【我が天下】袁術の評価

◆最新のアップデート情報はこちら!
12月05日(水)のアップデート情報まとめ

◆Game8主催のアンケートを実施中!
我が天下攻略wiki 第1回ユーザーアンケート
最も格好良い蜀武将総選挙(非覚醒)

◆SP武将の評価はこちら!
SP武将の一覧

我が天下の袁術の評価を掲載しています。袁術の評価や、ステータスも載せているのでぜひ参考にしてみてください。

▼袁術に関する情報はこちら

袁術の評価 袁術のプロフィール情報

袁術の総合評価

袁術の画像

評価 8.0/10点

最強武将ランキング

みんなの評価
育成適正段階 前盤
適正部隊配置 アタッカーのため、後列が適正
おすすめ兵種 長槍兵

優秀な個人スキルを持つ武将

袁術の個人スキルは「敵縦列に180%の物理ダメージを与え、20%の確率で眩暈状態付与」の効果を持ちます。倍率が高い物理攻撃に加え、低確率ですが眩暈状態を付与できるため、敵武将の動きを止めることができます。

また、袁術は袁紹紀霊と部隊を組むことで、連携スキルが発動し「初期フォース+1」が付与されます。袁術の優秀な個人スキルが、素早く発動できるため、袁紹と紀霊を同じ部隊に組むことをおすすめします。

袁術のステータス

基本情報

陣営 レア度
SR(紫)

初期成長値

80 28 75 85
(+2.5) (+0.9) (+2.1) (+2.5)

※ 括弧内の値は、レベルが増加する毎に増える成長値の値です。

初期属性値

物理攻撃 物理防御 計略攻撃 計略防御 兵数上限
240 84 225 75 1360

天賦

星1:龍威
ダメージ+20%
星2:会心
会心+30%
星3:統率
兵数上限+20%
星4:利刃
物理ダメージ+20%
星5:力戦
物理攻撃+15%

袁術のスキル

個人スキル

鬼哭狼嚎 必要フォース:2pt
敵縦列に180%の物理ダメージを与え、20%の確率で目標を1ターン眩暈状態にする

連携スキル

連携相手 四世三公
袁紹の画像袁紹 初期フォース+1
連携相手 僭號天子
紀霊の画像紀霊 初期フォース+1

袁術の兵種

兵種名 消耗銅銭 / 兵種効果
初級歩兵のアイコン初級歩兵
消費 銅銭のアイコン 0

ごくごく普通の歩兵
禁衛軍のアイコン禁衛軍
消費 銅銭のアイコン 5

ダメージ9%増加:兵力が目標より低い場合は、ダメージ40%増加
丹楊兵のアイコン丹楊兵
消費 銅銭のアイコン 5

攻城成功後、戦闘で損失した兵力を100%回復
長槍兵のアイコン長槍兵
消費 銅銭のアイコン 5

対騎兵ダメージ50%増加

袁術のおすすめ副将

推薦副将と副将の特徴

武将名
雷薄の画像雷薄
淳于瓊の画像淳于瓊 -

※ 副将選択時の成長値上昇量を、各レア度の武将毎に「◎◯△-」の4段階で評価しています。

おすすめ副将

袁術の副将には、淳于瓊がおすすめです。淳于瓊は「攻」の成長値が高く、袁術の物理攻撃を効率良く高めます。袁術の副将には、ぜひ淳于瓊を任命しましょう。

副将の効果や注意事項は、以下のリンクを参考にしてください。
副将の効果について説明

袁術のおすすめ主将

推薦主将

武将名 レア度 陣営
顔良の画像顔良 SSR(橙)
袁紹(SP)の画像袁紹(SP) SSR(橙)

おすすめ主将

袁術は、顔良とSP袁紹の副将におすすめです。袁術は「攻」「防」「兵」の成長値が優れており、主将の物理攻撃と耐久面を効率良く高めます。袁術をSSR武将の副将にする際は、ぜひ顔良かSP袁紹の副将に任命しましょう。

関連リンク

陣営別

陣営別
蜀のアイコン 呉のアイコン 魏のアイコン
群のアイコン 晋のアイコン 物語のアイコン物語 古武将のアイコン古武将

レア度別

image.pngSSR(橙) image.pngSR(紫) image.pngR(青) image.pngN(緑)

SP武将

SP武将のアイコンSP武将

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「袁術の評価」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[38]
      ありがとうございます🙏🙏🙏

    • >>[169]
      歴史上では蜀はみんな強いです。魏は蜀に対抗できる力は持ってたかな。呉はみんな雑魚!ですがゲーム内ではほぼ同じというよくわからない事態

    権利表記

    トップへ戻る