【ドラゴンエッグ】スキルのダメージ検証

▼ドラエグ攻略班よりお知らせ!

Game8杯優勝者へのインタビューを公開中!!

▶︎Game8杯優勝「クレタコ様」にインタビュー!!

ドラゴンエッグ(ドラエグ)におけるスキルには、極大ダメージや特大ダメージなど様々な表現がされています。それら表現についての検証結果をまとめました。スキルの仕様について気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダメージ表現ごとのスキル威力検証

極大ダメージが最大ダメージ

極大ダメージ表記

テキスト 極大
ダメージ
超特大
ダメージ
特大
ダメージ

ダメージ
攻撃
倍率
約5.0倍 約4.0倍 約3.0倍 約2.0倍
SP攻撃
倍率
約1.6倍 約1.45倍 約1.3倍 約1.15倍

※上記のデータは弊社調べです。実際には乱数が影響するためダメージ量に幅があります。

スキルの中で、最もダメージが大きいのは「極大ダメージ」と表記されているスキルです。SPダメージも同様に「極大ダメージ」が最も威力が高いですが、攻撃スキルよりもその差が少ないです。

攻撃範囲ごとのスキル威力検証

単体攻撃の威力が高い

敵全体攻撃

テキスト表記 敵単体 敵ランダム
〇〇体
敵全体
ダメージ倍率 1.0倍 約0.5倍 約0.45倍

※上記のデータは弊社調べです。実際には乱数が影響するためダメージ量に幅があります。

複数体攻撃のスキルは単体攻撃よりダメージ量が低下します。敵全体攻撃は更にダメージ量が低下します。ボスなどの単体の敵に対しては、なるべく単体攻撃スキルを使う方が効率的です。

攻撃回数ごとのスキル威力検証

攻撃回数が増えると一撃の威力低下

複数回攻撃

テキスト表記 敵単体 〇〇回攻撃を行う
ダメージ倍率 1.0倍 1回あたり
攻撃回数×11%
ダメージ減少

※上記のデータは弊社調べです。実際には乱数が影響するためダメージ量に幅があります。

複数回攻撃のスキルは、表記上の攻撃回数が増える毎に1回あたりの平均ダメージ量は少なくなります。そのため、攻撃が分散してしまうと、与えられるダメージが少なくなってしまいます。

ちなみに敵単体に6回以上攻撃を行うスキルは、倍率の関係上、5回攻撃を行うスキルよりも威力が低下してしまいます。

スキルダメージの計算方法

スキルダメージの計算式

▼通常攻撃の計算式

(攻撃力) ÷ 2 − (守備力) ÷ 4 ± 乱数

※上記のデータは弊社調べです。

▼スキルの計算式

(通常攻撃のダメージ)×(ダメージ表現の倍率)
×(攻撃範囲の倍率)×(攻撃回数の倍率)

※上記のデータは弊社調べです。

実際に検証してみた

▼検証の条件

使用モンスター 創世の龍神オルヴァの画像創世の龍神オルヴァ
検証スキル 黒き滅亡の波動
検証モンスターの攻撃力 17367
敵モンスターの防御力 0

▼実際の計算データ

攻撃 実ダメージ 計算上のダメージ
通常攻撃 通常攻撃 8683.5
=17367÷2
検証スキル スキル攻撃 19321=
8683.5×5.0×0.5×0.89

▼計算と実ダメージがほぼ一致

計算で出したダメージの値は、乱数によるブレはかなりありますが、実際のゲーム内の値と近い数値が出せます。計算によってダメージを予測することが可能です。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「スキルのダメージ検証」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • >>[129706]
      涙拭けよ

    • >>[26874]
      私も貴女のように優しくあれたら、と思います。
      >>[26873]
      うん…ごめんね、これっきりにするからさ。

    権利表記

    トップへ戻る