攻略メニュー

【ゾディブレ】オリンポスバトルを考察【シーズン26】

聖闘士星矢 ゾディアックブレイブ(ゾディブレ)における、オリンポスバトルシーズン26の環境について考察しています。次回の環境に関して気になる方は参考にしてください。

オリンポスバトル

開催期間

オリンポス

シーズン26
2020年6月16日(火)14:00 〜 2020年7月7日(火)20:30

シーズン特攻

死を司る神 タナトス(LC)の画像死を司る神 タナトス(LC) アテナ サーシャの画像アテナ サーシャ 海魔女 ソレント(OCE)の画像海魔女 ソレント(OCE) 冥王 ハーデス(LC)の画像冥王 ハーデス(LC)
天馬星座の神聖衣 テンマの画像天馬星座の神聖衣 テンマ 教皇 セージの画像教皇 セージ 新生•射手座 星矢(Ω)の画像新生•射手座 星矢(Ω) -

フェイズ特攻

オリンポスバトルのシーズン26の環境について

使用率が高いユニット

アテナ サーシャの画像アテナ サーシャ 城戸沙織(SSE)の画像城戸沙織(SSE) 死を司る神 タナトス(LC)の画像死を司る神 タナトス(LC)
教皇 セージの画像教皇 セージ 強化•子馬座 翔子の画像強化•子馬座 翔子 -

※神1リーグのシーズン26の使用率が8割以上のユニットなります。

使用率が高い戦闘不能時効果持ちユニット

双子座の神聖衣 カノンの画像双子座の神聖衣 カノン 水瓶座の神聖衣 カミュの画像水瓶座の神聖衣 カミュ 山羊座の神聖衣 シュラの画像山羊座の神聖衣 シュラ
蛇遣い星座 シャイナ(黄金聖衣)の画像蛇遣い星座 シャイナ(黄金聖衣) 魚座の神聖衣 アフロディーテの画像魚座の神聖衣 アフロディーテ 蟹座の神聖衣 デスマスクの画像蟹座の神聖衣 デスマスク

※神1リーグのシーズン26の使用率が特に高いユニットになります。

シーズンを通しての環境

▶︎中後列・後列5人編成が大幅に増加

シーズン26は、以前のシーズンでも活躍していた中後列編成や後列5人編成が変わらず使用されていたため、環境に大きな変化はありませんでした。

ロストキャンバスコラボの終盤に開催された小宇宙10連ガシャや直近のゾディフェスで追加された新生•星矢(Ω)など、優秀な中後列ユニットを入手する機会が多かったことが増加の繋がったと考えられます。

しかし、その期間に中後列ユニットを2~3体以上入手していない場合は、現環境の編成に対抗できる編成が一切組めず、一方的に殴られる展開の試合となってしまうため、編成の自由度は減少してしまいました。

▶︎コラボ参戦ユニットが中心に活躍

ランキング上位は、編成2を除くとほぼ全員がコラボ参戦ユニットを起点とした編成を行っていました。

特にどの編成にも組み込めるサポート性能を備えた沙織(SSE)サーシャは使用率が100%となっており、所持していない方は既存ユニットや新ユニットの性能を最大限に引き出せない状況となっています。

サポートだけでなく、アタッカーも強化•翔子タナトス(LC)などが中心として活躍していたので、コラボ期間中のユニットたちをどれだけ多く所持しているかが重要なシーズンでした。

フェイズ1の編成について

上位プレイヤーの使用率が高いユニット一覧

キャラ名 編成数
50
50
48
43
42
41
40
39
35
34
33
27
26
22
21
20

※神1リーグのシーズン26フェイズ1の上位50名の使用率になります。

使用率の高いユニットについて

▶︎6月13日登場 冥王 ハーデス(LC)

ハーデス(LC)は、中列かつ闘気属性攻撃持ちでサーシャの組み込まれた編成にも対抗することができたため、使用率が高くなりました。

攻撃性能が高いだけではなく、開幕発動する「闇色の小宇宙」でHP被回復量を低下させながら大ダメージを与えて、一気に押し込む速攻性も備えていたので増加したと考えられます。

