ラストオブアス2の評価・レビュー|プレイした感想【ラスアス2】

ラストオブアス2

ラストオブアス2の評価とレビューを掲載しています。実際にプレイした評価者によるスコア付けや感想、ユーザー投稿のレビューなども掲載しています。

ラストオブアス2のGame8スコア

総合評価
34/40
ストーリー ゲーム性 グラフィック 快適さ
7/10 7/10 10/10 10/10

【総合評価】
編集部が話し合いによって決める参考値です。総合評価は10点満点となっており、10点=神ゲー、5点=普通、1点=致命的のように点数が高いほどより面白いゲームと言えます。
【5項目評価】
ストーリー:ストーリーの面白さ、世界観の参考値
ゲーム性:アクション面や戦闘面といった根幹に関わる部分
グラフィック:映像や背景の綺麗さの参考値
快適さ:ロード時間や操作性、運営の更新性の参考値

こんなあなたにおすすめ!

  • ★前作をプレイしている★
  • ストーリーが気になる
  • リアルなグラフィックが好き
  • 色々な角度から物語を見たい
  • ゴア表現が苦手じゃない
  • 暗い話に耐性がある

▶︎みんなのレビューを見る(18件)

ラストオブアス2の評価レビュー

“愛”の物語から“憎しみ”の物語へ

""

前作の約束を果たすが、4年後、エリーは憎悪に支配される

さて、本作は言わずもがな「THE LAST OF  US」(以下ラスアス)の続きになります。前作での”彼らの旅の結末”から4年後が舞台です。本作のテーマは、前作が“愛”であったのから一転して“憎しみ”へと変わったといいます。そしてそれはパッケージに描かれているエリーの表情をひと目見てわかる通りです。

では、一体なにが彼女をそこまでの憎しみに駆り立てたのでしょうか。もちろん、こちらはネタバレになってしまうので控えさせていただきます。しかし、一言だけ言わせていただくとしたら、前作を知っている筆者としてはエリーを復讐へと掻き立てた出来事に少しだけホっといたしました。

さらにストーリーについて細かいことを書きたいのですが、いかんせん「ラスアス」はストーリー面が非常に重要になっており、少し言葉を間違えただけでネタバレになってしまうので頭を悩ませてしまいます。

プレイアブルキャラクターの意味を考える

""

何度か操作することになるアビー

ただし、またしても一言言わせていただくとしたら、本作「ラスアス2」は、前作ラストのジョエルの行動。エリーを救うためだったとしても、プレイヤーの心理が非常に反映されていたことでしょう。本作でもそのようにプレイアブルキャラクターを操るという行為そのものからストーリーをより深く考えることができる作品となっています。

このことで筆者がなにを伝えたいのかといえば、「ラスアス」はまるで映画のようなゲームでした。そもそも制作会社の「ノーティードッグ」の「アンチャーテッドシリーズ」なども、映画と見紛うほどのグラフィックが売りの作品です。

しかし、映画のようなゲームだとしても、本作はゲームです。私たちプレイヤーは、仮にゲームが要求する通りに操作しクリアまで向かわされるとしても、能動的にキャラクターを操作します。そして、そこにこそ本作の仕掛け――ストーリーをより深く受け止めさせる仕掛けがあるのだと考えています。

ゲームを“プレイ”することの意味

以上がストーリー面のレビューとなります。中々突っ込んだことが言えず、上手く伝えることのできない至らなさを痛感していますが、ぜひ本作をプレイしてストーリーを楽しんでください。そして筆者個人的には、プレイしてこそより受け止められる部分が多いと思っているので、ぜひゲームをプレイしてストーリーを楽しんでいただくのがベストだと思います。

リマスター版から更に進化したグラフィック

リマスター版ラスアス ラスアス2
""拡大 ""拡大

続きましてストーリー面以外の部分を。まず目を見張るのがグラフィックです。もちろん、ノーティードッグの作品で今さらグラフィックを褒め称えることもないのでしょう。しかし、わかっていても美麗なグラフィックはつい見入ってしまいます。
""

PS3を発見。他にもVitaを確認できた

そして、その超美麗とも言えるグラフィックにも関わらず、ローディングの長さを感じさせないのはさすがの一言です。本作では頻繁にチェックポイントが作られ、簡単にやり直すことができるのですが、数秒という言葉ですら長いほどのローディングの速さには脱帽です。こうした部分にも、ゲーム体験を損なわせない配慮があるでしょう。(セーブからのロードは時間がかかります)

また、そのグラフィックを活かしたキャラの表情にもぜひ注目していただきたいです。操作しているキャラの表情は中々注視することは難しいですが、しっかりと表情が作られています。こちらも見どころの一つでしょう。

アクションは前作基準

""

新たな感染者シャンブラー

次にアクション部分についてですが、こちらについてはそこまでの進化は感じられませんでした。もちろん、前作よりも快適になっていることは確かですし、匍匐ほふくや回避といった新アクションの追加や、新たなスキルツリー、「犬」と「シャンブラー」といった新しい敵の追加もあります。

そしてその新しい敵、特に犬が非常に厄介なのですが、より戦略的に動くことを要求されこそすれ、劇的な変化というものはありませんでした。だからといってゲームの面白さがそれで損なわれているわけでは決してありません。むしろ前作のファンは前作のイメージのまま本作に入ることができると思います。

