【放置少女】歩練師の評価とスキル

現在、二人三脚したい副将アンケートを行っています。皆さんの二人三脚したい副将にぜひご投票ください!
二人三脚したい副将アンケート

放置少女における、歩練師の評価とスキルを掲載しております。歩練師の強い点から弱い点など詳しく記載しています。また、スキルや基本情報まで詳しく記載しているので、歩練師の詳しい評価を知りたい方は是非参考にしてください。

関連副将
[煌めき歌姫]歩練師の画像[煌めき歌姫]歩練師 [神様ロマンス]歩練師の画像[神様ロマンス]歩練師

歩練師の評価

歩練師の画像

総合評価
7.5/10点

(※SSR内での評価です)

ボス 通常クエスト 闘技場
A C A

最強SSR副将ランキング

強い点の解説

▼敵のスキルを封印できる

歩練師はアクティブスキル1「風停雨寂」によって、敵に攻撃+封印を与えることができます。封印することでスキルが発動できなくなります。対象人数が単体なので闘技場ではあまり使えませんが、ボス戦などで有効となるスキルです。

HPオーラが良い

歩練師のパッシブスキル1「HPオーラ」は、主将と自分のHP上限を12%増加してくれるスキルです。なんといってもHPオーラの良いところが、歩練師が待機中でも主将のHP上限を上昇させてくれます。

弱い点の解説

▼封印の付与次第で活躍が決まる。

歩練師の封印は非常に優秀な状態異常ですが、複数の敵に攻撃が散った場合誰も封印できない事があります。火力自体はないため、封印ができないと足を引っ張ってしまいます。ただ、敵が単体であれば封印の確率もぐっと上がるため、活躍ができるでしょう。

歩練師の基本情報

基本情報

レア度 SSR
職業 謀士
覚醒上限 4
成長率 1.4
紹介文
優しいお姉さま。包容力がある、聞き上手な人。孫権が最も甘ったれしている相手の一人。[何でも話して!全部聞いてあげるよ。]

専用装備

装備 MAX値
綺羅傘の画像綺羅傘 ・攻撃力 +14%
・回避値 +Lv×140
・体力 +Lv×35

歩練師のスキル

アクティブスキル

風停雨寂
風停雨寂の画像 一度に3回、ダメージ160%の法術攻撃を行う。攻撃対象は敵からランダムに選択される、同じ対象に複数回も可能。攻撃する度に50%のチャンスで敵を2ターン封印させる。
風帰雲隠
風帰雲隠の画像 味方全員からHPが最も低い2名が不可視状態になり、2ターンの間、範囲攻撃しかダメージを受けなくなる、さらに、受けるダメージが30%減少。

パッシブスキル

HPオーラ
HPオーラの画像 主将と自分のHP上限が12%増加。(待機中も有効)
最大HP、命中値増加
最大HP、命中値増加の画像 自分の最大HPが24%増加、命中値をLv×100上昇させる。

歩練師の入手方法

百花美人
(神将交換)
スペシャル交換
(紅翡翠)
スペシャル交換
(カプセル破片)
その他

歩練師と相性の良い副将 / 苦手な副将

相性の良い副将
蔡文姫の画像蔡文姫 キャラ役割 : バフ・デバフ/ 職業 :謀士
歩練師の封印によって蔡文姫のバフを解除されるのを防げます。
苦手な副将
呂布の画像呂布 キャラ役割 : 攻撃/ 職業 :武将
呂布は非常に強力な範囲攻撃を持っているため不可視状態を活かしづらいです。

放置少女 関連記事

レア度別副将

UR・閃のアイコンUR・閃 URのアイコンUR SSRのアイコンSSR SRのアイコンSR RのアイコンR
SSRアバターSSRアバター URアバターURアバター UR・閃のアイコンUR・閃アバター

職業別副将

武将のアイコン.png武将 謀士のアイコン.png謀士 弓将のアイコン.png弓将

コラボ副将

一騎当千バナー4コラボ副将

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「歩練師の評価とスキル」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[747]
      早速の返信ありがとうございます😊
      分解して合成し直し、無事に装備継承する事が出来ました。困っていたので大変助かりました。
      ありがとうございました!

    • 【同盟名】月下美人
      【ID】27
      【サーバー名】三枝之礼
      メンバー大募集ダニ〰️、待ってまーすダニ〰️

    権利表記

    トップへ戻る