【放置少女】覚醒丹の入手方法・集め方

現在、二人三脚したい副将アンケートを行っています。皆さんの二人三脚したい副将にぜひご投票ください!
二人三脚したい副将アンケート

放置少女における、覚醒丹の入手方法・集め方を掲載しております。入手が難しいと言われている覚醒丹の入手方法を詳しく記載しているので、覚醒丹集めの参考にしてください。

覚醒とは?覚醒の方法と必要なもの

覚醒丹の入手方法・集め方

デイリーミッションで入手

デイリーミッションの画像
覚醒丹はデイリーミッションをクリアすることで毎日1個は必ずゲットできます。デイリーミッションの活躍度を130貯めると、金の宝箱を開くことができ、その中に覚醒丹が1個入ってます。ただ活躍度130にするためには、数々のミッションをクリアする必要があります。

始めたばかりの人必見!デイリーミッションのまとめ

ガチャの報酬で入手

ガチャの報酬一覧
覚醒丹はガチャの報酬でも入手可能です。「百花美人」の報酬として排出されます。特に高級ガチャでは覚醒丹×5個で排出されるので、無料分で出ると非常にありがたいです。

毎日無料で引ける!?百花美人で副将をGETしよう!

ショップで入手

ショップの画像
どうしても副将を覚醒させたい・元宝に余裕のある方はショップで覚醒丹を入手するのが一番手っ取り早いです。ショップでは2割引きで販売していたり、5割引きで販売してたりとお得に購入できる場合があるので、そういう時は狙い目です。

また銀貨でも売り出していることもあるので、銀貨で売り出してる場合は迷わず購入したほうが良いです!

銀貨の入手方法と使い道

ガチャポイントと交換

神将交換

百花美人のガチャで得られるポイントで覚醒丹と交換することができます。ガチャポイントは知らずに貯まっている事が多いのでチェックしてみよう。

ガチャポイントのおすすめの使い道

少女の調教で入手

聡明調教所
調教報酬

少女の調教の聡明調教所の報酬として得ることができます。時間内に3回しか報酬はもらえないので、聡明の調教所がある場合は積極的に挑戦しよう。

少女の調教は主将レベル45以上で挑戦可能です。

少女の調教とは?各調教の報酬一覧

奥義の報酬

奥義の解放することでその報酬として覚醒丹を入手することができます。副将の人数によって入手できる覚醒丹の数が変わります。

人数 覚醒丹の数
2名 20
3名 30
4名 40
5名 50

奥義一覧

少女の飾箱で入手(イベント限定)

少女の飾箱
少女の飾りイベント時は少女の飾り箱から入手できます。少女の飾箱は一定確率で覚醒丹が当たる宝箱のようなものです。宝箱とは違い鍵が必要なわけではないので、少女の飾箱を所持していたら、積極的に開けましょう。ただ覚醒丹の出現率はさほど高くないので、過度な期待は禁物です!

少女の飾りでお得なアイテムをGETしよう

放置少女 関連記事

お役立ち記事 入手方法まとめ

効率用のアイコン.png覚醒丹の入手方法・集め方

コメント

8 名無しさん約3ヶ月前

訂正:UR・アバター(赤)は覚醒上限+5までになります。

7 名無しさん約3ヶ月前

UR(赤)の覚醒丹(+1~+6) ※注意(1):UR・閃(虹)は()内の個数が必要! ※注意(2):アバター(赤)+5から閃アバター(虹)+6は900個必要 +1:150(180) +2:200(240) +3:300(360) +4:400(480) +5:600(720) +6:900(〃)

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「覚醒丹の入手方法・集め方」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[752]
      無課金で願い返し出来なくなるのは致命的なので今回は我慢したほうがいいです。
      アイテムガチャは10連ボーナスがいらない方に偏った場合3万では取れないといった最悪なパターンもあります(10連ボーナスは50%ずつ、風鈴出現率5%の場合で期待値2万4000)
      無課金だと取った所で育てる元宝に困るのでアバダーホウトウが500万とかになってないならホウトウ育てながら元宝貯めたほうがよさそうです。

    • 【同盟名】忍之一字
      【ID】1444
      【サーバー名】しのぶ

    権利表記

    トップへ戻る