オプション設定から見えるこだわり

""

珍しいカメラ酔い対策の設定

さらに細かい点に配慮が行き届いており、前作同様ゲーム中でも難易度が変更できたり、オプションの「アクセシビリティ」というところから非常に細かいゲームの操作設定を行なうことができます。走るをL1長押しにするか切り替え式にするかといったことをはじめ、およそゲーム内で行えるアクション全てに対して自身が望む設定を施すことができます。

また、「戦闘アクセシビリティ」という項目があり、ゲームに不慣れなプレイヤーも快適にプレイできるようになっています。更に見逃してはならないのがカメラ酔い対策という項目です。筆者はゲームで酔うことはないのでどういった効果があるかはわからないものの、より多くのユーザーに「ラスアス2」という作品を余すことなく楽しんでいただきたい、という気持ちの表われではないでしょうか。

PS4屈指のゲーム体験を味わえる

""
そんな本作「THE LAST OF US PART Ⅱ」ですが、PS5の発売が2020年の年末と発表されたものの、改めてPS4というゲーム機の素晴らしさを感じることのできる作品に仕上がっています。「ラスアス2」の映像美やプレイヤーへの配慮といった部分は、PS5のゲーム体験は一体どうなるのだろうというワクワク感さえ覚えさせてくれます。

もちろん、そんなことを考えなくともゲーム自体が非常に楽しませてくれます。前作から評判のよかったストーリーはもちろんのこと、PS4の全ゲーム中でも屈指の体験をさせてくれる本作を、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。

ラストオブアス2の最安値・製品情報

ラストオブアス2

タイトル THE LAST OF US PART Ⅱ
発売日 2020年6月19日
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 ノーティードッグ
プラットフォーム(ハード) PS4
価格 パッケージ版 希望小売価格:6,900円+税
ダウンロード版: 7,590円(税込)
PC版: 7,590円(税込)

▶︎Amazon(最安値:¥6,209)

▶︎楽天(最安値:¥6,831)

▶︎Yahooショッピング(最安値:¥6,450)

※在庫切れにより、リンク先の価格が変動する場合があります。

こちらもチェック!

家庭用ゲーム機の最安値情報

Nintendo Switch Nintendo Switch 価格比較

¥36,800(新品)
Bow-wow Mart

ネオンブルー/ネオンレッド


¥41,500(中古)
amazon

グレー

Nintendo Switch Lite Nintendo Switch Lite 価格比較

¥25,999(新品)
amazon

コーラル


¥24,600(中古)
amazon

グレー

PlayStation 4 PlayStation 4 価格比較

¥40,450(新品)
amazon

ジェット・ブラック/500GB


¥29,700(中古)
amazon

グレイシャー・ホワイト/500GB

PlayStation 4 Pro PlayStation 4 Pro 価格比較

¥113,960(新品)
amazon

グレイシャー・ホワイト/1TB


¥39,800(中古)
amazon

ジェット・ブラック/1TB

PS5(プレステ5)の最新情報

最新レビュー

コメント

18 名無しさん7日前

【点数(10点満点)】 間違いなく10点 【レビュー】 展開は確かに辛かったし、とても重い作品やった でもジョエルが前作ラストでしたことは、ラスアスの世界ではジョエルの自分勝手な事やし、今回の展開になってもなんら不思議はない、、でも辛いのは分かる泣いたし ここでストーリー批判してる人は、どんなゲームや映画にもハッピーエンドを求めてそうやなって思った 今回のエリーの復讐の代償はこういうことやし逆にディーナが笑顔で待ってなくて当然やなって思った アビー編も最初は嫌やったけどあってよかった アビーの気持ちや過去、人間性?を知れたし、助けてもらったけどジョエルをああいう形にしたっていうのも納得 でも、、オーウェンはクズ、マニーは割り切ってて好き とりあえずこれはただのゲームやない、とてもいい作品に出会った

17 続編は要らなかった19日前

【点数3点(10点満点)】 【レビュー】 裏社会の運び屋ジョエル、密輸品として少女を押しつけながらも、その境遇を知り、崩壊した世界で共に死戦を潜り抜ける内に亡くした娘の面影を重ね合わせ、愛情とも友情とも同情とも言える複雑な感情の中で共に絆を強め、衝撃のラストに帰結する。それがジョエルの選んだラストオブアス(私たちの終わり)だった。 その選択は正しかったのか?ジョエルに対して、エリーに対して、その選択に対してそれぞれの感情を抱きながらプレイヤーは深く考えさせられることになる。 特殊な体質である孤独な少女エリー。 最初は反抗し銃も握らせてもらえないお荷物扱いのエリーも、命がけで守ってくれるまだ見ぬ父親のような存在、ジョエル守るためにライフルを握り震える手で敵とは言え人間である相手を撃ち殺していく。 その覚悟と勇気にプレイヤーはプレイする当事者でありながらも、2人の行く末を見守り見届ける傍観者としても共感し、応援し、感動することになる。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ラストオブアス2の評価・レビュー|プレイした感想【ラスアス2】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    トップへ戻る