また、主にサーシャ対策として使われるユニットなので、タナトス(LC)と一緒に組む人が少なく、代わりに強化•翔子と組みわせて物理と闘気の両方でダメージを稼げる編成にしている人が多く見られました。

▶︎6月20日登場 天馬星座の神聖衣 テンマ

神聖衣 テンマは、味方全体の防御力強化により後列5人編成の開幕攻撃を凌ぐことができたので、使用率が徐々に増えてきました。

編成するだけで味方全体の防御力強化と敵全体のダメージ量減少が行えるため、タナトス(LC)を中心とした後列5人編成の被ダメージを抑えることができます。

ただ、神聖衣 テンマだけだと耐えられない場合も多かったので、アローン強化•翔子などの敵からのダメージを減少させるユニットと組み合わせて使用されていました。

フェイズ1:神Ⅰリーグ1位編成

編成1 ハーデス アローンの画像 天馬星座の神聖衣 テンマの画像 冥王 ハーデス(LC)の画像 アンドロメダ星座の神聖衣 瞬(RCE)の画像 アテナ サーシャの画像
編成2 山羊座 紫龍の画像 山羊座の神聖衣 シュラの画像 蛇遣い星座 シャイナ(黄金聖衣)の画像 水瓶座の神聖衣 カミュの画像 魚座の神聖衣 アフロディーテの画像
編成3 強化•子馬座 翔子の画像 死を司る神 タナトス(LC)の画像 教皇 セージの画像 射手座の神聖衣 アイオロス(ACE)の画像 城戸沙織(SSE)の画像

▶解説:編成1

アローン神聖衣 テンマで味方全体の耐久力を強化しながら攻めていく編成です。

サポートにサーシャを加えることで、前列ユニットに物理属性攻撃の無効化を付与できるため、闘気属性以外の攻撃を無視することが可能です。

また、アローンやハーデス(LC)の攻撃は闘気属性なので相手のサーシャの対策も行えるバランスの良い編成だと思われます。

▶解説:編成2

相手の編成1に戦闘不能時効果を持つユニットを編成させるために戦闘不能時効果のあるユニットのみで編成しています。

敵にサーシャがいると、山羊座 紫龍の戦闘不能時にほぼ確実に1人倒せるスキルを無効化される可能性がありますが、物理属性無効を付与されていないユニットには有効なので編成していると考えられます。

また、戦闘不能時効果のあるユニットは、敵の攻撃力を減少させる効果を中心に編成し、後列5人編成の火力を抑えるためだと考えられます。

▶解説:編成3

強化•翔子で味方全体の耐久力を強化しながら、タナトス(LC)セージの攻撃で攻めていく中後列編成になります。

編成の火力自体はアイオロス(ACE)の攻撃バフが乗ったタナトス(LC)とセージの攻撃だけで敵を十分倒し切ることが可能です。

さらに、強化•翔子と沙織(SSE)のおかげで耐久力が高く、敵が後列5人編成の場合でも安定して戦闘を進められます。

フェイズ2の編成について

上位プレイヤーの使用率が高いユニット一覧

キャラ名 編成数
50
50
49
45
42
38
37
37
36
34
33
33
32
32
26
22
22

※神1リーグのシーズン26フェイズ2の上位50名の使用率になります。

使用率の高いユニットについて

▶︎6月27日登場 新生•射手座 星矢(Ω)

新生•星矢(Ω)は、強力なチャージスキルが後列5人編成やサーシャ相手に有効であったため、使用率が増えてきました。

小宇宙ゲージを減らされる環境での小宇宙ゲージ2倍は非常に発動しづらいですが、一度発動できれば一気に戦闘不能に近い状態まで持っていくことができるので、半数近くの人が中後列編成で使用していました。

また、「黄金の小宇宙」による味方全体の小宇宙ゲージの増加も優秀で、アタッカー役を担当しながらサポート役も担当できたためアイオロス(ACE)瞬(RCE)などの小宇宙ゲージ回復に長けたユニットと交代して使う人が多く見られました。

