【マジファイ】タンクトップマスターは壁?いやアタッカーだ!|コラム記事Vol.3

タンクトップマスターは壁?いやアタッカーだ!
ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト(ワンパンマン マジファイ)における、タンクトップマスターについてのコラム記事です。特性の魅力や使い方について解説していますので是非ご覧ください!

タンクトップマスターはアタッカーとしても強力!?

タンクトップマスター.png タンクトップマスターのステータス.png

マジファイユーザーにはおなじみのSSRヒーロー『タンクトップマスター』。皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

そのたくましい筋肉から繰り出される必殺技でパーティーを守る壁役のイメージが強い彼ですが、実は特性の効果からアタッカーとしても強力です!。

今回のコラムではそんな特性の追加ダメージや最近の評価に注目してタンクトップマスターの魅力をお伝えしていきたいと思います!

実は結構強い!特性の追加ダメージはここが魅力

自身の攻撃全てに追加ダメージが発生!

タンクトップマスターの特性「強さの象徴」は自身の最大HPの8%(究・特性で9.5%)の追加ダメージを敵に与えることが出来ます。この特性のおかげでタンクトップマスターの攻撃全てに追加ダメージが発生する点が強力です!

純粋に火力が上がるほか、追加ダメージは代表的な防御バフである「根性」の影響を受けないので「閃光のフラッシュ」などの、倍率の高い根性特性を持つ相手にも安定して火力を出すことが出来ます。

HPを強化すると追加ダメージも増加!

特性の追加ダメージ量が最大HPに依存している点も強力です。アタッカーとして運用するために無理に攻撃力を伸ばす必要がなく、純粋にHPを伸ばすことで壁役としてもアタッカーとしても一定の働きができる点がタンクトップマスターの魅力です。

火力をより上げたい場合はギョロギョロ番犬マンなど、HP上限を上げることが出来るキャラと組み合わせるのがおすすめです!

極特性でさらに強化!横列の敵にも追加ダメージが発生

極特性を解放することで 倍率が上がるほか、さらに50%の確率でメインターゲットの横同列の敵に同量の追加ダメージを与える効果が追加されます!

これによって必殺技が最大4体の敵にダメージを与え、味方に根性を付与できる高性能な技に変化する点も高評価です。

育成も簡単。みんなもタンクトップマスターを育てよう!

ショップ交換を利用して特性を解放!

ショップ交換.png
タンクトップマスターはプレミアムスカウトから排出される恒常キャラのため、限定キャラと比較して入手が簡単です。

また、ランキングアリーナの交換でかけらも入手できるため総じて覚醒などの育成がしやすく、初心者や無課金の方でも極・特性や究・特性の解放が夢ではありません!

長くなりましたが、この記事を読んで興味が出た方はぜひタンクトップマスターを育成してみてください!
タンクトップマスターの評価とおすすめ装備カード

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!現在コラム記事を定期掲載中のため、その他のコラムが気になる方は以下をご覧ください。

前回のコラム記事 次回のコラム記事

コラム記事一覧

関連記事

▶︎トップへ戻る

最新キャラ情報

キャラ名 登場期間
【極限】シルバーファング【極限】シルバーファング 12/1(木) 05:00~12/13(火) 05:00
デスガトリングデスガトリング

最新動画


【極限】シルバーファングの先行紹介動画を公開中

最新アップデート情報

おすすめのお役立ち記事

original.pngSSR+(プラス)キャラとSSRキャラの違いは?|進化特性の解放方法
最新情報覚醒は誰からするべき? アビリティ一.pngアビリティ一覧とおすすめ特性
デバフ効果.pngデバフ効果一覧|所持キャラ show.pngバフ効果一覧|所持キャラ

ランキング記事

リセマラ.pngリセマラ当たりランキング 最強.png
最強ランキング
SRおすすめキャラ おすすめキャラ編成

レア度別一覧

SSRキャラ一覧SSRキャラ一覧 SR・Rキャラ一覧SR・Rキャラ一覧

クラス別一覧

ヒーローヒーロー一覧 怪人怪人一覧 賞金首賞金首一覧 武道家武道家一覧

タイプ別一覧

格闘格闘一覧 武装武装一覧 科学科学一覧 特殊特殊一覧

権利表記

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部 © GREE, Inc.
©OURPALM CO.,LTD. ©Beijing Playcrab Technology Co., Ltd.

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    権利表記

    トップへ戻る