攻略メニュー

【ゾディブレ】新生・天馬星座 星矢の評価と運用方法

新ユニット登場!評価記事掲載!

辰巳育成イベント解説記事公開!

聖闘士星矢 ゾディアックブレイブ(ゾディブレ)における、「新生・天馬星座 星矢」の評価や特徴について掲載しています。新生・天馬星座 星矢の運用方法からスキルやステータスまで記載していますので、ぜひ参考にしてください。

新生・天馬星座 星矢の評価と特徴

新生・天馬星座 星矢の画像新生・天馬星座 星矢
キャラ評価 C
初期レアリティ ★3
ポジション 中列
タイプ テクニック

新生・天馬星座 星矢と相性の良いキャラクター編成

準備中です

新生・天馬星座 星矢のスキル紹介

準備中です

新生・天馬星座 星矢のスキル効果の詳細

チャージスキル

スキル名 ペガサス彗星拳
属性 物理
説明 相手の懐に瞬時に近づいた後、ペガサス彗星拳で物理防御を無視した攻撃を与える。攻撃後は元の位置に戻る。
初期値 12
上昇値 12
補足 複数、物理防御力無視

オートスキル1

スキル名 気合燃焼
属性 闘気
説明 自ら敵を倒す事で小宇宙をさらに燃焼させ、5回ダメージを軽減し状態異常を防ぐバリアを張る。バリアを張っている間、敵の攻撃を受ける度に小宇宙ゲージが回復する。(最大5回)※バリア効果
初期値 160
上昇値 160
補足 -

オートスキル2

スキル名 新生天馬の力
属性 闘気
説明 天馬の聖なる力で、敵1体に対して、移動、回避、攻撃を無効化する。
初期値 ※調査中
上昇値 ※調査中
補足 行動不能効果

オートスキル3

スキル名 ペガサス流星拳
属性 物理
説明 星矢の拳が光速に近づき、相手の物理防御を無視した拳で敵陣を貫く。
初期値 328
上昇値 8
補足 対象:複数

セブンセンシズ

属性 -
説明 -
初期値 -
上昇値 -
補足 -

聖戦スキル

スキル名 0
説明 0
初期値 0
上昇値 0
補足 0

新生・天馬星座 星矢のステータス

基本情報

イラスト
新生・天馬星座 星矢

聖闘士の特徴

テクニックタイプのユニットで防御力を無視した攻撃や行動を妨害することができる青銅聖闘士

ストーリー

偽りの教皇サガを倒し、アテナを救った星矢。黄金聖闘士の血により、修復された新生青銅聖衣を纏う。

ステータス

初期値(入手時点) 最大値(★5)
バイタリティ成長率 4.24 6.4
オーラ成長率 4.04 6.1
テクニック成長率 5.44 8.2
バイタリティ 25 1537
オーラ 16 1278
テクニック 22 2243
最大HP 1067 44437
物理攻撃力 111 9118
闘気攻撃力 74 4379
物理防御力 18 860
闘気耐性 10 600
物理クリティカル 20 1903
闘気クリティカル - -
物理防御無視 - 132
闘気耐性無視 - -
HP吸収 - 130
命中力 - -
回避 - 30
HP回復量 - 1895
小宇宙回復量 - 55
小宇宙減少 - -
沈黙抵抗率 - 30
与チャージスキル
ダメージ上昇
- 20%
被チャージスキル
ダメージ低減
- 30%

新生・天馬星座 星矢の小宇宙入手先

エクストラクエスト -
ショップ -
メダルショップ -
聖石ガシャ -
イベントガシャ

ゾディアックブレイブ 関連記事

ポジション別
前列前列キャラ 中列中列キャラ 後列後列キャラ
タイプ別
バイタリティバイタリティ オーラオーラ テクニックテクニック
初期レア度別
星1星1 星2星2 星3星3

コメント

1 名無しさん約3ヶ月前

すべての攻撃が防御無視だが、それでもなお弱火に感じるほど素の攻撃力が低い。 流星拳は当たってもエフェクトが出ないので、当たってるかどうか確認しづらい。まあ命中がゼロなので、実際当たってないことのほうが多いんだが。 チャージの彗星拳は、発動3秒後にもターゲットが同じ位置に止まってないと当たらない。 しかも行動が遅いのが弱点って、敏捷性こそ天馬座の最大の持ち味であり、星矢こそが青銅最速の聖闘士のはずだろ! で、これらのハンデを乗り越えて敵にとどめをさして漸く、自分にだけ張られるバリア… あのね、TV放映当時にはね、このバージョンの星矢の活躍に本当に胸を熱くしたんですよ(つд;*)

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「新生・天馬星座 星矢の評価と運用方法」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    権利表記

    トップへ戻る