【三國志真戦】推奨陣容丨三勢陣登場!呂布がついに「無双」となる?【三国志真戦】

記載されている情報は2021年11月30日までのものとなっています。情報が古い可能性があるため、ご注意ください。

三國志真戦(三国志真戦)における、「推奨陣容丨三勢陣登場!呂布がついに「無双」となる?」です。当記事は、ゲーム内攻略記事の内容を移植した記事になります。

一、はじめに

シーズン3は、呂布が三国第一武将の座を取り戻すシーズンです。『三國志 真戦』で最も高い武力値と成長値を持つ呂布は、西涼鉄騎を使っても虎豹騎を使っても、非常に強力です。

その理由は、主に以下の通りです。

その一、「無双」武器の登場。太史慈の2連撃など、呂布の1ターン5連撃には全く及びません。

その二、「三勢陣」の登場。呂布の固有戦法の発動確率が低すぎる問題を解決したのは、「三勢陣」です。

その三、「横戈躍馬」と第三兵法書の登場。これは、呂布が第一武将の座を取り戻すための重要なピースです。

その四、「虎豹騎」を用いた突撃騎兵は強いものです。ワンアタッカー呂布編制であれば、西涼≈虎豹ですが、呂布+太史慈のダブルコアなら虎豹>西涼です。

二、お勧めの編制

呂布黄月英郭嘉

陣容

(主)呂布:·天下無双/百騎劫営/鬼神霆威

(副)黄月英:工神/三勢陣/西涼鉄騎

(副)郭嘉:十勝十敗/横戈躍馬/奇計良謀

三、武将兵法書

呂布:作戦、一気呵成、常勝、執鋭

突撃戦法をメインにした呂布は作戦兵法書を選ぶべきでしょう。

「一気呵成」は突撃ダメージを30%増加させるので、ダメージ能力を大幅に向上させることができます。「常勝」は2ターン目に破陣効果を提供するので、この時に一騎打ちをすると呂布の戦闘能力を全て発揮することができます。「執鋭」は安定した3%の与ダメージ増を提供し、普通に強いと言えます。

郭嘉:九変、誘敵之策、励軍、速戦

郭嘉の兵法書は「九変」と「軍形」という二択があります。この編制では、郭嘉が「奇計良謀」を持っているので、そのバフ効果を更に増加させるためには「九変」の「速戦」が必要だと思います。「誘敵之策」と「励軍」は、運が良ければ8%のダメージ増加を提供できるので、使いやすいサポーター武将に最適ですね。

黄月英:軍形、臨戦態勢、防備、柔能制剛

郭嘉が「九変」を選んだ以上、黄月英は「軍形」を選ぶほかありません。「臨戦態勢」の15%ダメージ分担効果は、呂布にとって15%のダメージ軽減効果と同じなので必ず持っておきましょう。

四、武将分析

呂布(天下無双+一騎当千/百騎劫営/鬼神霆威)

このゲームで武力の最も高い武将ですが、実のところ呂布はあまり優遇されていなかったのです。シーズン1の低迷状態を乗り越え、シーズン2で群弓編制(袁紹、呂布、華佗)に利用され、シーズン3でいよいよ最終進化を成し遂げたのです。「三勢陣」、「横戈躍馬」、「虎豹騎」という三つの戦法は、呂布を深淵から引っ張り出したと言えます。プレイヤーたちがやることは簡単です。「天下無双」と相性が最も良い戦法と専属武器を持たせれば、無双モードの始まりです!

属性分配

高ランクであれば張遼よりも速くなるように速度を調整し、残りは武力全振りしましょう。

郭嘉(十勝十敗+横戈躍馬+奇計良謀/鈍兵挫鋭)

呂布の専属サポーターと言っても過言ではありません。2ターン間の洞察効果は、全ての編制にとっての悪夢です。この期間、呂布は最大9回の攻撃を出せます。更に50%以上のダメージ軽減効果があり、「奇計良謀」も加えれば、呂布の天敵である諸葛亮(神算鬼謀)も、瞬殺はできなくなります。「鈍兵挫鋭」はいわば保険です。安定性が低いということは、呂布が背負うリスクが増えたということですので、兵法書で「九変」を選ぶ理由は、「速戦」が欲しいからです。速度を上げると、「奇計良謀」の効果が良くなります。この点にこだわらないのであれば、黄月英の兵法書と交換しても構いません。

属性分配

「奇計良謀」を持つ場合は速度に全振りします。そうでない場合はご自由にどうぞ。

黄月英(工神+三勢陣+虎豹騎/西涼鉄騎)

