果となっており、攻撃を受けると相手の士気へ無条件でダメージを与え、かつ攻撃間隔の延長を行う防御に特化した性能と言えます。

その為、防衛をメインに戦う場合はトライコルン、攻撃をメインに行う方はレックスを装備するとより活躍できると言えます。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先週末から今週にかけての新装備や新モンスターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

過去コラムはこちら

はじめに

お初にお目にかかります。拙劣ではありますがドラエグ漫遊録、担当させていただきますドラエグ攻略班のAと申します。

さて、1月のドラエグは年明けなどで大きなイベントの動きがありました。特に1100万DL記念キャンペーンはかなり豪華なイベントになっているのではないでしょうか。

1100万DLイベントが開催

IMG_3381
ドラエグの1100万ダウンロードを記念したイベントが開催されました。直近で開催されたイベントの中でもかなり豪華な内容であるように感じています。

個人的にはギルドバトルに参加することで入手できるアバター交換券が一番気になっています。というのも、今までそこまでアバターなどの見た目装備について頓着がなく、現在持っているアバターが先日終わってしまった「葬送のフリーレン」コラボで入手した「なりきりフリーレン」一つですので、この際にぜひアバターを手に入れたいと考えている次第です。

フリーレンコラボについて

葬送のフリーレン

さて、先ほど少し話題としてあげさせていだだいた「葬送のフリーレン」コラボイベントについて。少し長くなりますがここで少し語らせていただこうかと思います。

なりきりフリーレン

入手したアバター
IMG_3447

このイベントですが、開催告知でなりきりアバター装備やスタンプが入手できるときいて、葬送のフリーレン連載開始頃から読んでいた身としてどうにかアバターは取っておきたいと寝る間も削りイベントを周回しなんとかなりきりフリーレン(右ヒンメル)を入手した思い出です。

雑感

フリーレンの画像フリーレン フェルンの画像フェルン シュタルクの画像シュタルク ヒンメルの画像ヒンメル

本イベントではガチャから「フリーレン」「フェルン」「シュタルク」「ヒンメル」の4キャラが入手でき、それぞれ潜在解放を2まで上げる(つまり3回引き当てる強運か財力…)ことで各キャラクターのなりきり装備を入手できるキャンペーンが開催されていました。

また、個人的にはレイドバトルで「断頭台のアウラ」を倒すことで入手できるなりきりフリーレンが左右にちまっとしたフェルン・シュタルクがいてとても良いなぁと感じた記憶です。

また、イベントクエストではフリーレン&ミニヒンメルのほか、フリーレン&石像ヒンメルやフェルン&シュタルクなど豊富な品揃えで誰を交換するか小一時間ほど悩み選んだのですが、ここまで見ていただいている方々はこのコラボイベントをどのように楽しみましたか?

新しいギルバト装備について

IMG_3520

ギルドバトル専用装備に新しい装備枠「懐中時計」が追加されました。また、追加に伴って「奇跡の懐中時計」が実装されました。

効果としてはギルドバトル時の「攻撃間隔延長効果」「守備クールタイム延長効果」を軽減するという少し特殊な効果となっています。軽減という仕様上、相手からの妨害効果に対抗する策として有効なのではないでしょうか。

新ライド装備の個人的感想

IMG_3519

今まではエスペルトEX-Dライドが環境トップというべきか固定で採用されていたように思います。しかし22日の更新後、新しいライドアバター、ブレイズEX-Dライドが追加されました。今のトレンド(トレンドという言葉選びが最適かはわかりませんが)として、攻撃の間隔を操作する効果を持った装備が来ているなと感じております。

新しいライドの実装でこれからのギルドバトルの環境がどのように変化するのか興味深いですね。

終わりに

今回のドラエグ漫遊録では直近のイベントや追加モンスター、装備について触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

1月が終わり2月に入りました、年明けがつい先日のように感じますが、時が経つのは早いですね。攻略班のAです。

さて、今週のドラエグもさまざまなイベントや出来事がありました。直近ではドラエグが8.5周年を迎えたのが印象的です。

8.5周年記念キャンペーンが開催

8.5周年記念キャンペーン

月開けの2月1日より、8.5周年記念キャンペーンが開催されました。個人的にはギルバトミッションとログインボーナスがかなり気になる印象です。

ギルバトミッション

IMG_3592

ギルバトミッションでは、下記限定アバターに加えて各種装備を入手することができます。ギルバトミッションは個人で達成するのは難しいのでもし報酬を入手したい場合には活気のあるギルドに入っておくなどしないといけない点は少し難易度が高く感じます。

限定アバター

限定アバター一覧
IMG_3598 IMG_3597

ログインボーナス

IMG_3609

9日まで開催されているログインボーナスは期間中合わせて4日ログインすることで全ての報酬を入手できます。特に1日目では限定のスタンプを入手できる点は豪華だなぁと感じました。

緋桜の真紅が開催中

緋桜の真紅

先週の金曜日からではありますが、「緋桜の真紅」というイベントクエストが現在開催中です。イベントで配布された限定ルーンの強化素材を集めるのがメインの内容になるため、先週までの新年イベントより実用アイテムが欲しい人向けのイベントと言えるのではないでしょうか。

私個人として、アバターなどの見た目を着飾ることができるイベントと、このように実用的なアイテムがメインのイベントが交互に来てくれるのはありがたく感じます。

紅蓮英雄龍ヴィクトリガーが実装

IMG_3611

さて、2月の始まりと同時に「紅蓮英雄龍 ヴィクトリガー」が実装されました。SPを消費せずにスキルを使用できるアタッカーで、気絶や火傷といった状態異常を付与しつつ、敵を倒した際には50%で消滅させることもできるという盛り沢山な性能を持っています。

これからはSP消費がないモンスターが主流になっていくのでしょうか。実装されたモンスターや装備の性能からこれからの環境を予測するのも楽しみの一つと考えているのですが、少数派でしょうか。

海底の魔術師 マナが実装

IMG_3612

最後に、新規サポートキャラクターⅠの「海底の魔術師 マナ」が実装についても触れておきたいと思います。私としてはかなりユニークな特徴を持ったサポーターだなという感想を持っています。

というのも、特定のスキルのみという側面はありますが、モンスターや装備のスキルを無効化できるモンスターは知っている中では初めてですので、また環境を変えるサポーターが出たのではないかとかなり興味深く感じています。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週のイベントや実装コンテンツについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

