【三國志真戦】【事件戦法】シーズン3の新しい事件戦法「三勢陣」:豪傑が集い、陣営の壁を破る【三国志真戦】

三國志真戦(三国志真戦)における、「シーズン3の新しい事件戦法「三勢陣」:豪傑が集い、陣営の壁を破る」です。当記事は、ゲーム内攻略記事の内容を移植した記事になります。

※当記事は、ゲーム内攻略記事の内容を移植した記事になります。

三勢陣

董卓が天地を欺き、国を裏切り、主君を殺しました。朝廷の掟を破り、農民に害をなし、暴政を敷き、罪悪は滔天の勢いです。曹操の矯詔が発表されると、諸侯たちは続々と兵を起こしました。

後漢末期、董卓が権力を握り、暴政を敷き、農民を苦しめました。曹操は諸侯たちを呼び寄せ、反董卓連合を結びました。董卓の結末や、諸侯たちの動機などはともかく、後漢末期という時代に、諸侯たちが手を組んで同じ敵を討伐すること自体が珍しいことです。「三勢陣」も連合軍のように、「豪傑の集い」を具現化した戦法でしょう。

戦法効果

味方三人の武将の陣営が異なる場合、最初の5ターンの間、主将のアクティブ戦法、突撃戦法の発動確率が8%増加します。行動する前に、兵力損失の多い副将の被ダメージを15%低減させ、もう一人の副将の与ダメージを12.5%増加させ、持続時間は1ターンです。

入手方法:事件戦法「反董卓軍」で交換

「三勢陣」の「三勢」は、「気勢(勢い)」、「地勢(地形)」、「因勢(成り行き)」であり、ゲーム内の「三勢陣」は各武将のポジショニングに着目し、武将の機能性を強調した戦法でしょう。

このゲームでは、陣営による属性ボーナスがあるので、編制を考える時に「陣営」という要素を最優先に考慮に入れるのが一般的でしたが、「三勢陣」はその掟を破り、異なる陣営の武将でも、肩を並べて戦うことができるようになります。戦闘中、主将が指揮者で、優位に立つ副将がもう一人の副将を援護するという「鉄の三角」に基づいて編制を考えれば、自分なりの「最強編制」に辿り着けると思います。

「三勢陣」の登場により、編制の多様性は高まり、陣営の制限がなくなります。この戦法の面白さは、シーズン3が開始された後に是非ご自分で試してみてください!

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最新情報.png最新情報 編成.pngおすすめ編成 攻略ガイド.png攻略ガイド
武将一覧.png武将一覧 継承戦法.png継承戦法 掲示板.png掲示板

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[160]
      多くはないね。2ヶ月で3鯖統合するほど定着率が低い。
      勘違いした盟主様が後付けで勢力値制限したり戦争参加必須のような無茶なことを要求して人が消えてく。

    • サーバーs109 同盟名 巴蜀の黒猫(はしょくのくろねこ)
      初心者歓迎、ぜひ参加ください 方針はリアル優先です

    権利表記

    トップへ戻る