【崩壊3rd】模造霊刀・氷結曇天の評価とスキル|おすすめ装備キャラ

崩壊3rdにおける、模造霊刀・氷結曇天の評価と武器スキルについて掲載しています。模造霊刀・氷結曇天の詳細なステータスやおすすめ装備キャラなども掲載していますので、模造霊刀・氷結曇天を運用する際に参考にしてください。

模造霊刀・氷結曇天の評価 / 基本情報

模造霊刀・氷結曇天の評価

2412807の画像

総合評価 9.0 / 10点
スキル効果 氷ダメージアップ/氷ダメージ
簡易評価 ・範囲内の敵が受ける氷ダメージがアップ
・無条件で元素ダメージが最大15%アップ
・勿忘八重桜が装備した場合はKPが回復

武器の設定情報はこちら

▼模造霊刀・氷結曇天の設定情報

※準備中

模造霊刀・氷結曇天の性能

汎用性 火力性能
B B
支援性能 妨害性能
A B

最強武器ランキング

模造霊刀・氷結曇天の基本情報

基本情報 太刀太刀 星4星4
読み方 モゾウレイトウ・ヒョウケツドンテン
入手方法 装備補給
入手可否 不可
優先度 【進化優先度】★★★☆☆
【分解優先度】★☆☆☆☆
【入手優先度】★★★★☆

太刀の武器一覧

模造霊刀・氷結曇天のステータス / スキル

最大ステータス

攻撃 265
-
会心 46
-
コスト 18
-

※現在実装されている全太刀内での順位になります。

最大スキル効果

氷天の舞
【スキル効果】
足元に半径3.5mの極寒エリアを生成する、継続時間10.0秒、エリア内の味方が与える氷ダメージ+39.8%。エリア内にいる敵は6秒後に爆発する極寒時限爆弾を設置され、爆発後に975の氷ダメージを受ける。
【消費EP】20 【クールタイム】18秒
酷寒地獄
【スキル効果】
元素ダメージ+14.9%。5秒毎にチャージし、次の攻撃命中時に半径5m内の敵に1,260の氷ダメージを与える。御神装・勿忘が装備している場合、さらにKPを200回復する。
【消費EP】- 【クールタイム】-秒

模造霊刀・氷結曇天におすすめのキャラ

キャラ おすすめ理由
御神装・勿忘の画像御神装・勿忘 【おすすめ度】★★★★★
氷ダメージを与える手段が増えるだけでなく、与える氷ダメージを強化できる為、火力を大きく伸ばすことができます。KP回復効果もある為、強力な分岐攻撃を発動しやすくなります。

八重桜の評価一覧

模造霊刀・氷結曇天の使い道

スキルで氷ダメージを与えられる

模造霊刀・氷結曇天は、武器スキルとパッシブスキルの両方で氷ダメージを与えることができます。自身のスキル効果で与える氷ダメージがアップする為、ダメージソースとしても期待できます。

氷ダメージを高められる

模造霊刀・氷結曇天は、敵に与える氷ダメージがアップするエリアを展開できる武器スキルを所持しています。効果値が最大40%と高く、パッシブスキル元素ダメージアップ効果と合わせることで最大55%アップする為、火力の大幅な底上げが見込めます。

勿忘八重桜に装備すると追加効果

模造霊刀・氷結曇天は勿忘八重桜が装備すると追加効果が発動し、KPを回復できるようになります。強力な分岐攻撃を発動しやすくなる為、結果的に火力が底上げされます。

関連記事

topへ戻る▶崩壊3rd攻略Wikiトップページ
崩壊3rdのリセマラのアイコンリセマラランキング 崩壊3rdの最強ランキングのアイコン最強ランキング 崩壊3rdのおすすめ編成のアイコンおすすめ編成
崩壊3rdの初心者用のアイコン初心者関連 お役立ち情報のアイコンお役立ち情報 最新情報のアイコン最新情報
キャラのアイコン全キャラの評価一覧 武器一覧のアイコン全武器の評価一覧 聖痕一覧のアイコン全聖痕の評価一覧
クエストのアイコンクエスト攻略 コミュニティのアイコンコミュニティ -

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「模造霊刀・氷結曇天の評価とスキル|おすすめ装備キャラ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 低温倉庫で黒騎士追跡で空間凍結で空間切り替えをしたら奈落に永遠と落ちました。
      この2つもバグだと思うので報告しましたが、写真を送付する機能って無いですか?

    • 【引き継ぎID】CL5AXQL
      【パスワード】CL5AXQL

    権利表記

    トップへ戻る