【ヴァルキリーアナトミア】マダム・グラソン降臨クエスト攻略情報

ヴァルキリーアナトミア(VA)における”マダム・グラソン降臨クエスト”の攻略情報を掲載しています。ぜひご活用ください。

マダム・グラソン降臨クエストの攻略方法

マダム・グラソン降臨クエスト

雷属性の武器を装備!

マダム・グラソンには雷属性の攻撃が有効です。雷属性の武器や、雷属性攻撃を強化できるスキルを持ったキャラクターを連れていきましょう。

降臨ボスの行動パターンを把握しておく

降臨ボスは非常に強力であり、さらに中級以上では属性耐性などに特殊な条件があったり、特定ターンには強力な攻撃を行ってきたりします。

中級クエスト攻略

注意点1ターン目:雷属性に対する耐性あり
2ターン目:1ターン目で雷属性攻撃を行っていれば、雷属性の耐性が弱体化

初級クエストでは初ターンから弱点をつくことができますが、中級クエスト以上では属性耐性に特殊な条件が追加されます。中級クエストでは雷属性に対しても耐性がついており、雷属性攻撃を行うことで次のターンに耐性を低下させることができます。スキル等でたたみかけるのは2ターン目以降にしましょう。

上級クエスト攻略

注意点1ターン目:能力強化(雷耐性が強化)
1ターン目:凍結付与攻撃
2ターン目:能力強化(雷耐性が強化)
3ターン目:能力強化(雷耐性が強化)
3ターン目:上記後、全体攻撃技”アイシクルブレード”
4ターン目:弱体化(雷耐性が弱化)
5ターン目:低下した耐性が回復

上級クエストのマダムグラソンは毎ターン能力が強化されていく強敵です。1ターン目には凍結付与の攻撃を行ってくるため、メインアタッカーが凍結をもらってしまうと大きな痛手です。状態異常回復系のスキルを持った武器があれば積極的に採用しましょう。

LE進化を済ませた十分に戦力の整った武器が揃っていれば初手からスキル連発する方法もありますが、基本的には弱体化のタイミングもあり、ある程度長い戦闘を想定したほうが良いでしょう。全能力バフorデバフスキルの武器を持っていれば、一本持っていくことで被ダメをある程度減らすことができます。

マダム・グラソン降臨クエストの推奨キャラクター

キャラ名 クラス 備考
グリフィスの画像グリフィス 剣士 ・雷属性攻撃キャラの中で最高峰の火力
・リミテッドスキル”流麗なる剣技”により雷属性アクションスキル火力が爆発的に上昇
ルシオの画像ルシオ 剣士 ・雷属性攻撃
・リミテッドスキル”思いの一撃”によりアクションスキル火力が大幅に強化
剣士 ・雷属性攻撃
・パーティ全体を強化するスキル持ち
・専用オーブがあれば雷属性の火力が大幅に強化
剣士 ・雷属性攻撃
・リミテッドスキル”サンダーインパクト”により雷属性のアクションスキル火力を大幅に強化
弓闘士 ・雷属性攻撃
・キャラクタースキルや専用オーブで雷属性のアクションスキル火力を大幅に強化
レベッカの画像レベッカ 弓闘士 ・リミテッドスキル”フォレストヒーリング”による状態異常を回復

マダム・グラソン降臨クエストの推奨武器

武器名 武器種 備考
[光の鷹の剣の画像光の鷹の剣 ・雷属性武器
・超絶大アクションスキル
[冥雷弓ゾディアークの画像冥雷弓ゾディアーク ・雷属性武器
・超絶大アクションスキル
[華杖セレモニアの画像華杖セレモニア ・雷属性武器
・超絶大アクションスキル
[帝剣エンディミオンの画像帝剣エンディミオン 大剣 ・雷性武器
・高倍率雷属性・攻撃力バフスキル
[ネメシスヴァーディクトの画像ネメシスヴァーディクト 大剣 ・闇属性武器
・状態異常回復のアクションスキル
[神剣シュヴェルトライテの画像神剣シュヴェルトライテ ・高倍率の全能力バフスキル

ヴァルキリーアナトミア関連リンク

降臨クエストの概要と攻略情報一覧
2018.11.29 12:40 コメント数(0)

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「マダム・グラソン降臨クエスト攻略情報」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[44332]
      端末が重くなってる?
      一度再起動すると軽くなってしばらくは大丈夫になる

    • >>[5667]
      100%以外は信用していけはいけない(戒め)
      まれに良くあることだしね

    権利表記

    トップへ戻る