2月も9日、3分の1が過ぎました。東京では今年初の雪が降りましたが、電車など止まってしまい初雪どころではなく大変でしたね。いくら文明が発展しようともやはり自然とは抗う術を持たない理なのだなあとまるで他人事のように感心しておりました。

私としては久々に童心に返り雪遊びでもしようかと意気込んでいたのですがやはり学生の頃のようには行かず、温かい飲み物で一息ついている間に溶けて無くなってしまいました。

ただ窓に映る白の舞踏会を眺めることしかできませんでしたが、これもまた冬の風情と言えるのでしょうか。攻略班のAです。

さて、今週は嵐の前の静けさとでも言うようにイベントの終了が近づいている週になります。

菓子修行のニャンマオが実装

IMG_3630

今週半ばの2月6日に新たなギルバトサポーター「菓子修行のニャンマオ」が実装されました。12月に実装された「祝福のサンタリーデル」と同様にギルバト時の攻撃間隔を短縮する効果やギルドドラゴンへのダメージ増加といったギルドバトルで有利になる効果のほか、相手から攻撃を受けた際に発動するスキルが多い印象を受けました。

サンタリーデルが攻撃性能に寄ったスキル構成であるのに対してニャンマオは攻撃時に加えて防衛でもスキルを発動できるため攻防どちらでも貢献できる器用さを持っていると言えます。

8.5周年記念キャンペーンが終了

8.5周年記念キャンペーン

2月1日より開催されていた8.5周年記念キャンペーンが9日16時で終了になりました。

ギルバトミッションなどで限定のアバターが入手できる大きなイベントでしたが、目当てのアイテムを入手できましたでしょうか。

ログインボーナスは23時59分まで受け取り可能

IMG_3609

さて、16時で終わってしまう各種キャンペーンですが、ログインボーナスに関しては16時ではなく、日付変更前であれば受け取り可能です。

スタンプやジェムといった豪華なアイテムがログインのみで入手できるお得なキャンペーンですので16時までにログインを忘れてしまったとしても受け取れるのはありがたいですね。

緋桜の真紅が終了

緋桜の真紅

1月26日から2週間開催されているイベントクエスト「緋桜の真紅」が2月9日16時にて終了となります。

入手手段が限られているルーンが配布され、イベントを周回してアイテムを集めることでもらったルーンを強化できる挑戦するだけ強くなれるイベントでしたが、ルーンの強化はできましたでしょうか。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、新たなギルバトサポーターであるニャンマオやイベント、キャンペーンについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

2月も半分が過ぎました。先週は初雪、今週もバレンタインと印象的な出来事が多い時期ですね。

さて、バレンタインといえば個人的にはチョコレートやクッキー、ケーキなどの洋菓子がイメージとしてあるのですが、皆様はバレンタインにどんなイメージを持っているでしょうか。

私攻略班Aの個人的な話で申し訳ないのですが、以前から趣味としてコーヒーや紅茶といったものを嗜んでおりまして、チョコレートなどの洋菓子が多く市場に並ぶこの季節は密かに楽しみにしている次第です。

ドラエグでも今週はバレンタインイベントが開催されていたほか、8.5周年イベントがさらに豪華になって開催中です。

菓子修行のニャンマオについて

IMG_3630

先週中頃に実装された「菓子修行のニャンマオ」ですが、2月14日のバレンタインの日に合わせてガチャなどでもピックアップされていました。

個人的な意見ですが、ギルバトサポーターとして現状最も扱いやすいと言える性能を持っていると感じております。攻撃時だけでなく守備を行った際にもスキルが発動するので汎用性という面で現状トップと言える最新ギルバトサポーターⅡです。

8.5周年記念キャンペーンがVol.2にアップデート

8.5周年記念キャンペーン

先終末までが開催期間であった8.5周年記念キャンペーンイベントですが、Vol.2と豪華にアップデートされ開催されておりました。

Vol.2では限定スタンプイベントや大会など新たなキャンペーンが開催されていました。やはりスタンプやアバターといった装飾系アイテムはいつまでも使い続けることができますので入手できる際には入手しておきたいと考えてしまいます。

スタンプ一覧

スタンプ一覧
IMG_3663 IMG_3662 IMG_3661 IMG_3660
IMG_3659 IMG_3658 IMG_3657 IMG_3656

8.5周年の祝賀会

8.5周年の祝賀会

先終末からイベントクエスト「8.5周年の祝賀会」が開催中です。開催時期柄こちらもバレンタインを意識したイベントとなっており、報酬なども過去のバレンタイン期間イベントで入手できたアバター系がメインになっています。

守神の黄金龍 ロストが実装

先終末、防御系のサポーター枠であるロストに新しく「守神の黄金龍 ロスト」が実装されました。他のロスト枠と同様に守護極大の付与やダメージ50%カットの効果に加えて我慢の付与とステータス上昇が効果として新しいのではないでしょうか。

我慢ステータスアップはかなりパーティの耐久面で重要な要素となってくるため、勝利への貢献度が大きいサポーターと言えそうです。

禍ツ災ノ骸が実装

新たに禍ツ災ノ大罪専用装備である「禍ツ災ノ骸」が実装されました。禍ツ災ノ大罪はパーティに1枠のみ編成できるという特殊なモンスタータイプであるヴェルテクスに属しております。

ヴェルテクスのモンスターは総じて他のモンスタータイプよりも強力なスキルを持っており、メインの編成で使っている方も多くいると思いますので、この装備の実装は多くの方にとって朗報と言えるのではないでしょうか。

闘志のオーラが実装

新しく装備のオーラ枠に「闘志のオーラ」が実装されました。これまでオーラは実質的に虚空のオーラ一強と言える環境でしたが(クリスマスオーラが期間限定装備で入手性が悪いと考えられるため)ようやく恒常の★∞オーラが実装されたのは嬉しい知らせではないでしょうか。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけてのイベントや新サポーター、新装備について触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

2月22日の話

この文章を書いているのが2月22日なのですが、本日は猫の日らしいですね、日本ではこのような語呂合わせの記念日が数多くある印象を受けます。攻略班Aです。

東京は3日間ほどで10度以上の気温差に襲われており、週の初めや中頃は気温が20度を超え冬の去り際を感じていたのですが週の終わりには再び10度を下回り、気温差と気圧差に振り回されています。

天気予報では来週も10度前後の気温と報じられているので、もう少し冬とは仲良くする必要がありそうですね。皆様はこの寒い時期をどのように過ごされていますでしょうか?