▶︎教皇 セージ

セージは、神ユニットの妨害に特化した性能が、現環境で活躍しているタナトス(LC)やサーシャなどの全ての神ユニットに有効であったため、使用率が高くなりました。

神への妨害は束縛や攻撃力デバフ、小宇宙ゲージ減少と、どれも非常に強力な効果ばかりとなっているので、神行動を大幅に弱体化させることができます。

さらに、後列ユニットなので後列5人編成に加えることができたため、多くの人が使用していました。

フェイズ2:神Ⅰリーグ1位編成

編成1 ハーデス アローンの画像 龍星座の神聖衣 紫龍(RCE)の画像 天馬星座の神聖衣 テンマの画像 アテナ サーシャの画像 城戸沙織(SSE)の画像
編成2 パンドラの画像 海龍 カノン(OCE)の画像 死を司る神 タナトス(LC)の画像 乙女座 シャカ(SSE)の画像 城戸沙織の画像
編成3 冥王 ハーデス(LC)の画像 新生•射手座 星矢(Ω)の画像 海皇 ポセイドン(Ω)の画像 アンドロメダ星座の神聖衣 瞬(RCE)の画像 射手座の神聖衣 アイオロス(ACE)の画像

▶解説:編成1

前列ユニット3体に、サーシャの物理属性無効と攻撃バフを付与して攻めていく編成です。

アローン神聖衣 テンマの効果で、味方への被ダメージを最小限に抑えつつ沙織(SSE)で強力なHP回復を行えるため、後列5人編成が相手でも安定して戦闘を進められます。

紫龍(RCE)も入っているため、神聖衣の戦闘不能時効果の対策もしっかりと行うことができます。

▶解説:編成2

海龍 カノン(OCE)タナトス(LC)を中心とした後列5人編成になります。

編成1で倒しきれなかった相手に、シャカ(SSE)のダメージブーストが乗った攻撃を開幕から仕掛けて一気に倒し切る編成だと思われます。

倒しきれた場合、高確率で神聖衣の戦闘不能時効果を持つ編成が次に来るので、対策としてパンドラを組み込んでいると考えられます。

▶解説:編成3

ハーデス(LC)新生•星矢(Ω)で大ダメージを与えて一気に押し切る編成です。

小宇宙ゲージの回復をサポートする瞬(RCE)アイオロス(ACE)の2体が組み込まれているため、速い段階で新生•星矢(Ω)のチャージスキルの発動を可能にしています。

ハーデス(LC)の開幕攻撃から新生•星矢(Ω)のチャージスキルで、ほとんどの敵を倒すことができるでしょう。

また、敵の開幕攻撃の対策として、踏ん張り時に味方全体を一定時間無敵状態にするポセイドン(Ω)を編成し、攻撃の機会を減らされないようにしていると考えられます。

フェイズ3の編成について

上位プレイヤーの使用率が高いユニット一覧

キャラ名 編成数
50
50
49
45
43
41
40
37
35
35
34
33
32
24
23
22
21

※神1リーグのシーズン26フェイズ3の上位50名の使用率になります。

使用率の高いユニットについて

▶︎アテナ サーシャ

サーシャは全フェイズを通して使用率が100%でした。

開幕の物理属性攻撃無効により、相手に物理属性ユニットを編成しにくい状況を作り出すことができるため、必須の存在となっています。

また、サポート性能はどれも味方の前1列のみですが、中後列や後列5人編成など列固めの編成が多い状況なので様々な編成で大活躍していました。

▶︎強化•子馬座 翔子

強化•翔子は、サーシャの登場で使用率が若干下がりましたが、それでも使用率が8割を超えていました。

後列5人編成にサーシャがいる場合は、サポート性能以外を無力化されて最大限強さを発揮することができませんが、中後列や前中後列の編成であればチャージスキルで敵の後列から倒していくことが可能なため増加したと考えられます。