呂布にとってもう一人の専属サポーターです。先制攻撃のダメージ増加効果を持つ黄月英は、兵種適性があまり優れていませんが、呂布のサポーターとして最適です。前文でも述べた通り、兵法書「臨戦態勢」による15%のダメージ分担効果は、呂布にとって15%のダメージ軽減効果も同然です。そのため、シーズン1の時と違い、シーズン3の呂布は兵法書システムによって、様々なバフ効果を受けることができます。

属性分配

統率、知力。彼女はタンクとしての役割を果たせば十分です

五、質問コーナー&ワンポイントアドバイス

一騎当千/百騎劫営/鬼神霆威/勇猛果断という四つの戦法の選択について

兵種が「西涼鉄騎」の場合、「百騎劫営」+「鬼神霆威」のコンビが最適です。会心一撃が出たら、一撃必殺が日常茶飯事です。要注意:「鬼神霆威」は第三戦法の位置に置いてください。そうすることで「鬼神霆威」の二段目のダメージの発動確率が上昇します。そして兵種が「虎豹騎」の場合は、「一騎当千」+「百騎劫営」の方がより適切かと思います。主将突撃流の「西涼鉄騎」と違い、「虎豹騎」は突撃戦法の発動確率を増加させる効果があり、「一騎当千」と「百騎劫営」の安定性を高めることができます。「勇猛果断」は呂布にとって、生存能力を高める突撃戦法ですので、この編制にはお勧めできません。何故なら、この戦法は「西涼鉄騎」と「虎豹騎」との連携効果は、ほとんどないからです。

「西涼鉄騎」と「虎豹騎」の選択

「西涼鉄騎」は瞬時ダメージ能力が高く、低損失で複数の部隊を討ち破ることができます。「虎豹騎」は安定性が高く、40の武力と10%の確率アップ効果は、呂布にとって最適な効果と言えます。

それぞれの長所があるので、選ぶのは難しいですね。しかし断言できる場合もあります。低ランクなら「虎豹騎」、1兵力の特攻隊なら「西涼鉄騎」、高ランクならご自由にという点です。

「三勢陣」を他の部隊に持たせた場合、「三勢陣」なしでこの編制を組めるのか?

「三勢陣」は主将の呂布に16%の戦法発動確率増加効果を提供するので、「三勢陣」なしの場合、この編制の戦闘力は大幅に下がります。呂布のダメージ能力は確かに高いですが、安定性が無ければダメージを出すことすらできません。「三勢陣」なしのこの編制は、シーズン1の時の呂布編制と大差がなく、せいぜい生存時間が少し延びる程度です。というわけで、「三勢陣」が無い場合の呂布を用いた他の編制を考えてみましょう。

郭嘉/黄月英を持っていなくても組めるのか?

郭嘉は安定性、黄月英は先制攻撃とダメージ能力を提供します。黄月英がいない場合は、凌統で埋めることができますが、安定したダメージ増加が無くなってしまいます。郭嘉がいない場合は、洞察効果がないため、砕心や恐慌効果を受けないことを祈るしかありません。

この編制に天敵は存在しますか?もし遭遇したらどう対応すればいいですか?この編制が手こずるのは、以下の状況のみです。

(1)諸葛亮:中断効果が煩わしい!3ターンの間、「天下無双」を3回中断させるのが日常茶飯事です。

(2)司馬盾(司馬懿、曹操、華佗):前述べた通り、まったく打つ手がありません。運が良ければ3ターンが過ぎた後に一人倒せるかもしれません。

(3)「天下無双」がどうしても発動しない。運も実力の内ですので、この編制であれば仕方がありません。

(4)張遼:「鈍兵挫鋭」を持たせたあとは運任せ。「奇計良謀」を持たせれば心配はいりません。

(5)呂布:呂布を倒せるのは、呂布自身です。

呂布のランクは非常に重要です。ランクアップしなくても戦えますが、ランクアップすれば上限もそれなりに増えます。

兵法書の影響で、ランクアップ1回=2%の与ダメージ増加と2%の被ダメージ軽減という等式が成立します。そしてランクアップする度に属性値×10を獲得します。そのため、最大ランクの呂布は、ランクアップしていない呂布と10%の与ダメージ増加、10%の被ダメージ軽減、属性値×50という差ができてしまいます。

ちなみに、郭嘉と黄月英は勝負を左右する能力がないので、ランクアップしなくても大きな問題はありません。

## 呂布は藤甲兵に弱いというわけではない

単に藤甲兵の防御能力では、呂布の攻撃を防ぐことはできません。しかし藤甲兵を用いた司馬盾の「藤甲兵」+「鋒矢陣」+「暫避其鋒」で築き上げた鉄壁の防御(被ダメージ軽減が90%にも達する)に対して、呂布は最初の3ターンの間は、どうしようもできないのです。そして3ターンが過ぎると、呂布のダメージ能力は明らかに軽減してしまうのです。

六、戦況報告

戦歴1.png

結果1.png

戦歴2.png

結果2.png

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る