寒い日は暖かい飲み物

先週の「ドラエグ漫遊録」をご覧になっていただいている方には再度申し上げる形になってしまいますが、私の趣味にコーヒーや紅茶といったものがあり、寒い冬場には特段に暖かいこれらが美味しく感じられます。

最近は特に「エスプレッソ」に興味を持っておりまして、朝余裕がある際には作り、目覚ましを兼ねて飲んでおります。どのようなことでもやればやるほどに難しい部分というものが見えて来るなあと感じます。

さて、今週のドラエグは先週に引き続き8.5周年が印象的でした。

冥府の御使い カロンが実装

先終末、ドラゴライズに新しく「冥府の御使い カロン」が実装されました。まさに「日ノ本武神 スサノオ」キラーとしか形容できないような性能を持っており、名指しスキル無効効果のほか、使い勝手の良い我慢の強制解除や消滅を付与するスキルを持ったアタッカー型のドラゴライズと感じております。

確かにカロン実装前はドラゴライズはスサノオ一強と言える環境でしたがここまで潰しにかかった性能を持っているなら、今後はカロンが主流になっていきそうですね。

惨死の大鎌 サーティーンも合わせて実装

カロン実装に重ねて新しくドラゴライズ専用装備の「惨死の大鎌 サーティーン」も実装されました。ゲーム内の実装時のお知らせにこれまで使用されてきたドラゴライズ装備である「大蛇斬剣 ハバキリ」よりも効果量が上と明言された文字通り上位互換の装備です。

カロンとサーティーンでスサノオ&ハバキリ環境を破壊しにかかっている運営の姿勢がよくわかりますね。

8.5周年の祝賀会が終了

8.5周年の祝賀会

イベントクエスト「8.5周年の祝賀会」が22日15時59分で終了になります。8.5周年のイベントでしたが、通常のバトルクエストで集められるポイントは「バレンタイン復刻アバター」との交換と季節を意識した報酬となっていたのが記憶に残っています。

モンスターや装備とは異なりアバターなどの見た目装備系はずっと使い続けられるのがやはり魅力的に感じます。
IMG_3681

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけてのイベントや新ドラゴライズ、新装備について触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

3月の話

2月が終わり3月が始まりました。3月といえば、別れの季節という言葉を耳にしますが皆様は3月にどのような印象を持っているでしょうか。攻略班Aです。

私自身は申し上げたように別れの季節とよく聞くものですから、そのような印象を持っております。しかしながら別れと聞くとどうにもネガティブな印象が強くまるで良くない、悲しいと思われてしまう方が多いのが少し引っ掛かりを感じている点です。

「別れ」の印象

ここで「別れ」について考えてみたいのですが一概に悲しいと決めつけられるほどのものではないように感じております。というのも3月にある別れといえば卒業や引っ越しなどがわかりやすものとしてあげられると思いますが、どちらも悲しいものというより、成長や自立といったむしろポジティブなものであると考えられるのではないでしょうか。

さて、今週のドラエグは新たな装備やモンスターの出現によりこれまでの環境とはお別れが必要かもしれないような変化がありました。

悪魔獣王 ディザストが実装

3月の開始と同時に新たな★∞モンスター「悪魔獣王 ディザスト」が実装されました。スキルによるHP+状態異常回復、守護極大、幻影と我慢を15回、100%ダメージ軽減など耐久系スキルをこれでもかと盛り込んだ性能に加えて、味方が受けるダメージの90%を自身が代わりに受けるというタンクスキルまで持ち合わせた最強のタンクなり得る性能を持ったモンスターです。

これまでタンク最強として環境にいた「アンゲルス」は幻影と我慢付与の回数が10回であったため比較してもディザストの方が5回も多く、キャンペーンにより強化せずとも+100のアンゲルスよりステータスが強力などまさにアンゲルスキラーとして実装されたと言える性能を持っています。

機龍シリーズ装備が実装

IMG_3755

機龍シリーズ一覧
機龍の兜の画像機龍の兜 機龍の鎧の画像機龍の鎧 機龍の盾の画像機龍の盾 機龍の槍の画像機龍の槍

新たに「機龍」シリーズ装備が実装されました。我慢の回数を減らし滅属性ダメージを与えるスキルが強力な主人公用の装備です。

シリーズ装備は4部位すべてを揃えないと本領を発揮できないという運用面での高いハードルがありますが、揃った際の恩恵は装備の中では最高クラスであると感じます。

これまでは神威シリーズがメインの環境でしたがこれからは機龍シリーズに移り変わっていくのでしょうか。

危険な地雷系女子 ランファンが実装

スピードサポーターに新しく「危険な地雷系女子 ランファン」が実装されました。素早さの他にHP・SP・攻撃力・防御力も上昇させることができる多彩なサポーターになっています。

単純なスキル倍率はこれまで使われていた8thランファンが潜在解放の強化値x30% であったのに比べ潜在解放の強化値x35%と5%のアドバンテージに加えてメインのステータスも上昇できる完全な上位互換と言える性能を持っています。

上位互換とはいえ現在8thランファンを持っている方はかなり潜在解放Lvが伸びており、引いてすぐの地雷系女子ランファンより素早さ自体の数値は持っている8thランファンの方が高いという状況になってしまうので、素早さの上昇量を取るかステータス込みの総合力強化量を取るかでまだ8thランファンの使用シーンは減らないのではないかと予想しています。

破軍の蒼茫が開催

破軍の蒼茫

開催期間 2024/2/22(木) 18:00 〜 2024/3/8(金) 15:59

2月22日より、破軍の蒼茫が開催中です。イベントクエストを周回し、限定ルーンを強化するイベントです。

ルーンは現状入手手段が限られており、なかなか簡単に強化もしづらいような印象を受けますので無料配布+イベントで強化アイテムが入手できるというこの状況は総合力を強化したい人などにはかなりありがたいのではないでしょうか。

交換所でルーンは交換できるとはいえ交換に必要なアイテム量は少なくないので配布というだけでも嬉しく感じます。

イベントクエスト「破軍の蒼茫」の攻略情報

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけてのイベントや新モンスター・サポーター、新装備について触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

蒐集(収集)について

唐突ですが皆様は蒐集しているものはありますでしょうか?これは持論になりますが、本や絵画などに始まり人間は様々なものを蒐集してきたことを歴史が証明していると考えております。

そのことから蒐集は、人間という種自体に備わった習性の一つではないかと考えております。さて、私の蒐集している物の一つにティーカップがあり、終末には紅茶を集めたカップで飲むのが一つの息抜きになっております。

紅茶の話

紅茶も最近では様々な茶葉がオンラインショップなどの発展により簡単に手に入るようになりました。最近は日本未発売の茶葉を英国のオンラインショップから個人輸入をしてみようかと思い、空き時間にはどの茶葉が良いかカタログを眺めながら過ごしております。