さらに、現環境のアタッカーが神ユニットばかりなので、神ユニットからの8割ダメージ軽減による耐久力の高さも再度評価されたと思われます。

登場して4ヶ月ほどのユニットになりますが、小宇宙ゲージへの妨害やダメージカットなどがほぼ現環境でも通用するので、多くの人が使い始めていました。

フェイズ3:神Ⅰリーグ1位編成

編成1 強化•子馬座 翔子の画像 新生•射手座 星矢(Ω)の画像 天秤座の神聖衣 童虎(ACE)の画像 アテナ サーシャの画像 城戸沙織(SSE)の画像
編成2 双子座 カノンの画像 蠍座の神聖衣 ミロの画像 蛇遣い星座 シャイナ(黄金聖衣)の画像 水瓶座の神聖衣 カミュの画像 魚座の神聖衣 アフロディーテの画像
編成3 パンドラの画像 死を司る神 タナトス(LC)の画像 教皇 セージの画像 射手座の神聖衣 アイオロス(ACE)の画像 乙女座 シャカ(SSE)の画像

▶解説:編成1

強化•翔子新生•星矢(Ω)を中心とした中後列編成になります。

童虎(ACE)による開幕バリアサーシャの物理属性無効、沙織(SSE)のHP/状態異常回復があるので、アタッカー2体が攻撃に専念することができます。

アタッカー2体のどちらかがチャージスキルを発動できれば、敵陣に大ダメージを与えられるため、一気に押し込むことが可能です。

▶解説:編成2

相手の編成1に戦闘不能時効果を持つユニットを編成させるために戦闘不能時効果のあるユニットのみで編成しています。

戦闘不能時効果を持つユニットは、編成3の耐久力を大幅に強化するために、攻撃デバフと防御バフのみで構成されています。

▶解説:編成3

タナトス(LC)を他のユニットたち全員でサポートして攻める編成です。

シャカ(SSE)のダメージブーストやアイオロス(ACE)の攻撃バフを付与することで、タナトス(LC)だけでも敵を全滅させることが可能です。

セージの妨害が刺されば一気に攻め切ることもできるので、攻撃性能と速攻性能に特化した編成となっています。

オリンポスバトルのシーズン27について

現状のオリンポスバトルに対して

今回のオリンポスバトルでは、中列と後列の闘気属性ユニットが中心として活躍していました。

中後列や後列5人編成の大幅な増加により、サーシャの物理無効が編成全体に付与されるため、物理属性ユニットが活躍できる環境ではありませんでした。

ゾディフェスの新生•星矢(Ω)やステップアップガシャのバレンタインも中列だったので、中後列の編成がさらに強化された状況です。そのため、今後も中列や後列ユニットがメインとなって活躍する環境になるでしょう。

ただ、中後列編成の中心であるサーシャや沙織(SSE)を開幕に止めることができれば、前列ユニットも活躍できると思うので、後列特攻や神特攻などのユニットの登場に期待するばかりです。

今後のオリンポスバトル

今後のオリンポスバトルでは、列固めの編成が主流になると考えられます。

列攻撃に特化したバレンタインが実装されたこともあり、中後列や後列5人編成が前列を入れた編成より優位に立っている状況だと感じられました。

列固めの起点となるユニットタナトス(LC)サーシャが止められない限りこの環境が続くと思うので、今後新登場する中後列のユニットは早い段階で入手しておくといいでしょう。

聖闘士星矢 ゾディアックブレイブ 関連記事

TOPTOPに戻る
リセマラリセマラ 最強最強一覧 最新最新情報
前列前列一覧 中中列一覧 後列後列一覧
お役立ちお役立ち一覧 序盤序盤の進め方 掲示板掲示板一覧

コメント

5 名無しさん約2ヶ月前

グラコロΩ中止ならオリンポス再開しろ。

4 名無しさん約2ヶ月前

グラコロ削除に続いてオリンポスまで止めちゃったの?

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「オリンポスバトルを考察【シーズン26】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    権利表記

    トップへ戻る