【我が天下】夏侯淵のプロフィール情報

我が天下における、夏侯淵のプロフィールを掲載しています。夏侯淵がどんな人物だったのか、他の武将とはどんな関係だったのか知りたい方は是非ご覧ください。

▼夏侯淵に関する情報はこちら

夏侯淵の評価 夏侯淵のプロフィール情報

夏侯淵のプロフィールページ

夏侯淵の基本情報

夏侯淵の画像 名称 (読み)
夏侯淵
(かこうえん)
陣営生年
~219
官職・役職
征西将軍
関連人物
夏侯惇の画像夏侯惇

曹操の画像曹操

主君

備考
最前線にその姿あり!疾風のごとき急先鋒

夏侯淵の人物像

夏侯淵は、夏侯惇の弟であり曹操軍の片翼として活躍していました。夏侯淵は、戦いでは常に先鋒を務め、抜群の統率力を誇っていました。他の将軍が、曹操の親衛隊長に就いたこともあり、夏侯淵は単独の将軍として活躍していくのでした。ある戦いでは、長期戦を覚悟していた曹操の予想を覆し、わずか1回の交戦で首謀者の首を取って帰ってきたと言います。

夏侯淵は、短期で猛進型ということもあり、相手を奇襲することはあれど、不意をつかれて敗戦した経験がありませんでした。これを危険だと感じた曹操は、「慎重に戦うお前の戦いが見てみたい」と夏侯淵に手紙を送りました。

215年に、夏侯淵は対劉備戦の総指揮官として、数年にわたって激戦を繰り広げていました。初めこそ曹操の忠告を守り、慎重になっていた夏侯淵ですが、一向に動きがない敵軍に苛立ち、敵の山を取り囲みました。それでも敵軍は誘いには乗らず、夏侯淵の軍の士気が下がり始めたのですが、それを敵軍に付け込まれてしまい、夏侯淵の首は一刀両断されてしまいました。

夏侯淵の死を知った曹操と夏侯惇は、死に声をあげて泣いたと言います。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「夏侯淵のプロフィール情報」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 敵の軍団に項羽がいたのですが、古武将かな?
      古武将のスキルなど分かる方いらっしゃいましたら教えて下さい。

    • 濁、呉、魏、群の強弱関係を教えてください。

    権利表記

    トップへ戻る