個人輸入の話

個人輸入と言えば、最近エスプレッソマシン(カフェなどにあるラテなどを作る際に使うコーヒーメーカーの一種)の部品イタリアのショップから購入しまして、現在それを使って作ったラテを飲みながら文章を書かせていただいております。

さて、長々と語ってしまいましたが今週のドラエグは新たなサポーターが追加されたのが印象的ではないでしょうか。

修験烏天狗ツクモが実装

サポートキャラクターⅢに新しく「修験烏天狗ツクモ」が実装されました。ツクモが属するサポートキャラクターⅢは主に味方のステータスを上昇するスキル効果を持っており、そのことからスキルのステータス上昇割合の高さが強さや評価に直結するわかりやすいサポーター枠であると言えます。

さて、ツクモのサポーターとしての評価をするにあたり、これまで環境トップであった「怨念の呪術師 クロユリ」との比較が最も分かりやすいと思います。

明確にクロユリより優れている点として、「基本的なステータス上昇量が多い」「潜在解放レベル上限が高い」という二点があげられ、同じ潜在解放レベルでもすでに性能を越すことができる上、潜在解放レベルをさらに上げることでより味方を強化できるはばが大きくなるため、明確な上位互換として実装されたと言えるのではないでしょうか。

破軍の蒼茫が終了

破軍の蒼茫

開催期間 2024/2/22(木) 18:00 〜 2024/3/8(金) 15:59

2月22日から開催中の破軍の蒼茫が終了しました。当イベントを要約するとクエストを周回し、入手したアイテムで限定ルーンを強化するイベントとなっておりました。

ルーンも主人公や総合力を強化するという点において重要な役割を持っていると言える装備の一つですので、やはりイベントで入手と強化ができるのはありがたいと思います。

イベントクエスト「破軍の蒼茫」の攻略情報

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけてのイベントや新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

3月も半ばになり、ようやく春が顔を出す日々が訪れたように感じます。東京では日が沈んでも10度下回ることがない日が増えてきたため、散歩も兼ねて終業後に買い物に出掛ける際にも身軽に出ることができる過ごしやすさと、冬が去ってしまったのかと少し寂しい気持ちを抱えながら歩いております。

さて、ドラエグでも同様に春の訪れを感じられるようなイベントが開催されました。

新たな★∞ペットが実装

ペット装備に新しい★∞ペットの「黒毛の子猫テイルス」と「金毛の子猫リンクス」が実装されました。従来のペット枠と同様に属性耐性付与や属性ダメージ上昇といった単純ながら強力なスキル構成になっており、場面を選ばずに扱える万能な装備になっています。

最近のペット枠は左右を揃える必要がなくなったため片方しか入手していない場合でも十二分に性能を発揮できるようになり、「新しいものを入手できたらとりあえず装備して使ってみる」ができるので片方しか入手できなくても活躍できるのも高評価です。

竜碑文専用モンスターが登場

新しく竜碑文専用モンスターである「ステラエッグ」が実装されました。アリーナのアップデートに伴って宝箱や交換所で獲得できるようになり、集めることで発動する竜碑文が強力です。

ステラエッグ自身のステータスはかなり弱くスキルなども持っていないため、名前に違わず竜碑文を解放するための専用モンスターである点にのみ注意です。

覇道双腕龍オメガが実装

サポーターの枠の一つであるオメガに新しく「覇道双腕龍オメガ」が登場しました。これまでオメガの枠には★∞のモンスターが存在しておらず、それまで最強の枠は★14モンスターの「罪炎浄火龍シン・オメガ」であったことから、今回の実装では大幅な戦力強化ができるのではないかと予想しております。

というのも、罪炎浄火龍シン・オメガにはクリティカル以外の味方のステータス上昇効果が存在せず、スキル構成として、クリティカル率上昇と敵への威力減少、そして確率で発動するダメージスキルといったどちらかといえばデバッファーという方が適切である性能を持っていました。

新しく実装された覇道双腕龍オメガは、味方の攻撃とクリティカル発生率+敵への威力減少と味方のステータスを究極的に上昇という汎用性が高く、上昇率も高いスキルに変更されたことから、パーティ単位で見た場合の強化量は圧倒的に差ができるのではないかと予想しています。

お花見はやっぱり花より団子!が開催

お花見はやっぱり花より団子!

開催期間 2024/3/8(金) 18:00 〜 2024/3/22(金) 15:59

3月8日より、お花見はやっぱり花より団子!が開催中です。イベントクエストを周回し、限定アバターを入手するイベントです。

先終末まで開催されていた「破軍の蒼茫」では、ルーンといった実用的な装備を入手強化するイベントでしたので、どちらかというと楽しむというより強くなるために挑戦するという側面が強かった反面、今回はアバター入手などがメインのイベントですので純粋に楽しむために挑戦するという側面が強いイベントであると感じます。

入手できる限定アバターは和装のものが中心でまさに「お花見」にあったアバターであると思います。これまでも和装のアバターは多く実装されてきているので、これまでのアバターと組み合わせて着せ替えを楽しむのもドラエグの楽しみ方として良いのではないでしょうか。

イベントクエスト「お花見はやっぱり花より団子!」の攻略情報

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけてのイベントや新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

3月もあと一週間程度となりました。最近東京では風が強く、気温も安定しない日々が続いております。

2月中頃から3月の間に始まる強風ですが、年度初の強風を春一番というらしいですね。気圧差で発生する強風とのことですので、この時期は特に体調には気をつけたいところです。

さて、今週のドラエグでは風を象徴するようなアイテムやキャラクターが実装されていました。

万能のエリクサー【龍巻】が実装

新しくエリクサー装備に「万能のエリクサー【龍巻】」が実装されました。エリクサーという装備は、これまでもスキル効果などを持たないステータス効果のみのシンプルな性能を持つ装備ですが、「万能のエリクサー【龍巻】」も例に漏れずステータス強化のみの性能となっています。

比較表

万能のエリクサー【龍巻】の画像万能のエリクサー【龍巻】 万能のエリクサー【憧憬】の画像万能のエリクサー【憧憬】
HP 8,326兆 3,789兆
SP 854億 388,4億
攻撃 2640億 1202億
防御 3304億 150,3億
素早 702億 319,5億

