【三國志真戦】シーズン3陸遜呉弓:孫呉の強弩で敵の心臓を貫こう【三国志真戦】

記載されている情報は2021年11月30日までのものとなっています。情報が古い可能性があるため、ご注意ください。

三國志真戦(三国志真戦)における、「シーズン3陸遜呉弓:孫呉の強弩で敵の心臓を貫こう」です。当記事は、ゲーム内攻略記事の内容を移植した記事になります。

はじめに

この編制を組んだのは、手持ちの呉国武将が足りず、呉弓(孫権、孫尚香、太史慈)と大都督(周瑜、陸遜、魯粛)を組めないことから色々な編制方法を試した結果です。実戦してみると、この編制は甘寧を用いた呉弓と肩を並べるほどの強さがあり、特定の分野においては呉弓を上回っている場合もあります。更に、兵種戦法も必要ありません。一見弱そうな編制ですが、実はかなり強い戦力を持っています。

というわけで、シーズン3でこの編制を使いたい方は、ぜひ続きを読んでください。もしも、呉弓と大都督をお持ちの方は、一部の戦法が既に使われているはずなのでこの編制は組めないと思います。

編制

孫尚香、太史慈、陸遜.png

主将:孫尚香 天下大吉 強攻

副将:太史慈 射石飲羽 折衝禦侮

副将:陸遜 昏迷乱擾 風助火勢

兵法書

孫尚香

勝敵益強 常勝 武略(第三兵法書)

アタッカー武将、制御戦法の多い編制を除けば、「常勝」の方が効果が高いので、「虚実」は使わないことにしました。孫尚香の兵法書について、「死中求活」は「強攻」とかぶり失効してしまうのでお勧めできません。「勝敵益強」は回復効果、「常勝」は2ターン目のバフ効果を提供します。「武略」は通常攻撃のダメージを増加させることができ、しかも安定性が高いです。

太史慈

勝敵益強 分険 武略(第三兵法書)

太史慈の戦法は突撃戦法とは言え、ダメージを出せないので「一気呵成」の効果がなくなります。なので連撃効果を利用し、「勝敵益強」で回復を強化させたり、「分険」で防御を増加させたりした方がいいと思います。「武略」を用いたのも同じ理由で、「安定性」を求めるためです。

陸遜

大謀不謀 鬼謀 先制(第三兵法書)

陸遜の戦法は全てアクティブ戦法なので、「大謀不謀」で計略会心を獲得すると効果が高くなると思います。「先制」を用いたのは、先手で「昏迷乱擾」を使うためです。兵法書によると、この編制の戦力は大きく変わるので、自分なりのアイデアで組んでみてください。補足:「風助火勢」を持っていなければ、兵法書を「奇正剛柔」に、戦法を「兵無常勢」に変えてみてください。

属性分配

最大レベル時、孫尚香の速度を155にし、残りの属性は武力全振り。

最大レベル時、太史慈の速度を156にし、残りの属性は武力全振り。

陸遜は知力全振り。

孫尚香の属性を速度に振ると、ダメージ能力に影響を及ぼすのか?

影響はあまりありません。「弓腰姫」のバフ効果に兵法書「常勝」の防御無視効果があるので、ダメージ力を心配する必要はありません。太史慈の速度を150から160までにした方がコスパが良いです。これ以上速くしても、他の最大ランクの武将には勝てないので、孫尚香を上回る156にすればいいと思います。

この振り方のメリット

1.(大多数の)先制攻撃のない編制よりも速くなります。

2.相手が「白馬義従」と先手の「昏迷乱擾」を持っていない場合、この編制は確実に先手を取ることができます。

分析

孫尚香

安定性の高いアタッカー、「天下大吉」があるので「意気衝天」を恐れません。兵法書「常勝」を持っているため、2ターン目に一定の確率で連撃、倒戈、洞察、破陣という4つのバフ効果、そして武力を72獲得します。4つのバフ効果を2回発動した場合、「弓腰姫」は恐ろしいほどダメージを出せ、更に色々なバフ効果で戦力がいっそう増えます。

