【ドラゴンエッグ】聖降龍ラハムの評価とステータス

ドラゴンエッグ(ドラエグ)の聖降龍ラハムの評価とステータスを掲載しています。聖降龍ラハムの強い点・弱い点やステータス等記載しているので、聖降龍ラハムを所持している方は是非参考にしてください。

聖降龍ラハムの評価

聖降龍ラハムの画像

評価 9.5/10

最新リセマラ当たりランキング

総合評価

▼星7に進化できるエンシェントドラゴン

聖降龍ラハムは星7に進化することが出来るエンシェントドラゴンです。

2回進化が出来るので、最終的なステータスが通常の星6ドラゴンよりも高い状態になります。

▼回復サポートが豊富

また聖降龍ラハムのスキル4種のうち、3つがHP回復や蘇生にまつわる強力なスキルであり、味方のHP面のサポートを手厚く行えるのが特徴です。

また状態異常や能力変化、SP回復スキルも完備しているため大概のことは聖降龍ラハムで回復を行うことが出来ます。

▼攻撃性能も持ち合わせている

聖降龍ラハムは回復能力が魅力のモンスターですが、ある程度他の星6ドラゴンに見劣りしない攻撃能力も持ち合わせているドラゴンです。

覚醒を最終段階まで進めると4種のスキルのうち、3つのスキルが光属性極大ダメージを与える攻撃になります。

特に「ペシェオリジネルⅠ」は光耐性減少大を付与する効果ももつので、より光属性の攻撃で高いダメージを与えられるようになります。

聖降龍ラハムのステータス

基本情報

レア度 7
タイプ エンシェントドラゴン
覚醒可能数 10
進化前の名称
聖龍ラハム

ステータス

Lv.MAX時 10覚醒時
HP 5277 15676
攻撃 2030 6042
SP 892 2652
防御 2121 6320
技巧 0 0
素早さ 860 2557

※★7進化状態のステータスです。

聖降龍ラハムのスキル

カンシオンエスペランサⅠ
グレイスエスペランサⅠ
消費SP 150
300
習得Lv
効果
味方全体のHPを回復した後、敵ランダム2体を光属性魔法超特大ダメージを与える。
味方全体のHPと能力変化を回復した後、敵ランダム3体に光属性魔法極大ダメージを与える攻撃を2回行う。
リザレクトコンチェルトⅠ
リザレクトノクターナルⅠ
消費SP 250
800
習得Lv
効果
戦闘不能の味方を生き返らせた後、味方ランダム3体のHPとSPを回復する。
戦闘不能の味方を2体まで生き返らせ味方全体のHPとSPを大きく回復する。
ピュニシオンⅠ
ペシェオリジネルⅠ
消費SP 100
320
習得Lv
効果
敵ランダム3体に光属性魔法極大ダメージを与える。
敵ランダム4体に光属性魔法極大ダメージ・SPダメージと確率で光耐性減少大を与える攻撃を3回行う。
アマデトワールⅠ
クレールドリュンヌⅠ
消費SP 150
380
習得Lv
効果
戦闘不能の味方を生き返らせ味方ランダムの3体の状態異常を回復する。
戦闘不能の味方を生き返らせ味方全体の状態異常を回復した後、敵全体に光属性極大ダメージを与える。

聖降龍ラハムの属性耐性

聖降龍ラハムの属性耐性
×

(※◎=弱点 / ◯=通常 / △=耐性 / ×=無効)

▼属性耐性についてはこちらから!

ドラゴンエッグ 関連記事

モンスター一覧

オルヴァのアイコン.pngミシカルドラゴン ドラゴニックのバナー.pngドラゴニック
エンシェントドラゴンのバナー.pngエンシェントドラゴン ユニオンドラゴンのバナー.pngユニオンドラゴン
四不象の画像コラボモンスター リミテッドのバナー.pngリミテッド

武器一覧

右腕武器右腕武器 左腕武器左腕武器

防具一覧

▼部位別

胴部胴部 頭部頭部 指輪指輪
ルーンルーン ペットペット アンクアンク
召喚石召喚石 オーラオーラ 首アクセサリー首アクセサリー
大召喚石大召喚石 オムニオリジンのバナー.pngオーパーツ ピアスのバナーピアス

モンスター装備

ゼノアークデミスⅢ.pngモンスター装備

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「聖降龍ラハムの評価とステータス」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    ランキング

    新着コメント

    • 土曜日ですよ^_^

    • 情愛は出ない、通常は出る。あと少しならチケットガチャでも出るので覚醒MAXは可能

    権利表記

    トップへ戻る