【覇道 任侠伝】屠半(毘沙門天【威風】)の評価とステータス

覇道 任侠伝における、屠半(毘沙門天【威風】)の評価とステータスをまとめています。屠半(毘沙門天【威風】)の強い点や弱い点を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

同名侠客
屠半の画像屠半(毘沙門天) 屠半の画像屠半【威風】
▼同名の侠客の詳細はこちら

屠半【威風】の総合評価

屠半屠半 毘沙門天【威風】 総合評価点
8.5/10
ステータスUP -
アイコン 屠半アイコン画像

▶︎最強侠客(キャラ)ランキングはこちら

総合評価

▼より守備面が強化された屠半

屠半【威風】は、 以前の屠半よりもさらに守備面を強化された性能となっています。威圧で敵の動きを封じれるのはもちろん、体力回復や堅牢、無属性耐性上昇付与といったことが可能です。

▼ 助太刀にのみ編成できる侠客

屠半【威風】も 以前の屠半と同様に、助太刀にのみ編成できる侠客となっています。助太刀編成のみなので抗争で1回しか使用できない侠客ですが、助太刀編成した侠客達の耐久力強化で貢献することが可能です。

※助太刀とは、抗争でのみ1回だけ使用が許されている特殊な編成パーティーです。

ライターの主観的な評価

ボルドーのアイコン弊社ライターO 07/16記載
以前の屠半が「静」で、こっちの屠半は「動」という感じのイラストですね。素早さが若干低いのは、助太刀だけにヒーローは遅れて登場するものということなのでしょうか?

屠半【威風】と同名の侠客

同名の侠客は別個体であるため、下記で紹介している侠客に変化や進化はしません。
関連侠客 詳細 評価点
屠半の画像毘沙門天 最初に登場した屠半です。初の助太刀侠客であり、なおかつ威圧の状態異常を持った最初の侠客でもあります。 8.0
屠半の画像毘沙門天【威風】 2番目に登場した屠半です。いわゆる他の侠客でいうの「纏」や「極」のような立ち位置です。 8.5

屠半【威風】のステータス

MAX時の基本情報

屠半 屠半 毘沙門天 レア度 7
タイプ 助太刀侠客
属性

MAX時のステータス

体力 526587 闘志 18155 熟練度 0
攻撃力 140731 防御力 70798 素早さ 16536

屠半【威風】のスキル情報

最終段階のスキルを掲載しております。

スキル1:武ノ三叉戟【百】

スキル名 消費闘志 スキル効果
武ノ三叉戟【百】 520 敵全体に2回無属性ダメージを与え、その後味方ランダム3体に堅牢を与える。

スキル2:威ノ宝塔【戦】

スキル名 消費闘志 スキル効果
威ノ宝塔【戦】 1120 敵全体に2回無属性ダメージを与え、その後味方全体に無属性耐性を与える。

スキル3:極ノ寒威【練】

スキル名 消費闘志 スキル効果
極ノ寒威【練】 1400 敵全体に無属性ダメージと確率で威圧を与え、更に味方ランダム3体に堅牢を与える。

スキル4:猛ノ如意宝珠【磨】

スキル名 消費闘志 スキル効果
猛ノ如意宝珠【磨】 2040 敵全体に無属性ダメージと確率で威圧を与え、更に味方全体に体力回復と素早さ上昇大を与える。

屠半【威風】の極限昇華

極限昇華に必要な条件

昇華に必要な覚醒数 6

極限昇華に使用できる素材

素材 獲得経験値
屠半の画像屠半 1
屠半の画像屠半 1

屠半【威風】の装備錬成

装備錬成に使用できる装備

装備 獲得経験値
翠水滸の神聖衣の画像翠水滸の神聖衣 1
翠水滸の獏扇子の画像翠水滸の獏扇子 1
翠水滸の青龍刀の画像翠水滸の青龍刀 1
翠水滸の鵺々結の画像翠水滸の鵺々結 1
毘沙門天の徽章の画像毘沙門天の徽章 2

屠半【威風】におすすめの侠客装備

おすすめの侠客装備

おすすめ装備 理由/解説
紫電肆式【疾】の画像紫電肆式【疾】 屠半【威風】は素早さが低いので、紫電参式【疾】で補いましょう。
刀八毘沙門の画像刀八毘沙門 屠半のステータス全体を強化できる専用装備となっています。入手したら必ず装備させましょう。

覇道 任侠伝 関連記事

覇道侠客一覧の画像1.png侠客一覧 助太刀侠客一覧の画像助太刀侠客一覧
コラボ侠客一覧の画像1.pngコラボ侠客一覧 支援一覧の画像1.png支援侠客一覧

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「屠半(毘沙門天【威風】)の評価とステータス」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る