【三国志大戦M】関索の基本情報とステータス

三国志大戦M攻略wikiよりおしらせ
wiki内に掲載されている情報は2020年3月31日までの情報です。最新情報でない可能性があるため、ご注意ください。

三国志大戦Mにおける、関索の各データをまとめて掲載しております。関索の各種データを詳しく知りたい方は是非参考にしてください。

▶︎関索の性能・評価解説はこちら!

関索の基本情報

関索の情報

関索 関索
(かんさく)
勢力
兵種 騎兵
イラスト 陸原一樹
声優 戸北宗寛

関羽の子。子供の頃から父親譲りの力持ちで、「花」という師匠から武芸を習った為、自分の名前の頭に花をつけ「花関索」と名乗った。鮑家荘の娘と戦い、勝利をおさめて妻とした。その後、初めて父・関羽と対面して、夫婦共に蜀に尽くし戦った。

「来いよ、俺と一緒に生きようぜ!」

初期ステータス

88 56 61 73 97
体力 2,520
物攻 252
策防 111
物防 116

兵種昇格ルート

軽騎兵 重騎兵 精鋭軽騎兵 精鋭重騎兵
軽騎兵.png 重騎兵.png 精鋭軽騎兵.png 精鋭重騎兵.png
威嚇 - 馬鎧 - 急襲 威嚇 鉄騎 馬鎧

▶︎兵種スキルと効果一覧

関索の技能一覧

計略

百花繚乱のアイコン
百花繚乱
通常攻撃ターゲットを中心とした中範囲内の全敵将からランダムに1体を対象として、「武」の差に基づき発動者の物攻×60%の通常ダメージを与え、命中すると10秒間混乱させる。自軍の生存武将に含まれる女性武将1体につき、対象武将が1体増加し、最大8体を追加。

初期スキル

伊達男のアイコン
伊達男
伝授制限:男性 特技評価:7.5/9.0
敵味方双方の女性武将の生存数の合計に基づき、発動者の命中最大+2400。特技がLv5以上の場合、さらに発動者の通常攻撃による獲得士気が最大で20%増量。双方の女性武将数が9体の場合、効果が最大となる。
効果 Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
命中 2400 2700 3100 3500 4000 5200 7000
通常攻撃の獲得士気 - - - - 20% 40% 60%

関索の絆一覧

花関索伝
絆効果 物攻アップ10%
発動条件 鮑三娘 とともに出陣すると解放
生き別れの父子
絆効果 体力アップ10%
発動条件 関羽 とともに出陣すると解放
孫子兵法
絆効果 物防アップ10%
発動条件 孫子兵法を装備すると解放
玄氷玉鼎
絆効果 策防アップ10%
発動条件 玄氷玉鼎を装備すると解放
絢爛桜花
絆効果 物防アップ15%
発動条件 絢爛桜花を装備すると解放

関索の入手方法

ストーリーでの将魂入手場所

※この武将はストーリーで将魂を入手できません。

関連リンク

レアリティ別一覧

UR武将アイコンUR武将 SR武将アイコンSR武将 R武将アイコンR武将 UC武将アイコンUC武将

勢力別一覧

魏アイコン魏武将 蜀アイコン蜀武将 呉アイコン呉武将 群アイコン群武将

兵種別一覧

弓兵アイコン.png弓兵 騎兵アイコン.png騎兵 槍兵アイコン.png槍兵
盾兵アイコン.png盾兵 策士アイコン.png策士 医者アイコン.png医者

伝記ステータス別一覧

悪鬼一覧 義侠一覧 軍師一覧 黄巾一覧 女傑一覧
西涼一覧 都督一覧 武官一覧 文官一覧 南蛮一覧
無用一覧

コメント

1 李小狼約1年前

TBXKZASFDDGEJ 私の招待コードをメモって、左上の君主マークを選んで→下の友達招待を選んで→入力してくださいm(_ _)m お互いにアイテムもらえますので、レベル19までの方で招待受けていない方は入力お願い致しますm(_ _)m

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「関索の基本情報とステータス」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 突然のお知らせになりますが、三国志大戦M攻略wikiは2020年3月31日をもって更新を停止致します。
      インタビューにご協力いただいた方、掲示板を利用していただいた方、本wikiをご覧いただいている皆様、これまでご愛好いただきありがとうございました。
      また皆様と一緒にゲームがプレイできるのを
      楽しみにしています٩( 'ω' )و

    • TLXZDSIFCDJJJB
      招待コード

    権利表記

    トップへ戻る