攻略メニュー

【ゾディブレ】天秤座 童虎の評価と運用方法

新ユニット登場!評価記事掲載!

辰巳育成イベント解説記事公開!

聖闘士星矢 ゾディアックブレイブ(ゾディブレ)における、「天秤座 童虎」の評価や特徴について掲載しています。天秤座 童虎の運用方法からスキルやステータスまで記載していますので、ぜひ参考にしてください。

天秤座 童虎の評価と特徴

天秤座 童虎の画像天秤座 童虎
キャラ評価 C
初期レアリティ ★3
ポジション 中列
タイプ オーラ

天秤座 童虎と相性の良いキャラクター編成

準備中です

天秤座 童虎のスキル紹介

準備中です

天秤座 童虎のスキル効果の詳細

チャージスキル

スキル名 廬山百龍覇
属性 闘気
説明 蓄えた小宇宙を無数の龍のように放つ奥義。敵全体に多段ヒットの闘気ダメージを与える。
初期値 9.9
上昇値 9.9
補足 対象:全体/多段ヒット

オートスキル1

スキル名 廬山昇龍覇
属性 闘気
説明 廬山の大瀑布をも逆流させる奥義。相手が密集していると、複数の敵にダメージを与えることができる。
初期値 11
上昇値 11
補足 開幕発動

オートスキル2

スキル名 天秤座の円盾
属性 闘気
説明 天秤座の円盾によって、発動時にHPが最も少ない味方の物理防御力を一時的に上昇させる。
初期値 42
上昇値 2
補足 -

オートスキル3

スキル名 天秤座の審判
属性 闘気
説明 聖闘士の善悪を判断し、敵全員の闘気耐性を低下させる。※常時発動
初期値 -20
上昇値 -8
補足 -

セブンセンシズ

属性 闘気
説明 セブンセンシズに目覚めた童虎に驚愕した相手チームは「小宇宙ゲージの回復量」が低下する。
初期値 -4.1
上昇値 -0.1
補足 常時発動/影響範囲は、・攻撃した時・相手を戦闘不能にした時・ダメージを受けた時

聖戦スキル

スキル名 スコアプラスBTII【早熟】
説明 戦闘時に獲得する聖戦スコアを上昇させる。
初期値 9.40%
上昇値 0.40%
補足 重ねがけ可能

天秤座 童虎のステータス

基本情報

イラスト
天秤座 童虎

聖闘士の特徴

オーラタイプのユニットで多段ヒットの全体攻撃スキルを持つ黄金聖闘士

ストーリー

243年間、全盛期の肉体を保ち続けていた天秤座の黄金聖闘士。五老峰の老師の真の姿。

ステータス

初期値(入手時点) 最大値(★5)
バイタリティ成長率 2.6 4.8
オーラ成長率 6.1 9.9
テクニック成長率 3.3 6
バイタリティ 23 1216
オーラ 25 2763
テクニック 27 1370
最大HP 609 37519
物理攻撃力 101 5687
闘気攻撃力 96 10863
物理防御力 16 763
闘気耐性 12 730
物理クリティカル 20 745
闘気クリティカル - 251
物理防御無視 - 5
闘気耐性無視 - 126
HP吸収 - 7
命中力 - 46
回避 - 5
HP回復量 - 2385
小宇宙回復量 - 221
小宇宙減少 - 15
沈黙抵抗率 - 30
与チャージスキル
ダメージ上昇
- 20%
被チャージスキル
ダメージ低減
- 30%

天秤座 童虎の小宇宙入手先

エクストラクエスト
ショップ -
メダルショップ 聖戦
聖石ガシャ -
イベントガシャ

ゾディアックブレイブ 関連記事

ポジション別
前列前列キャラ 中列中列キャラ 後列後列キャラ
タイプ別
バイタリティバイタリティ オーラオーラ テクニックテクニック
初期レア度別
星1星1 星2星2 星3星3

コメント

2 名無しさん約3ヶ月前

当時コスチャが激ムズだった頃のエース。動作とゲージ上昇が遅いけど、一回百龍覇放てば以降は連打ループに入って活躍したな。今は当然倉庫にてご隠居中。

1 名無しさん約3ヶ月前

廬山昇龍覇……ちょっと強い普通のパンチ(追加効果なし) 天秤座の円盾……味方1体の物理防御を200ちょっと上昇(誤差) 行動回数消費してまでやることかそれ? 全体効果の常時発動スキルでも、もっと効果が高いのが腐るほどある。スキル性能が古すぎる。今のゲーム環境にまったく合っていない。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「天秤座 童虎の評価と運用方法」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    権利表記

    トップへ戻る