【崩壊3rd】陽炎大剣の評価とスキル|おすすめ装備キャラ

崩壊3rdにおける、陽炎大剣の評価と武器スキルについて掲載しています。陽炎大剣の詳細なステータスやおすすめ装備キャラなども掲載していますので、陽炎大剣を運用する際に参考にしてください。

陽炎大剣の評価 / 基本情報

陽炎大剣の評価

2950364の画像

総合評価 8.0 / 10点
スキル効果 炎ダメージ/炎ダメージアップ/燃焼/浮遊
簡易評価 ・武器スキルで燃焼状態を付与できる
・周囲の敵を浮遊状態にしつつ炎ダメージを与えられる
・炎ダメージを無条件で強化できる

武器の設定情報はこちら

▼陽炎大剣の設定情報

※準備中

陽炎大剣の性能

汎用性 火力性能
B B
支援性能 妨害性能
B B

最強武器ランキング

陽炎大剣の基本情報

基本情報 大剣大剣 星4星4
読み方 ヨウエンノタイケン
入手方法 装備補給
入手可否
優先度 【進化優先度】★★★☆☆
【分解優先度】★★☆☆☆
【入手優先度】★★★☆☆

大剣の武器一覧

陽炎大剣のステータス / スキル

最大ステータス

攻撃 280
-
会心 27
-
コスト 18
-

※現在実装されている全大剣内での順位になります。

最大スキル効果

陽炎衝撃
【スキル効果】
目標地点に飛び降りる:周囲の敵を浮遊状態にして2,877の炎ダメージを与える。さらに燃焼状態にし、0.5秒毎に306の炎ダメージを与える、継続時間6秒。
【消費EP】20 【クールタイム】12秒
陽炎の騎士
【スキル効果】
炎ダメージ+30%
【消費EP】- 【クールタイム】-秒

陽炎大剣におすすめのキャラ

キャラ おすすめ理由
血染の薔薇の画像血染の薔薇 【おすすめ度】★★★★☆
炎アタッカーの薔薇姫子は、武器スキル/パッシブスキルと相性が良いです。炎ダメージ関連の聖痕を装備すると、火力を更に底上げすることができます。
真紅の騎士・月蝕の画像真紅の騎士・月蝕 【おすすめ度】★★★☆☆
月蝕姫子は炎ダメージを扱える為、武器パッシブスキルの炎ダメージアップの恩恵を受けることができます。炎ダメージを強化できる聖痕を装備することで、武器スキルによるダメージを底上げできます。

姫子の評価一覧

陽炎大剣の使い道

燃焼状態を付与しつつ、炎ダメージを与える

陽炎大剣の武器スキルは、周囲の敵に対して炎ダメージを与えて燃焼状態を付与することができます。武器スキル命中時に浮遊状態も付与できる為、体勢の立ち直しや味方QTEトリガーなどに活用できます。

無条件で炎ダメージを強化できる

陽炎大剣の武器パッシブスキルは炎ダメージを最大30%アップさせることができます。無条件で発動できる為、炎ダメージを与えられる武器やキャラ全般と相性が良く、気軽に火力を底上げすることができます。

関連記事

topへ戻る▶崩壊3rd攻略Wikiトップページ
崩壊3rdのリセマラのアイコンリセマラランキング 崩壊3rdの最強ランキングのアイコン最強ランキング 崩壊3rdのおすすめ編成のアイコンおすすめ編成
崩壊3rdの初心者用のアイコン初心者関連 お役立ち情報のアイコンお役立ち情報 最新情報のアイコン最新情報
キャラのアイコン全キャラの評価一覧 武器一覧のアイコン全武器の評価一覧 聖痕一覧のアイコン全聖痕の評価一覧
クエストのアイコンクエスト攻略 コミュニティのアイコンコミュニティ -

コメント

2 名無しさん約4ヶ月前

自分もそう思います。事実、姫子の火力は空の律者を越えてます。

1 名無しさん約10ヶ月前

なんでこんなに評価が低いのか 薔薇姫子合わせれば最強やぞ

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「陽炎大剣の評価とスキル|おすすめ装備キャラ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • >>[8522]
      誰かに引き継ぎしてもらうしか無いですね
      スマホ二台有ると楽なんですけどね
      リセマラ掲示板有るし、そっちに書き込んで引き継ぎされるのを待ってみては?

    • 【引き継ぎID】CL2V7JM
      【パスワード】123456

    権利表記

    トップへ戻る