比較するとおおまかに倍になっていることから、新しいエリクサーを入手できた際には大きな戦力強化が見込めそうです。

イブキ・ユウダチが実装

新しく★∞モンスターに「風伯の舞人イブキ」「雷筆の書手ユウダチ」が実装されました。

「イブキ」と「ユウダチ」は同時に編成することでステータスや即死、絶命、火傷に対しての耐性を強化できます。

風伯の舞人イブキが実装

主に威力弱化や混乱といったデバフを相手に付与して戦うデバッファーよりのアタッカーになります。

威力弱化や混乱はアリーナやギルドバトルといった対人戦でかなり優位に立てるスキルです

雷筆の書手ユウダチが実装

上記のイブキと戦い方は近く、敏速弱化や麻痺などのデバフを付与して有利に戦闘を進める戦術がメインになります。

敏速弱化や麻痺もアリーナやギルドバトルでは強力な効果となっており、イブキと同時に編成して戦うことで対人戦ではかなり優位に立つことができます。

救命の手綱が実装

手綱装備に当たらしく「救命の手綱」が実装されました。これまで手綱には★∞の装備がなかったため、これまでのものと比較しても性能としては圧倒的であると言えます。

特に強力な効果としてプレイヤーに絶命への耐性を付与できるというものがあります。絶命は現在でも最強の効果の一つであるため、耐性を強化できるという効果は重要であると言えます。

はじめに

目標について

三月も残り2日となりました。1年の4分の1が過ぎたとも考えられますが、改めてそう考えると月日が経つのは早いと感じますね。

皆様は今年の目標などを決めていますでしょうか。4月からの人も多いとは思いますが、私は全ての物事に対しての知見を広げることができれば良いなと考えています。

文章を書く

やはり文章を書くのであれば、さまざまな物事に対しての理解が深い方がより良い言葉を扱えると思っております。また、仕事に全く関係のないようなことで、たとえ仕事に活かせなかったとしても、日々生きてゆく上で必ず知っていることで得られる楽しさや面白さといったものがあると考えています。その楽しさや面白さといったものは周りに回って仕事や生活に活かせる時がくると私は考えております。

さて、今週のドラエグですが、ドラエグについての理解が深い方ならより楽しめるようなアップデートがされていたのではないでしょうか。

殲滅のランプが実装

ギルバト専用装備であるランプに新しく「殲滅のランプ」が実装されました。これまでのランプは基本的に自身や自軍に対しての効果のものしかなかったため、今回の「敵の士気へのダメージ」効果はランプという装備枠で言えば、全く新しい系統の効果と言えるのではないでしょうか。

ギルバトでリスクを冒すことなく敵の士気を減らせるため、勝敗に直結とまではいかなくとも、だいぶ関与できる装備と言えるのではないでしょうか。

祝福の卵配りドロシーが実装

あたらしくサポートキャラクターⅡに「祝福の卵配りドロシー」が実装されました。これまでのサポートキャラクターⅡと近い効果を持っており、主に味方のステータスを強化しつつ敵へのデバフも確率ながら付与できるため、対人要素で特に強力な性能を持っていると考えることができます。

また、ドロシーには上記に加えて、振り袖スティアの「今年はドラエグの干支」という味方全体のHP・SP・攻撃力・防御力・素早さを究極的に上昇させるスキルの発動を阻害することができる効果を持っているため、該当モンスターを編成している相手に対してはさらに強く出ることができます。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけての新装備や新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

春の訪れと開花

4月に入り一週間が終わろうとしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。この時期になると気温も以前より安定して高い日が増え、過ごしやすいなあと感じます。

さて、4月といえば桜などの花が咲き始める季節というのが私のイメージなのですが、皆様はどのようなイメージを持っているでしょうか。桜について言うならば、一面に広がる満開の花が美しいという方もいれば、散り際が最も風情があって良いという意見もあるように楽しみ方や美しいと感じる時期などは千差万別とも言え、一概にこの楽しみ方が正解とは言えない所がまた興味深く感じております。

花の保存加工

また、花の楽しみ方としては加工してその美しさを保つと言うものもよく見聞きします。代表的なものであればドライフラワーや押し花、ブリザードフラワーなど。またハーバリウムといったものも挙げられるのではないでしょうか。

ドライフラワーや押し花はどちらも乾燥させることで花の美しさを残すものですが、ハーバリウムはそれらとは少し異なる方法で、オイルや溶剤などを用いて生花をそのままの形で残す、ホルマリン漬け標本の植物版のようなイメージが適当ではないかと考えております。

どの方法も花の美しさや姿を残すと言う目的で扱われ、やはり人の花の楽しみ方は本当に様々なのだなあとより一層興味深く感じるばかりです。

今週のドラエグは狂い咲きと言う表現が適切かもしれません。春に彼岸花(曼珠沙華)は見たことがありませんので。

幽世に咲く曼殊沙華が実装

新しくヴェルテクス枠に「幽世に咲く曼殊沙華」が実装されました。これまでのヴェルテクスと同様状態異常に対して高い耐性を持っており、消滅・暗闇・気絶・即死に耐性を持っていることが特徴の一つとして挙げられます。また、戦闘開始時には幻影20回付与+100%ダメージ軽減付与のほか、スキルによる攻撃時には暗闇、絶命にくわえて撃破時は消滅のデバフ効果を相手に付与可能な強力なモンスターと言えます。

耐性を持っている状態異常についてはどれも戦闘時における影響が大きいものばかりであるため、効果を受けないということは戦闘の安定性をより高められ、不意を突かれることを減らすことに役立血ます。

また、攻撃時に暗闇を付与することで自身の幻影と相まってよりダメージを受ける頻度を減らすことが期待できます。加えて撃破時の消滅効果は相手の蘇生を阻害することで戦力を確実に削る効果が見込めることから、より確実な勝利を目指す戦い方が可能になります。

1111万DL記念キャンペーンが開催

IMG_3880

開催期間 2024/4/1(月) 0:00 〜 2024/4/9(火) 23:59

1111万DL記念キャンペーンは、実装された新ヴェルテクスである「幽世に咲く曼殊沙華」に関係するイベント内容や、ギルバトに参加すること限定スタンプやアバターを入手できるキャンペーンになっています。

4月1日時点ではエイプリルフールにちなんだイベントや、幽世に咲く曼殊沙華実装に伴ったガチャやキャンペーンが開催されており、かなり豪華な内容でした。また、限定のアバターやスタンプといった報酬も用意されていましたが取得できましたでしょうか。

1111万DL記念キャンペーンの情報まとめ

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけてのイベントや新モンスターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

