【荒野行動】腰撃ちのやり方とメリットについて解説!

荒野行動(KNIVES OUT)における、腰撃ちについてまとめた記事です。腰撃ちのやり方や、腰撃ちをすることによるメリットについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

腰撃ちとは

スコープを覗かずに射撃すること

腰撃ち 画像

スコープやサイトを覗かず、照準を合わせて射撃することを腰撃ちと言います。腰撃ちは荒野行動で非常に多く使用するテクニックで、主に近距離から中距離で使用します。

エイムのコツと設定について解説!

▼射撃場で練習してみよう

射撃場 画像

感度設定が終わったら、AIボットを相手に試し打ちをしてみましょう。ここでスコープOFFの数値を自分が打ちやすい数値に微調整します。

射撃場への行き方や仕様について解説

腰撃ちのやり方

1.感度を設定しよう

感度設定 画像

腰撃ちをする際に、感度を設定しなければエイムが合わせづらく、なかなか敵に当たりません。まずは、操作設定の「感度設定」からスコープOFFの数値を50くらいにしてみましょう。慣れてきたらどんどん数値を上げて、なるべく早くエイムを合わせられるようにしましょう。

おすすめ設定の紹介と変更方法

動画で確認!!

2.実際に射撃場で試し撃ちをしよう

射撃場 画像

感度を設定したら実際に射撃場で試し撃ちをしましょう。試し撃ちをする上で注意すべき点は、設定した感度が使いやすいかどうかです。自分が使いやすい感度設定できれば、エイム力を高めることができます。

3.動きながらエイムを合わせる練習をしよう

腰撃ち.gif

実際に動きながら、敵にエイムを合わせる練習もしましょう。基本的に敵と戦闘になる場合、敵と自分は動いているからです。

まずは、動く敵にエイムを合わせられるよう射撃場でしっかり練習しましょう。

腰撃ちにおすすめの武器

アサルトライフル 画像

腰撃ちはアサルトライフルのように容量が多く、連射タイプのものと相性が良いです。逆にスナイパーライフルなどの単発射撃で撃つ武器は、腰だめを使うことは少ないでしょう。

アサルトライフル一覧と性能比較

腰撃ちのメリット

素早く敵に攻撃ができる

演習 画像

腰撃ちはスコープやサイトを覗く必要がないため、素早く敵を攻撃できます。ただし、敵より早く攻撃できたとしても、ヘッドショットをされると致命傷になるため、ある程度動きながら敵にエイムを合わせる必要があります。

ヘッドショットのコツとダメージを解説!

視野を広く持てる

サイトを覗かないことにより、普段と同じ視野のまま敵と戦うことができます。

他の敵にも早く気づくことができ、素早くエイムを合わせることが可能です。

被弾率を減らすことができる

腰撃ちは走りながら打つことができるので、敵からの被弾を減らすことができます。

また安全地帯に入る際に、走りながら打てるのは非常に強いです。

腰撃ちのやり方とメリットの解説動画

まとめ

いかがでしたでしょうか。腰撃ちがある程度できるようになると、キル数も増えていきます。腰撃ちは近距離から中距離で多用するテクニックですが、遠距離でも使えるテクニックなので、しっかり練習してマスターしましょう。

関連情報

関連リンク

最新情報

荒野行動攻略wikiトップ荒野行動攻略wikiトップに戻る

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「腰撃ちのやり方とメリットについて解説!」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • フレンドさん欲しいけど、変な人から来てしまったトラウマがあるので掲示板等でIDを公開するのが怖い…
      どこで募集すれば…(

    • クランメンバー募集中
      Wilderness Rebels【荒野の反乱軍】略してWRSです。
      結成間もなく1st、2ndで現在34名。
      入隊条件
      〇改名。荒野名のタグをwrsに統一出来る方
      〇クランロゴをアイコンに出来る方
      〇LINEグループ参加、discord登録出来る方
      〇年齢 高校生以上
      〇最低限のマナーや常識、礼儀のある方
      〇VC出来る方。確認のため入隊前に必ずVCでお話しします。
      ...

    権利表記

    トップへ戻る