【我が天下】周倉の評価

現在、我が天下攻略Wikiに掲載されている情報は、2019年3月6日時点の情報となります。ご注意ください。

我が天下の周倉の評価を掲載しています。周倉の評価や、ステータスも載せているのでぜひ参考にしてみてください。

▼周倉に関する情報はこちら

周倉の評価 周倉のプロフィール情報

周倉の総合評価

周倉の画像

評価 8.0/10点

最強武将ランキング

みんなの評価
育成適正段階 前盤
適正部隊配置 連携スキルや進化で回避を習得すると、前後列とも適正
おすすめ兵種 大刀軍

耐久力がある武将

周倉は、進化星3で「回避+20%」を習得することができるため、敵武将の通常攻撃を無効化することができます。さらに、関平との連携スキルで「物理ダメージ軽減+20%」を発動することで、耐久力を上昇させることも可能です。

また、進化星4では「兵力上限+20%」を習得するため、戦場に長く残ることができる武将になります。

周倉のステータス

基本情報

陣営 レア度
SR(紫)

初期成長値

84 28 75 80
(+2.6) (+0.7) (+2) (+2.7)

※ 括弧内の値は、レベルが増加する毎に増える成長値の値です。

初期属性値

物理攻撃 物理防御 計略攻撃 計略防御 兵数上限
252 84 225 75 1280

天賦

星1:龍威
ダメージ+20%
星2:利刃
物理ダメージ+20%
星3:回避
回避+20%
星4:統率
兵数上限+20%
星5:力戦
物理攻撃+15%

周倉のスキル

個人スキル

暴風錘 必要フォース:2pt
前列に140%の物理ダメージを与える

連携スキル

連携相手 武聖隨従
関平の画像関平 物理ダメージ軽減+20%
連携相手 黄巾残党
廖化の画像廖化 物理攻撃+10%

周倉の兵種

兵種名 消耗銅銭 / 兵種効果
初級歩兵のアイコン初級歩兵
消費 銅銭のアイコン 0

ごくごく普通の歩兵
重甲兵のアイコン重甲兵
消費 銅銭のアイコン 2

物理ダメージ軽減20%
黄巾党のアイコン黄巾党
消費 銅銭のアイコン 5

対魏国武将ダメージ80%増加
大刀軍のアイコン大刀軍
消費 銅銭のアイコン 5

対群雄武将ダメージ80%増加

周倉のおすすめ副将

武将名 攻の値 おすすめ理由
孟達の画像孟達 191 蜀のR武将の中で攻のステータスがもっとも高く、周倉の物理攻撃を効率良く高めることが可能
馬忠の画像馬忠 187 蜀のR武将の中で攻以外のステータスもバランスが良く、周倉の物理攻撃はもちろん全体的にステータスを高めることが可能
李厳の画像李厳 169 蜀のN武将の中で攻のステータスが最も高く、周倉の物理攻撃をメインに高めることが可能
蒋琬の画像蒋琬 150 蜀のN武将の中で李厳に次ぐ攻のステータスが高く、周倉の物理攻撃を高めることが可能

※ 武将レベル50、進化星5のステータス値を掲載しております。

周倉には攻のステータスが高い武将を副将におすすめ

周倉は物理攻撃が強い武将です。個人スキルでも火力が高い物理ダメージを与えることができます。くわえて天賦では物理ダメージ増加や回避なども習得でき、前後列両方使えますので総合的に見ても攻のステータスは上げておくのが良いでしょう。
副将の効果や注意事項は、以下のリンクを参考にしてください。
副将の効果について説明

周倉のおすすめ主将

推奨主将

武将名 レア度 陣営
関羽の画像関羽 SSR(橙)
趙雲の画像趙雲 SSR(橙)
馬超の画像馬超 SSR(橙)
黄忠の画像黄忠 SSR(橙)

関連リンク

陣営別

陣営別
蜀武将のアイコン 呉武将のアイコン 魏武将のアイコン
群武将のアイコン 晋武将のアイコン 物語武将のアイコン物語 古武将のアイコン古武将

レア度別

SSR武将のアイコンSSR(橙) SR武将のアイコンSR(紫) R武将のアイコンR(青) N武将のアイコンN(緑)

SP武将

SP武将のアイコンSP武将

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「周倉の評価」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る