環境の変化

4月も2週間が過ぎました。この時期は新しい環境に身を置いた方も多いと思うのですが皆様は直近での変化などありますでしょうか。

趣向の変化

私は最近英語の動画などを見るようになりました。以前からコーヒーや紅茶などに関連する英語の記事などは読んでいたのですが、最近は動画文化の発達も相まり、映像を見ることで情報に対しての理解度を深めやすかったり、実際の動作や時間の間隔などやはり文字ベースの情報では伝わり方に限界があるものなどを読み解く際には重宝しております。

さて、今週のドラエグも環境が変わるようなサポーターが実装されました。

応援団長チアルナミスが実装

ドラゴンサポーターⅠの枠に新しく「応援団長チアルナミス」が実装されました。これまでのドラゴンサポーターⅠで使用されてきたと予測できる「蒼雷の化身 エルトール」と比較してもステータスの上昇割合が潜在解放の値×1600~75000%とエルトールの200~1600%と比較して圧倒的であり、加えて潜在解放Lvの上限も1400と400高い点から、ステータス強化という点では環境を変えるサポーターであると考えられます。

快楽遊戯バニーリリスが実装

ドラゴンサポーターⅡの枠にもに新しく「快楽遊戯バニーリリス」が実装されました。上記のチアルミナス同様ステータスの上昇割合が圧倒的に高い点が特徴で、1000%~75000%の上昇率を持っています。同じ★∞のドラゴンサポーターⅡである「夜天浴場 リリス」は400%~1000%であるため、純粋なステータス上昇効果は圧倒的であると言えます。

チアルミナス、バニーリリスどちらも潜在解放レベルを上昇させる際に同名モンスターではなく同サポート枠のモンスターであればレア度や名称を問わず使用できるため、育成の難易度が格段に低く、入手しても育成ができないなどの問題に直面し辛い点もかなり高評価と言えます。

春の大革命キャンペーンが開催

春の大革命キャンペーンb

開催期間 2024/4/10(火) 0:00 〜 2024/4/19(金) 23:59

春の大革命キャンペーンは、実装された新サポーターである「応援団長チアルナミス」や「快楽遊戯バニーリリス」に関係するイベント内容や、限定スタンプの配布とギルバトに参加することで各種アイテムと交換できるポイントを入手できるキャンペーンになっています。

10日時点では限定のエッグの日ガチャの開催などもあり、新モンスターの入手難易度が少し下がっていたほか、エッグジェムの累計チャージや消費ランキングなどの開催があり、財布に余裕のある方々にとってはかなりお得なイベントになっている印象を受けました。

当イベントは来終末まで開催されるため、まだイベントを確認していない方は確認して、挑戦できる内容のものにはどんどん挑戦して、アイテムなどを入手しましょう。

春の大革命キャンペーンの情報まとめ

春の探検隊が開催

春の探検隊

開催期間 2024/4/5(金) 18:00 〜 2024/4/19(金) 15:59

イベントクエスト「春の探検隊」が開催中です。先週まで開催されていた「怪力の紫焔」とは異なり、報酬内容が主に限定復刻アバターなどの外装系アイテムのため、ドラエグで見た目を変えて楽しむ方にとって特に待ち望んでいたイベントと言えそうです。

イベントクエスト「春の探検隊」の攻略情報

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけてのイベントや新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

天気の話

4月も中旬になり、桜の木も青々とした表情を見せ始めましたが皆様お元気でしょうか。最近は気温が20度を超える日も珍しくなくなり、春が終わろうとしているのかなあと感じます。

気を抜くと季節がすぐ過ぎて夏となり、夏が来たかと思えば瞬く間に冬まで進んでしまうものですから、東京は近年春と秋がずいぶんと短くなったなあと思います。貴重な春の風をもう少し感じていたいものです。

気温と服装

さて、この時期は気温が上がるにつれて服装も変える必要があるのがなかなかに悩ましいと感じます。コートやジャケットといった上着を20度を超えるような時間帯に着るのは快適さを欠いてしまうことは想像に難くないのですが、かといってシャツなどのみで過ごすには少し肌寒く感じてしまうこの春から初夏の時期は最も服装を決めるのが難しい時期に感じます

今週のドラエグでは新しい外套が実装されました。 

金翼の外套が実装

外套に新しく「金翼の外套」が実装されました。外套は主に自身と味方のステータスを強化する効果が性能に直結しており、スキル効果のステータス上昇量が多いほど強力であると言える装備枠になっています。

その点から「金翼の外套」は既存の外套枠と比較してより高いステータス+スキル効果量を持つ点から同じ★∞の外套である「道化の外套」の上位互換として考えて問題ない性能を持っています。

春の探検隊が終了

春の探検隊

開催期間 2024/4/5(金) 18:00 〜 2024/4/19(金) 15:59

イベントクエスト「春の探検隊」が終了します。イベントクエストで入手できるアイテムを集めて限定復刻アバターなどを入手するイベントです。

限定アイテムの花飾りでアバターを入手

IMG_3681
入手できるアバターはなどをデザインに取り入れたもので、一式揃えて使うのも、ほかのアバターと合わせて使うこともできる華美なアバターでした。
イベントクエスト「春の探検隊」の攻略情報

春の大革命キャンペーンが終了

春の大革命キャンペーンb

開催期間 2024/4/10(火) 0:00 〜 2024/4/19(金) 23:59

春の大革命キャンペーンは、実装された新サポーターである「応援団長チアルナミス」や「快楽遊戯バニーリリス」に関係するイベント内容となっており、キャラをモチーフにした限定スタンプの配布やギルバトに参加することで各種アイテムと交換できるポイントを入手できるキャンペーンになっています。

イベント限定称号

イベント内容の一つであったジェム消費ミッションでは、参加することで入手できる称号や上位に入賞することで「チアルミナス」「バニーリリス」のキャラクターがデザインに入った称号を入手できました。

限定称号
IMG_3939

専用スタンプも用意

IMG_3941
また、ギルドチャットキャンペーンが開催された際にはキャラのスタンプが配布されました。これらも新規に実装された「チアルミナス」「バニーリリス」の2キャラをモチーフにしたものになっています。

春の大革命キャンペーンの情報まとめ

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけてのイベントや新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

]

はじめに

4月も終わりが見え、新しい環境に身を置かれた方については少しは勝手がわかってきた頃かと思います。この時期になると少し暖かいというより暑いという言葉が適切に感じる日もあり、暖かい飲み物を飲むのが億劫に感じます。

個人的な印象ですが、この時期はまだホットビバレッジが充実している時期に感じるので、カフェなどに立ち寄った際にはやはり暖かい飲み物に気を惹かれるのですが、先述の通り少し暑い日も続いており、なかなか難しいなあと思います。