太史慈

変わらず呉国編制の核心武将であり、魏国の曹操や蜀国の諸葛亮のような、欠けてはいけない存在です。ここの太史慈は制御とサポーター担当で、安定した制御効果と防御低減効果を提供します。「折衝禦侮」で主将の孫尚香を守ることもできます。

陸遜

「昏迷乱擾」の属性バフ効果により属性が増加し、敵の防御を低減させる効果も加えるとダメージ能力が更に高まっていきます。また、自身の燃焼コンボと「風助火勢」を合わせると大量の計略ダメージと恐慌効果を提供できます。

Q&A

なぜ陸遜ではなく、孫尚香を主将にしたのか?

陸遜は既に「昏迷乱擾」によるバフ効果を持っているため、主将にするなどの余計な防御手段を取らなくてもいいと思います。逆に、「折衝禦侮」でアタッカーの孫尚香の方を守った方がいいかと思います。陸遜が主将の場合に獲得した僅かなダメージ増加は、捨てても構いません。

陸遜の燃焼コンボと連携するための味方は必要なのか?(陸遜用の)予備戦法はあるのか?

陸遜は自分一人で燃焼コンボを完成させることができます。遅いとは言え、燃焼ダメージを浪費することはまずありません。運が良ければ初ターン目に爆発する場合もありますが、通常は2ターン目に爆発します。

「刮目相待」は「昏迷乱擾」の下位互換で、兵種戦法「無當飛軍」を「風助火勢」に変えると安定性がより高くなるはずです。「白馬義従」も使えますが、効果が「無當飛軍」には及びません。何故なら、「無當飛軍」は属性バフ効果と3ターン持続の範囲攻撃ダメージがあるからです。

## 太史慈に折衝禦侮を持たせなくてもいいのか?

「射石飲羽」は防御低減と砕心効果があるので必須ですが、「折衝禦侮」もできるだけ用意してください。どうしても出せない場合は「兵無常勢」或いは「剣鋒破砕」を使ってください。ただし、こういう場合には兵法書も属性分配も変える必要があります。(速度を156にし、残りは知力全振り。兵法書は「蛮勇非勇」と「常勝」を用いて陸遜を主将にしましょう)

## 代わりになる武将はいるのか?

孫尚香の代わりに甘寧を使ってもいいですが、太史慈と陸遜は変更不可です。甘寧を用いる場合、「万矢斉射」と「落鳳」を持たせ、属性分配や兵法書は孫尚香と同じようにしてください。

「万矢斉射」は兵法書「常勝」と合わせると2ターン目に1万以上のダメージを出せる可能性があります。そして「避実撃虚」の発動確率は非常に高いため、諸葛亮にカウンターで返される確率が高いのでお勧めしません。「落鳳」はダメージが高く、砕心効果もあり、発動確率もちょうどよく、1回や2回発動するだけでも効果は十分高いので、「これしかない」って感じですね。

この編制において、甘寧は孫尚香より強い気がしますが、安定性は孫尚香の方が高いです。

長所、短所、天敵

長所

1、ダメージが安定しており、防御能力が高く、制御効果も多いです。

2、燃焼効果があり、藤甲に強いです。

3、ダメージタイプが多種多様で、封印を恐れません。

短所

戦法の要求が厳しいので、前文に言及した二つの編制の戦法を使ってしまいます。ここでもう一回言いますが、呉弓と大都督を組める方々はこの編制を組む必要はありません。

天敵

1、陥陣盾:兵刃ダメージと燃焼効果があまり効かず、兵種も不利なのでかなり手ごわい相手です。

2、呉弓:完成された呉弓を相手にした時の勝率は50%で、基本的には制御効果を受けた方の負けです。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 今サーバ120の江東小覇王って同盟にいます 人手不足になってしまったので 一緒にしませんか?
      州は江東でお願いします
      初心者でも1から丁寧に教えます
      盟主までメッセージください

    • 戦法5。
      武将7枚、戦法5枚を載せました。よろしくお願い致します

    権利表記

    トップへ戻る