【ぷよぷよ】全消し戦の立ち回り

ぷよぷよにおける、全消し戦の立ち回りを掲載しています。全消しのメリットや立ち回り例についても解説しているので、全消しを調べる際の参考にしてください。

全消しとは?

ぷよを全て消すこと

全消しは、全てのぷよを消すことを指します。全消しをすると、次にぷよを消した時に相手のフィールドへおじゃまぷよを30個(5段分)送ることができます。

両者全消しをした後の試合を全消し戦と呼びます。

全消しのメリット

手軽に5段分のおじゃまぷよを送ることができる


連鎖数が少ないうちは発生するおじゃまぷよの数が少ないので、全消しをして30個(5段分)のおじゃまぷよを送ることができるのは魅力です。

初手が4個同じ色であれば1連鎖で全消しとなるため、迷わずに全消しをすると良いでしょう。初手から3連鎖までで全消しを取れる場合は比較的有効です。

試合開始から少ない連鎖で全消しする場合は、相手も全消しする可能性が高いので全消し戦になることがほとんどです。

全消し戦の立ち回り例

カウンターを打てるようにする


全消し戦になった時は、相手の全消しボーナス(おじゃまぷよ5段分)に耐えられるよう左2列か右3列でカウンターを組みましょう。

左2列は速く積める分連鎖数は劣ります。右3列は積むのが遅くなる分連鎖数を稼ぐことができます。

相手の全消しボーナスに耐えてからカウンターを打てるように、発火点を高くしておくことがポイントです。

ぷよぷよの関連記事

初心者必見の記事

初心者が覚えるべき序盤のテクニック

戦術の関連記事

先折りと後折りとは?
本線とセカンドとは?
底上げのやり方

記事監修・素材提供:へーょまは

Twitter
YouTube