【三國志真戦】乱世覇業の幕が再び開く。「三勢陣」の徹底解説【三国志真戦】

三國志真戦(三国志真戦)における、「乱世覇業の幕が再び開く。「三勢陣」の徹底解説」です。当記事は、ゲーム内攻略記事の内容を移植した記事になります。

※当記事は、ゲーム内攻略記事の内容を移植した記事になります。

歴史背景

中平6年(189年)、董卓は何進の命令に応じて洛陽に軍を進め、少帝を廃して陳留王を皇帝とし、朝廷の権力を握りました。翌年、関東諸侯が袁紹を盟主に据えて連合軍を結成し、董卓の討伐を開始しました。

「董卓の乱」は僅か4年ほどですが、後漢の政局に大きな影響を与えました。この僅かな期間に各地の諸侯たちが連携して同じ敵を討伐することは非常に珍しいことです。「三勢陣」も連合軍のように、「群雄の集い」を具現化した戦法でしょう。

戦法について

簡単に言えば、「三勢陣」は最初の5ターンの間、自軍主将のアクティブ戦法と突撃戦法の発動確率を増加させ、兵力の最も低い副将の受けたダメージを低減させて、もう一人の副将の与ダメージを増加させます。次に「三勢陣」と既存の陣法との比較です。

「鋒矢陣」との比較

同じバフ効果を持つ「鋒矢陣」と比べると、「鋒矢陣」はワンアタッカーの編制と相性が良く、主将のダメージ能力を増加させ、副将のダメージ能力及び被ダメージを低減させる戦法です。それに対して「三勢陣」は主将にバフ効果を提供すると同時に、ダメージ能力を低減させる効果がありません。

そして戦法発動確率アップと副将への被ダメージ軽減と与ダメージ増加効果もあり、「鋒矢陣」よりも広い範囲をカバーすることができると思います。

「八門金鎖の陣」との比較

「八門金鎖の陣」は味方主将に先制攻撃効果を提供し、二人の敵のダメージを30%(知力の影響を受ける)低減させます。この陣法を高知力武将に持たせるとダメージ軽減効果は60%にも達しますが、持続時間は3ターンしかありません。そして、ダメージ軽減効果を劉備、曹操、郭嘉などのサポーター武将に与えた場合には効果が大幅に減ります。

一方、「三勢陣」は固有戦法発動確率アップ、与ダメージ増加、被ダメージ軽減という三つの効果があり、しかもそれぞれの効果の対象は指定可能です。被ダメージ軽減効果は「八門金鎖の陣」に及びませんが、総合的な効果は「八門金鎖の陣」よりはるかに上回っていると思います。

そのため、「三勢陣」は「白馬義従」、「鋒矢陣」、「暫避其鋒」を足して3で割った結果だと思ってもいいでしょう。「三勢陣」を入手するためのコストは高いですが、それなりの強さを持っています。

適用可能な編制

「三勢陣」は全面的なバフ効果を持っているため、ダブルアタッカー、またはトリブルアタッカーの編制に相応しいでしょう。陣営制限はないので、武将を選ぶ時は固有戦法が強く、各陣営の人気編制以外の武将を選ぶとよいと思います。お勧めの武将を紹介します。

呂布

一騎討ちを発動する時の呂布は紛れもなく最強武将ですが、そうでない場合は並みの戦力しかありませんので、呂布は固有戦法に極端に頼ることは確実です。そのため、「三勢陣」のバフを得た呂布の戦力は恐ろしいのです。

関羽

戦力は確率の影響により変動します。蜀の武将は安定性を求め、いくつかの有力な編制に用いられているため、関羽は蜀国の武将として取り残されています。

黄忠

戦法発動確率が低いゆえに、蜀の有力編制に入れ難いのですが、シーズン3の「三勢陣」と「錦帆軍」があれば現状を打破できるかもしれません。

推奨編制

ダブルアタッカー編制その一

主将:関羽 千軍一掃+破陣砕堅
副将:程昱 白眉+燎原之火
副将:祝融 三勢陣+象兵

「三勢陣」により、関羽の固有戦法発動確率が大幅に増加し、その戦力も上がるはずです。程昱は確定ダメージと火攻を提供するため、藤甲編制と戦う時は優位に立てます。そして祝融は治療効果を提供し、更に「三勢陣」の被ダメージ軽減と象兵のダメージ遅延効果が加わり、この編制はダメージ、制御、持久戦などの分野において、特に短所と言える短所がありません。

ダブルアタッカー編制その二

主将:呂布 一騎当千+暴戻恣睢
副将:甘寧 騎虎之勢+落鳳
副将:郭嘉 三勢陣+刮骨療毒

郭嘉は最初の2ターンの間、呂布を守ることができます。「騎虎之勢」が呂布の一騎討と合わせて安定且つ高いダメージを出し、「落鳳」が制御効果を提供します。ダメージは呂布に任せきりですが、郭嘉がいるので安定性は高いです。

トリブルアタッカー編制

主将:呂布 一騎当千+暴戻恣睢
副将:甘寧 万矢斉射+錦帆軍
副将:夏侯淵 強攻+三勢陣

この三人は兵刃ダメージ武将で、「錦帆軍」と合わせることで高いダメージと吸血効果を出すことができます。なにより「三勢陣」で強化された呂布はもちろん強いうえ、甘寧と夏侯淵の生存能力も高くなります。この編制の攻撃力は高いですが、制御効果がないということが欠点でもあります。

まとめ

「三勢陣」の特徴は、「陣営」という制限を破り、より多くの可能性をもたらすということです。「三勢陣」は現状最も全面的な効果を持つ陣法であり、他にも使い方があるはずですので、筆者も全てのプレイヤーを驚かせるほどのアイデアが見たいですね。

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最新情報.png最新情報 編成.pngおすすめ編成 攻略ガイド.png攻略ガイド
武将一覧.png武将一覧 継承戦法.png継承戦法 掲示板.png掲示板

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[160]
      多くはないね。2ヶ月で3鯖統合するほど定着率が低い。
      勘違いした盟主様が後付けで勢力値制限したり戦争参加必須のような無茶なことを要求して人が消えてく。

    • サーバーs107 同盟名 完全無欠 盟主 さむら まだ盟主一人しかいません。ぜひ参加していただけると嬉しいです。初心者大歓迎です。

    権利表記

    トップへ戻る