【タガタメ】クリーマの評価と専用真理念装/武具

タガタメにおける、クリーマについての記事です。クリーマの専用真理念装や武具、アビリティなどの詳細な情報の他、評価も行っているため、入手や育成の参考にしてください。

クリーマの基本情報とプロフィール

基本情報

クリーマ
評価 A
初期レアリティ ☆5
属性
第1ジョブ 天候師
浮雲の天候師
第2ジョブ 花嫁
雨雫の花嫁
第3ジョブ 賢者
賢者【カルナック】

※各ジョブのアビリティについては上記リンクからご確認ください。

プロフィール

【出身地】 ラーストリス 【グループ】
【身長】151cm 【体重】39kg
【誕生日】3月12日 【星座】水守神の月
【血液型】Ki型 -
【好きなもの】粒の細かい雨
【趣味】のんびりすること
【CV】佐土原かおり 【ILLUST】RINZO
ラーストリスの片田舎で育った自然界のアルケミィに対し敏感な少女。幼い頃から大気や天候に対するアルケミィに干渉できる能力を持つ。のどかな環境で育った為、驚異的な力を持ちながらものんびりとした性格をしている。

クリーマの評価

全体攻撃で低難度の周回に便利

クリーマは天候師のジョブを持っているため、長雨カタツムリによる全体攻撃で周回に便利なユニットです。マスターアビリティで長雨カタツムリが強化されるため、他の天候師に比べ高いダメージが出ます

また、長雨カタツムリの攻撃属性と同じ水属性のユニットとなっているため、火属性相手にはよりダメージが出せるのも特徴です。

そのため、他の天候師に比べて周回性能が高く、◯体同時撃破のクエストミッションクリアにも役立ちます。

他にも、低HPで大ダメージを狙えたり、味方のCTを100アップできたり、4属性の攻撃スキルを使えたりと活躍の幅は広く育てて損のないユニットでしょう。

クリーマのリーダースキルとマスターアビリティ

リーダースキル

蒼水の鼓動
水属性ユニットのHP40%アップ 運10%アップ

マスターアビリティ

本日晴天なり
素早さアップ&スキル使用回数+1&『長雨カタツムリ』を強化
【使用可能回数】 【消費ジュエル】
【習得条件】キャラストーリーEpisode3クリアで習得

クリーマのバベル戦技

なし

クリーマの真理開眼優先度

MASTER時の効果 強化優先度
嫉妬 物防15、魔防30、運25アップ
怠惰 サポートアビリティ『晴天の福音』強化
運40%、魅了耐性100%、HP上限15%アップ
色欲 リーダースキル『蒼水の鼓動』強化
水属性ユニットのHPを40%アップ& 全攻撃20%アップ、運10%アップ
暴食 魔攻55、運25アップ
〈憤怒〉特効+40、〈怠惰〉特効+20の効果を追加
憤怒 スキル『花淡雪』を強化
自身を中心とした範囲内の味方のHPを割合回復&3ターンHP自動回復効果&ジュエル自動回復効果[範囲:菱形2マス,高低差:3]
※HP回復量・HP自動回復効果・ジュエル自動回復効果の効果量がアップ
スキル『キャンドルレイン』を強化
範囲内の対象に水属性の魔法攻撃&鈍足効果&対象が鈍足状態の場合威力大幅アップ&威力は使用者と対象の運により変動[射程:4,範囲:菱形2マス,高低差:3]
※威力がアップ&消費ジュエル軽減
スキル『ダイアモンドダスト』を強化
範囲内の対象に水属性の魔法攻撃&火属性特効[射程:4,範囲:正方形1マス,高低差:2]
※威力・詠唱速度がアップ
強欲 真理念装のSUB装備枠を追加
HP上限+360、器用さ+90、素早さ+2、運+90
傲慢 -

クリーマの専用念装/武具

専用真理念装

雪あそびよりの画像雪あそびより

専用武具

クリーマ製天球儀の画像クリーマ製天球儀

タガタメ 関連記事

レアリティ
☆5星5 ☆4星4
☆3星3 ☆2星2 ☆1星1
属性
null火属性 null水属性 null雷属性
null風属性 null光属性 null闇属性

タガタメプレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

戦姫戦記-魔王倒しの旅-
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

城姫クエスト
お気に入りの城姫たちと一緒に戦おう!

ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁
鬼太郎達とお店を繁盛させて、日本一を目指そう!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る