【妖怪三国志】軍魔神将星孔明の評価とステータス【国盗りウォーズ】

妖怪三国志(国盗りウォーズ)における、軍魔神・将星孔明の評価と性能、ステータス情報を掲載しています。召喚スキルや加護スキルの詳しい効果など、攻略に必要な情報をまるっとお届けします!

軍魔神 将星孔明の評価と基本情報

軍魔神:将星孔明
将星孔明 【じてんばんごう】
2025
【ランク】
【タイプ】
評価点 10.0/10.0点

総合評価

▼3秒で召喚スキルを発動できる

将星孔明の最大の強みは召喚スキルの発動の早さにあります。陸遜の継承スキルを継承することで最短3秒で召喚スキルを発動できるようになるため、バトル開始直後に数的有利を作り出せ、非常に強力です。

ただし、そこまで強化するにはかなりの数の軍魔魂Sが必要かつ、そもそも陸遜を持っている必要があるため、超上級者向けの育成となります。

▼後衛強化もトップクラス

召喚スキルを抜きにしても、将星孔明は非常に強力です。ようりょくは全軍魔神でもトップな上に、加護スキルはようりょくダウン反射も持っているため、後衛の火力を伸ばすには最適と言っても過言ではないでしょう。

他にもこんらん反射や超こんらん反射、さぼり反射など厄介な悪いとりつきの対策も可能です。

軍魔神 将星孔明のステータスとスキル

ステータス

ステータス
ちからちから:137(198)
ようりょくようりょく:935(1355)
HPHP:422(611)
まもりまもり:588(852)
かいひかいひ:347(852)

※レベルMAX、加護スキル全解放、10凸時の数値です。()内は更に超限界突破10凸後の最大強化を反映しています

召喚スキル

東南大旋風
【威力】180:敵全体に火属性ダメージ+じわじわダメージ

超召喚スキル

勇知十万矢炎刃 じわじわダメージの画像
【威力】500:敵全体に火属性ダメージ+じわじわダメージ+後衛妖気減少

加護スキル

1 ぶつかりダメージダウン-15%
2 風属性ダメージダウン+20%
3 クリティカル率アップ+10
4 命中値アップ+10
5 風属性ダメージダウン+50%
6 クリティカル率アップ+10
7 こんらん反射50%
8 ようりょくダウン反射80%
9 さぼり反射80%
10 妖気ゲージ速度アップ+20
11 超こんらん反射50%
12 召喚効果強化+3

超加護スキル

効果 おすすめ度
ようりょくアップ 300 ※準備中
プリチー族へのダメージアップ 50% ※準備中
火属性ダメージ軽減 80% ※準備中

※最大強化(5/5)時点での効果値です

継承スキル

※継承スキルはありません。

軍魔神 将星孔明のおすすめ妖怪

※現在準備中です。

軍魔神 将星孔明のおすすめ継承スキル

※現在準備中です。

妖怪三国志 関連リンク

将星ランクランク将星 SランクのアイコンランクS AランクのアイコンランクA
BランクのアイコンランクB CランクのアイコンランクC -

人気のゲームや名作など、ラインナップは400以上!

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「軍魔神将星孔明の評価とステータス【国盗りウォーズ】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • メンテ来た!
      何かバグがあった?

    • [同盟名] 爽快☆ニャン国志
      [レベル] 450
      [国取り方針] がっつり
      [人数] 75名
      [承認.ルール] 承認制.無断で3日以上のログイン放置はNG。回復稼働すら無い腰掛け在籍の方もNGです。
      [コメント] 一緒に国取り等頑張ってくれるアクティブな方を募集します!
      過去の共闘は第1回目から全て20位以内、前回の共闘は4位☆
      配信初期から活発な老舗チームですが、廃課金同盟では無いので比較的無課金.微課金の方々が多く、長い在籍のメンバー中心に皆さん各自の許容範囲優先で無理無く遊んでます!
      最早課金額でほぼ勝ち負けが決まる様な残念な仕様の国取りもON/OFFのメリハリを付けて、楽しさ優先で遊んでるチームです♪
      Lobi未加入で兄弟チームも無くずっと単独ですが、三国志で随一の絆の深い団結力のある超楽しいチームです!
      ...

    権利表記

    トップへ戻る