【放置少女】徐晃の評価とスキル

現在、二人三脚したい副将アンケートを行っています。皆さんの二人三脚したい副将にぜひご投票ください!
二人三脚したい副将アンケート

放置少女における、徐晃の評価とスキルを掲載しております。徐晃の強い点から弱い点など詳しく記載しています。また、スキルや基本情報まで詳しく記載しているので、徐晃の詳しい評価を知りたい方は是非参考にしてください。

[遊園地デート]徐晃の評価とスキル

徐晃の評価

徐晃の画像

総合評価
7.5/10点

(※SSR内での評価です)

ボス 通常クエスト 闘技場
B S B

最強SSR副将ランキング

強い点の解説

▼放置中で使える副将

徐晃は戦役ステージで強い副将です。アクティブスキル1「鏑矢陣」は、4回連続の260%攻撃で、放置中の場合そのダメージが倍になります。そのため、放置中の火力はSSR副将でもトップクラスとなります。戦闘時間を短縮するのに非常に便利副将です。

弱い点の解説

▼実戦投入に時間がかかる

クリティカルで火力を出す副将全般に言えることですが徐晃も実践で活躍できる様になるまでに時間がかかります。専属武器や覚醒などでしっかりと会心値が上がるまでは本来の活躍ができない点が辛いところです。

徐晃の基本情報

基本情報

レア度 SSR
職業 弓将
覚醒上限 4
成長率 1.45
紹介文
おせっかいで、無理しても精力旺盛の曹仁に付き添う。時々、力尽きたら曹仁に愚痴る。[あんたさー、やる前にちゃんと計画を立てよ?]

専用装備

装備 MAX値
裂雲の矢の画像裂雲の矢 ・攻撃力 +14%
・会心値 +Lv×160
・命中値 +Lv×160

徐晃のスキル

アクティブスキル

鏑矢陣
鏑矢陣の画像 同時に鏑矢を4本射つ。1本ごとに260%の物理ダメージを与える。(放置中のダメージが倍になる)
飛鳴鏑矢
飛鳴鏑矢の画像 敵3名にそれぞれ320%の物理ダメージを与える。クリティカルが発動したら、おまけに100%の物理会心ダメージを与える。

パッシブスキル

攻撃力、会心値増加
攻撃力、会心値増加の画像 自分の攻撃力を28%増加、会心値をLv×170上昇させる。
逆鱗
逆鱗の画像 自分の最大HPを26%増加、自分が受けたダメージの20%を相手に反射する。

徐晃の入手方法

百花美人
(神将交換)
スペシャル交換
(紅翡翠)
スペシャル交換
(カプセル破片)
その他

徐晃と相性の良い副将 / 苦手な副将

相性の良い副将
貂蝉の画像貂蝉 キャラ役割 :攻撃 / 職業 :謀士
貂蝉も放置中のダメージが倍になるアクティブスキルを持つため、組み合わせることで戦役ステージの効率が格段に上がります。
苦手な副将
[正義の裁き]関羽の画像[正義の裁き]関羽 キャラ役割 :攻撃 / 職業 :武将
アバター関羽は根気値が非常に高いため、徐晃でクリティカルを出すことが難しい相手です。

放置少女 関連記事

レア度別副将

UR・閃のアイコンUR・閃 URのアイコンUR SSRのアイコンSSR SRのアイコンSR RのアイコンR
SSRアバターSSRアバター URアバターURアバター UR・閃のアイコンUR・閃アバター

職業別副将

武将のアイコン.png武将 謀士のアイコン.png謀士 弓将のアイコン.png弓将

コラボ副将

一騎当千バナー4コラボ副将

コメント

2 名無しさん5日前

構図的に胴体が異常に長いのを修正して欲しい。

1 名無しさん約4ヶ月前

防御と回避、そして敏捷と会心を宝石で最大限にあげるとメインでも応援でも活躍します。放置中の闘技場で自分よりレベルが上の相手に何度も一発逆転勝ちした事があります。時に自分の生存チームは徐晃のみの時もありました。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「徐晃の評価とスキル」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[747]
      早速の返信ありがとうございます😊
      分解して合成し直し、無事に装備継承する事が出来ました。困っていたので大変助かりました。
      ありがとうございました!

    • 【同盟名】月下美人
      【ID】27
      【サーバー名】三枝之礼
      メンバー大募集ダニ〰️、待ってまーすダニ〰️

    権利表記

    トップへ戻る