よく4月ごろには桜をモチーフにした甘味や飲み物が多く、(5月に近い今はもうあまり目にしませんが)見た目でも楽しいと感じるものが多い反面、冷たい飲み物はあまりないためこれからの時期に増えてくる冷たい飲み物が楽しみでもあります。

さて、今週のドラエグでは桜をモチーフにしたサポーターが実装されました。

桜花の大天使ラジエルが実装

新しくサポーターのラジエル枠に「桜花の大天使ラジエル」が実装されました。敵のバフ解除などの妨害効果に加えて味方のCP増加効果と既存のラジエルと近い効果をもちながらも以前のラジエルよりも強力な効果量をもつスキルが特徴です。

比較してみた感想

スキル効果をより細かく以前のラジエル枠のトップ「戴冠の大天使ラジエル」と比較していくと、1つ目のスキルでは威力と敏速は同様に弱化を付与しますが、それらに加えて防護も弱化させるのが違いと言えます。

2つめのスキルについては以前のラジエルも幻影や我慢の回数を2回減少させる効果を持っていますが、今回のラジエルは1回多い3回の減少効果を持つのが特徴であると言えると思います。そして一番の違いとしてあげられるのはスキル抑制効果ではないでしょうか。

「戴冠の大天使 ラジエル」の「頭上に輝く天冠」を無効化するというスキルとなっており、相手に該当ラジエルサポーターがいる場合は味方のステータスを上昇させるスキル効果を無効化するため、かなり大きな損失をえることができます。まさに環境を入れ替える実装内容でした。

龍闘気【万能】が実装

新しく龍闘気の枠に龍闘気【万能】が実装されました。これまでの龍闘気と異なり全ての属性に対して強化可能です。

効果についての感想

これまでの龍闘気はそれぞれ対応した属性ごとに強化の効果を持っており、一つで複数の属性に対応することができない上、現環境最強である「滅属性」に対応した龍闘気が存在せず、滅属性をもつモンスターが多い「アンリミテッド」や「ヴェルテクス」といった最強格のモンスターには龍闘気を装備できないという現状がありました。

それが今回の実装で全て覆され、現在最強と言えるヴェルテクス「幽世に咲く曼殊沙華」など滅属性のスキルを持つモンスターをさらに強化できるというのはさらに対人戦をする上で大きいのではないでしょうか。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけての新装備や新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

大型連休

先週は日本では一大イベントと言えるであろう大型連休、通称「ゴールデンウィーク」がありましたが皆様はどのように過ごされましたか。

遠出について

やはり大型連休と大々的に言うだけあり、遠出をする方も多かったのではないかと考えております。以前は海外へ行く方が多く飛行機の行き来が増えるため、航空機を日本に向かわせる関係で海外から日本への航空券が安くなる時期でもあり、そのためゴールデンウィークといえば外国人旅行客も増える印象が強くあります。

支える方々

去年は鎌倉近辺が大層賑わっていたようで、進むも戻るもできないような人混みであったと聞きましたが、今年は京都も大変だったようです。このように観光が一つの産業として成り立つ側面にはそれを支える方々の働きが不可欠ともいえますので、交通機関の方はもちろん、飲食・販売業をされている方も素晴らしいなあとこのような話を聞くと常々感じます。

さて、今週のドラエグでは、パーティを支える新たなサポーターが登場しました。

終末の占い師アルカナが実装

新規にドラゴンサポーターⅢの枠が実装され、その枠最初のサポーターとして「終末の占い師アルカナ」が実装されました。

これまではドラゴンサポーターといえば、ⅠとⅡの2つがありましたが、新しくⅢの枠が登場しました。既存の枠に追加される形とは異なり、枠ごと新しく用意されたことから入手するだけで差をつけられるといえます。

効果自体は単純なステータスアップのみであるものの、単純な効果ということはそれだけ汎用性が高く、どのような編成でも活躍できるため入手したら必ず編成したいサポーターになっています。

元気一杯鯉幟リーデルが実装

新しくギルバトサポーターⅡに「元気一杯鯉幟リーデル」が実装されました。攻撃延長効果の軽減が可能な強力な効果を持っています。

これまでの環境で競合と言えるサポーターは「菓子修行のニャンマオ」ですが、スキル効果の内容としては傾向が異なり、ニャンマオが攻撃寄りの性能を持っているとするならばリーデルは防御寄りの性能を持っているといえます。

ただし、攻撃間隔延長効果を5秒軽減という特殊な効果や攻撃間隔を15秒短縮といった効果についてはリーデルに軍配があがるため、自身の編成や他のサポーターなどと見比べて選ぶ余地はあるもののリーデルの方が環境に適しているという見方もできそうです。

光闇宝玉の大剣が実装

新しく宝剣枠に「光闇宝玉の大剣」が実装されました。スキル効果が乗算で強化されるほか、強化には過去の宝剣が使用できる強化難易度の低さが魅力です。

宝剣は主人公装備の例に漏れずステータスの上昇が主な効果となっており、単純なステータス量がそのまま評価に反映できるわかりやすい特徴を持っています。

その為、基本的な武器としてのステータスが高いかつ、強化にかかるコストも低いとなれば宝剣として現状最も優れていると言えます。

駆動砲撃龍ガイアが実装

新しくヴェルテクスに「駆動砲撃龍ガイア」が実装されました。味方の我慢回数を増やしながら敵へ威力弱化や気絶の付与で生存率を大きく上げることが可能です。

駆動砲撃龍ガイアは、スキルによって味方の我慢回数を増加させる効果を持っています。我慢は絶命を除いて自身の戦闘不能時にHPを1残して耐える効果であり、回数が多ければ多いほど継戦能力が上がるため、この効果はかなり強力であると言えます。

また、威力弱化で被ダメージ量の減少+気絶による被撃回数の減少により、先述の我慢増加と相まって味方パーティの耐久性能をかなり強化できる効果といえます。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先終末から今週にかけての新装備や新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

明るさについて

さて、皆様は日々生活をする中で思っていた時間と実際の時間が異なっていたことはありますでしょうか。例としては、まだ16時だと思っていたら実際には18時だったというようなことです。

