【崩壊3rd】超弦空間(紅蓮)「火を追う十三英傑 エリシア」の攻略情報

崩壊3rdにおける、超限空間(紅蓮)に出現するボス「火を追う十三英傑 エリシア」の攻略情報を掲載しています。ボス「火を追う十三英傑 エリシア」の適正キャラや動きを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

「火を追う十三英傑 エリシア」の基本情報

崩壊3rd 火を追う十三英傑 エリシア

タイプ 異能タイプ
特徴 炎.png 氷.png 雷.png
対処法 物理.png
エリア情報
敵が受ける氷ダメージ+50%、受ける炎ダメージ-50%

最新の編成と立ち回り

新生の銀翼の画像 ハッカーバニーの画像 雲墨丹心の画像
スコア【3704】 更新日
2022/01/14

装備構成

キャラ 武器 聖痕(T) 聖痕(C) 聖痕(B)
新生の銀翼の画像新生の銀翼 蒼炎の銀翼・最終企画の画像蒼炎の銀翼・最終企画 ブローニャ・新生の銀翼(T)の画像ブローニャ・新生の銀翼(T) ブローニャ・新生の銀翼(C)の画像ブローニャ・新生の銀翼(C) ブローニャ・新生の銀翼(B)の画像ブローニャ・新生の銀翼(B)
ハッカーバニーの画像ハッカーバニー クラッシャーバニー19cの画像クラッシャーバニー19c ツルゲーネフ(T)の画像ツルゲーネフ(T) ツルゲーネフ(C)の画像ツルゲーネフ(C) ツルゲーネフ(B)の画像ツルゲーネフ(B)
雲墨丹心の画像雲墨丹心 拂曇の手の画像拂曇の手 フカ・衛戍(T)の画像フカ・衛戍(T) フカ・衛戍(C)の画像フカ・衛戍(C) フカ・衛戍(B)の画像フカ・衛戍(B)
武装人形
若水の画像若水

役割と立ち回り

キャラ・装備の構成やキャラ・人形のランクアップ、立ち回りなどまだまだ改善できるところは多いので、自身で色々試してスコアを伸ばしていきましょう!

動画内での役割
新生の銀翼の画像新生の銀翼 【ランク:S】
・生物タイプの高火力アタッカー
・氷元素を操るため、天気効果の恩恵を受けれる
ハッカーバニーの画像ハッカーバニー 【ランク:SSS】
・スキル効果で味方のダメージアップ
・聖痕効果による味方のダメージアップ
雲墨丹心の画像雲墨丹心 【ランク:S1】
・スキル効果で味方のダメージアップ
・聖痕効果による味方のダメージアップ
・武器スキルで味方のダメージアップ
若水の画像若水 【ランク:★★】
・氷ダメージアップ
序盤 崩壊3rd 火を追う十三英傑 エリシア 序盤 ①ハッカーバニーに交代→チャージ攻撃
②雲墨に交代→武器スキル→[陽2:陰1]の分岐攻撃→[陽3]の分岐攻撃→[陰3]の分岐攻撃→必殺発動
③銀翼に交代→ハッカーバニーのQTE&必殺発動→分裂バリア展開→人形スキル発動→必殺発動
④通常攻撃と分岐攻撃を繰り返してHPを削り切る
中盤 崩壊3rd 火を追う十三英傑 エリシア 中盤 ①雲墨QTE→敵の攻撃を極限回避→武器スキル→ドームの端で[陰3]の分岐攻撃→[陽2:陰1]の分岐攻撃→[陽3]の分岐攻撃
②ハッカーバニーに交代→チャージ攻撃でドームを破壊
③銀翼に交代→ハッカーバニーのQTE→サブリミリットゲージを消費し切るまで通常攻撃と分岐攻撃を繰り返し
終盤 崩壊3rd 火を追う十三英傑 エリシア 終盤 ①雲墨に交代→武器スキル発動→[陽3]の分岐攻撃→必殺発動
②銀翼に交代→ハッカーバニーのQTE&必殺発動→→分裂バリア展開→武器スキル→必殺発動
③ハッカーバニーのQTEを発動しつつ、通常攻撃と分岐攻撃を繰り返してHPを削り切る

攻略ポイント

水晶の枝はできる限り無視する

崩壊3rd 水晶の枝

戦闘中に出現する「水晶の枝」が3本揃うと強制的にドームが展開されますが、HPが高く、壊すのに時間がかかるためできる限り本体である「エリシア」を先に倒す方が良いでしょう。

ドームは端を狙って攻撃しよう

崩壊3rd ドーム

「エリシア」のHPを1回削り切ると、「水晶の枝」の本数関係なく、強制的にドームが展開されます。

ドームは各端にHPがあり、攻撃回数により壊すことが可能です。そのため、高頻度攻撃のような攻撃手数が多いほど壊す速度が早いでしょう。

関連記事

topへ戻る▶崩壊3rd攻略Wikiトップページ
崩壊3rdのリセマラのアイコンリセマラランキング 崩壊3rdの最強ランキングのアイコン最強ランキング 崩壊3rdのおすすめ編成のアイコンおすすめ編成
崩壊3rdの初心者用のアイコン初心者関連 お役立ち情報のアイコンお役立ち情報 最新情報のアイコン最新情報
キャラのアイコン全キャラの評価一覧 武器一覧のアイコン全武器の評価一覧 聖痕一覧のアイコン全聖痕の評価一覧
クエストのアイコン記憶戦場攻略 クエストのアイコン超弦空間攻略 コミュニティのアイコンコミュニティ

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る