【ザ・アンツ】侵入のやり方とレベル差での変化を解説

侵入のやり方とレベル差での変化を解説

ザ・アンツ(ザアンツ)における、侵入のやり方について解説しています。蟻塚のレベル差による資源減少や、侵入の注意点も紹介。侵入のやり方について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

侵入とは

他のプレイヤーの蟻塚に侵入して戦うこと

他のプレイヤーの蟻塚に侵入して戦うこと
侵入とは他のプレイヤーの蟻塚に侵入して戦うことです。戦って勝利すると侵入した相手から資源を奪えます。

隊列編成のやり方と解説

レベル差があると獲得資源は減少する

レベル差があると獲得資源は減少する

相手プレイヤーよりも侵入者側の女王アリレベルが大幅に高いと、獲得できる資源は減少してしまいます。多くの資源を獲得するためには。なるべく自分と近い女王アリレベルのプレイヤーを狙いましょう。

レベル差 資源略奪量
2レベル以内 100%
3レベル 80%
4レベル 65%
5レベル 50%
6レベル以上 30%

侵入のやり方

侵入のやり方早見表

侵入したい蟻塚をタップして「侵入」を選択 侵入したい蟻塚をタップして「侵入」を選択
侵入させたい隊列を選択して出征させる 侵入させたい隊列を選択して出征させる
隊列が侵入先の蟻塚に移動する(自動で移動するので画面を切り替えても良い) 隊列が侵入先の蟻塚に移動する(自動で移動するので画面を切り替えても良い)
IMG_6012.PNG 自動で戦闘を行い、結果がメールで戦闘レポートに届く
IMG_6013-2.png 勝敗の結果と奪った資源を確認して完了

侵入の注意点

相手プレイヤーから報復の恐れがある

侵入で資源を奪うと、相手プレイヤーと敵対する可能性があります。敵対した場合、アライアンスメンバーと協力して報復をされるかもしれません。

報復された結果、資源を丸ごと失ってしまうケースやアライアンス同士の戦争に発展してまう可能性があるので注意しましょう。

無理に奪わなくても資源は生産可能

侵入は敵対されるリスクや、負けて兵隊アリを失う可能性があるので無理に行う必要はありません。資源は蟻塚内で十分生産可能なのでよく考えてから侵入しましょう。

関連リンク

初心者向け攻略ガイド

攻略トップに戻る▶︎攻略トップに戻る
序盤の効率的な進め方序盤の効率的な進め方 リセマラは必要?リセマラは必要?
習性とは?習性とは? 毎日やるべきこと毎日やるべきこと
ザ・アンツの楽しみ方ガイドザ・アンツの楽しみ方ガイド スタミナとは?スタミナの回復方法を解説スタミナとは?
ダイヤモンドの使い道と解説ダイヤモンドの使い道と解説 ショップで買い物をするやり方ショップで買い物をするやり方
リザードの集結のやり方リザードの集結のやり方 コードの交換のやり方コードの交換のやり方
集結の参加人数を増やす方法集結の参加人数を増やす方法 データ引き継ぎのやり方|バックアップの方法データ引き継ぎのやり方
ゲーム内言語を変更するやり方ゲーム内言語を変更するやり方 侵入のやり方を解説侵入のやり方を解説
中立生物を孵化させるやり方中立生物を孵化させるやり方 中立生物の残骸を入手する方法中立生物の残骸を入手する方法
座標にマークするやり方と移動方法の解説座標にマークするやり方 サーバーを移動するやり方サーバーを移動するやり方
戦闘力の効率的な上げ方戦闘力の効率的な上げ方 ベル16までの進め方レベル16までの進め方

アライアンス攻略ガイド

アライアンスとは?アライアンスとは? アライアンス進化のやり方アライアンス進化のやり方
アライアンスに加入するメリットは?アライアンスのメリットは? アライアンスストアの使い方アライアンスストアの使い方

隊列攻略ガイド

隊列編成のやり方と解説隊列編成のやり方と解説 特化アリを複数編成するやり方特化アリを複数編成するやり方
隊列陣形の解説隊列陣形の解説 -

特化アリ攻略ガイド

特化アリの強化のやり方特化アリの強化のやり方 スキル解放のやり方
異変池交換のやり方異変池交換のやり方 特化アリを駐屯させるやり方特化アリを駐屯させるやり方

蟻塚攻略ガイド

アライアンス盟主の近くに移動するやり方アライアンス盟主の近くに移動 蟻塚を移動させるやり方蟻塚を移動させるやり方
不思議な豌豆リンク不思議な豌豆とは? 座標から蟻塚を訪問するやり方座標から蟻塚を訪問するやり方

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[1156] 問題ありません。

    • サーバー221
      (Ja0)
      初心者さんから廃人さんまで誰でも大歓迎!
      オンラインゲームを楽しむ上で大切な「素敵な仲間」をここで見つけてみませんか?
      加入条件はただ一つ、「毎日INすること(いや、毎日じゃなくてもいいですw)」。人と人の関わりを大切にしたい方、ぜひ仲間になりましょう

    権利表記

    トップへ戻る