私は最近、空を見てまだ16時くらいの明るさだろうと感じたのですが実際には18時であったということがちょうどありまして、季節の移り変わりを実感した次第です。

驚き

日本では夏になると陽が長く、冬では月が長いとよく聞きますが、やはり知識で知っていても意識しないようなことは実感を持って認識した時に不意な驚きを与えてくれます。

さて、今週のドラエグは、驚きを感じるようなイベントが開催されました。

世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた」コラボが開催

IMG_4161

開催期間 2024/5/19(日) 〜8/19(月) 23:59

「世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた」とのコラボCMが放送されたことを記念して、特別なキャンペーンが開催中です。

さて、イベントでは主にログインボーナスとかくれんぼが開催中です。イベント期間がかなり長いことから今後新しくコンテンツが追加される可能性も考えられるためイベント内容は定期的に確認してみましょう。
「世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた」コラボの概要

天神地祇の腕輪が実装

新しく腕輪枠に天神地祇の腕輪が実装されました。これまでの腕輪を素材にすることで強化状態を引き継ぐことが可能でより強力な効果をもつとのことです。

腕輪はこれまで「軍神の腕輪」を強化することで最新の装備にすることができましたが、今回の実装で通常の装備と同様に新しく入手しなければいけなくなった反面、ステータス上昇量はこれまでの腕輪と比較して増えているため、総合力をより強力にしたい場合には入手を狙ってみましょう。

創蒼の神道龍 オルヴァが実装

新しくオルヴァ枠に「創蒼の神道龍 オルヴァ」が実装されました。味方にはバフ、敵にはデバフの付与とどちらもできる汎用性の高さが魅力です。

これまでのオルヴァ枠と同様に支援と妨害を同時に行うことができ、味方には神速蘇生や我慢、ダメージ軽減といった防御系の効果の付与により耐久力の向上、敵には混乱や石化をはじめとした各種状態異常の付与によって容易に優位を取ることができるようになっています。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先週末から今週にかけての新装備や新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

梅雨の気配

皆様お元気でしょうか、私は最近の不安定な天気に少し気分が沈んでおります。さて、5月も最終日となり、明日からは6月が始まります。6月に対して皆様はどのような印象を感じていますか。私は梅雨の印象がとても強く、この時期になるとエアコンと除湿機の2つで湿気を撃退しております。

湿気の話

私、湿気を吸った空気が大の苦手でして、この時期に関わらず相対湿度が50%以下になるように常に除湿機を動かして生活しています。理由としては生活がしづらいことだけでなく、あまりにも高い湿度はやはり掃除が大変になるほか、楽器などの繊細なものだと傷んでしまうことがあるので、特に気を張ってしまう時期であることがあげられます。

春から夏にかけての季節の移り変わりは気温のみならず天気まで大きく変わる点がなかなか大変だなあと毎年感じる次第です。

さて、今週のドラエグはサポーターに新しい枠が追加されました。

熱血鍛冶屋 ラットが実装

新しく「主人公サポーター」の枠が実装されその枠最初のサポーターとして「熱血鍛冶屋 ラット」が実装されました。主に主人公のステータスを強化する能力を持ったサポーターです。

これまでサポーターは主に味方のモンスター全員が対象で特定のモンスターや枠のみ強化という効果は基本的にありませんでした。そのため、今回の実装枠である主人公サポーターはかなりサポーターの中では特殊な効果といえます。

強化効果が主人公に限定されてしまいますが、現状競合のキャラがいないため、入手するだけで有利を取れるサポーターです。

極彩の堅牢龍ロストが実装

新しくロストのサポーター枠に「極彩の堅牢龍ロスト」が実装されました。以前のロストが持つスキルを無効化するなどゲームチェンジャーになり得るスキルを持っています。

これまでのロストと同様に主に防御に寄った効果を持っており、守護極大や我慢といった主要な効果を味方に付与できることに加えて、敵の我慢回数を減少させる妨害効果まで保持している点が強力です。

また、競合と言える守神の黄金龍ロストスキルを無効化する効果を持っていることから、まさに上位互換のような立ち位置になっています。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先週末から今週にかけての新装備や新サポーターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

はじめに

最近の興味

皆様、ご無沙汰しております。さて、私事ながら最近車に対しての興味が湧いてきております。というのも私かなり大きい道路沿いに住んでおりまして、昼夜を問わず車やバイクのエンジン音が聞こえるような環境のため、どうしても不意に意識してしまう瞬間が1日に数回あるのです。

車に関する記憶

私の母方の祖父は自動車学校に勤めていた過去があり、コロナが広がる前には毎年夏ごろに1ヶ月ほど帰るものですから、勤務当時や教え子との話といった車がもたらす人付き合いについて何度か聞く機会があったことが記憶に残っています。もちろん教える立場であった人ですから、運転も滑らかでよく色々な場所に車で連れて行ってもらった記憶があります。

それとともに父の兄、私から見ると伯父に当たる人が大の車好きで、貿易関係に勤めていますからこれまで会った回数はかなり少ないものの、会った際にはスバル社製の青いマニュアル車に乗せてもらい、車の面白さというものをよく聞かせてもらっていました。

さて、長くなりそうですので今週はここまでとし、ドラエグの話題に移らせていただきます。今週は新しい属性やタイプが出てきて、環境の移り変わりが予想されるような週でした

新属性「神属性」&新タイプ「神域」実装!

新しいモンスタータイプである「神域」に加えて新属性である「神属性」を持ったモンスター「天之万象《神羅》」が実装されました。

これまで主流であった滅属性環境を変えるようなキャラクターになっている印象を強く与えるようなキャラで、理由として、スキルでこれまで対策手段が存在しなかった滅属性に対しての耐性を強化することができるという点が挙げられます。

これからさらに神属性を持ったモンスターが実装されていくのかなど、これまでの環境が一気に変わるような予感をさせるモンスターと言えます。

聖獣シリーズ装備が実装

新しく主人公装備として、「聖獣」シリーズが追加されました。これまでのシリーズ装備と同様に4部位全てを集めることで真価を発揮するスキル構成となっており、揃えることで味方全員のステータスを上昇させる効果に加えて、確率で発動する味方全体のHPを回復し我慢の回数を1回増加した後、敵全体に滅属性物理極大ダメージを与えるスキルが使用可能になります。

ステータスもこれまでの装備と比較して強力となっている反面やはり4部位揃えなければ本領を発揮することができないため、入手しても装備するかはよく考える必要がある点が難しいところです。

終わりに

さて、今回のドラエグ漫遊録では、先週末から今週にかけての新装備や新モンスターについて触れさせていただきました。次回以降も引き続き私攻略班Aの個人的視点から気になったイベントやモンスターについて語らせていただければと考えております。

それでは、ごめんください。

関連記事

    攻略メニュー

    ランキング

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    権利表記