【三國志真戦】戦法解説丨突撃攻城、横行跋扈:「タンク兵種」象兵【三国志真戦】

三國志真戦(三国志真戦)における、「戦法解説丨突撃攻城、横行跋扈:「タンク兵種」象兵」です。当記事は、ゲーム内攻略記事の内容を移植した記事になります。

※当記事は、ゲーム内攻略記事の内容を移植した記事になります。

象兵は、訓練を積んだ象を操る特殊兵種であり、数百の象兵が一斉に突撃すると、ものすごい勢いがあります。

では、シーズン3で登場する騎兵兵種「象兵」は、いったいどれほどの強さを持っているのでしょうか?騎兵の顔となれるのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

戦法紹介

入手方法:シーズン3武将、木鹿大王の継承戦法です。
戦法ポジショニング:極めて高い生存能力を持つと同時に、ある程度のダメージ能力を有する騎兵兵種です。

徹底解説

攻城値と行軍速度

基礎攻城値が増加し、行軍速度が低下するという効果は、象兵の特徴です。その特徴により移動速度が遅く、騎兵舎の技術を最大レベルにしても、普通の兵種と同じぐらいの移動速度しか持てません。長距離の戦闘や軍道整備部隊としての活用は難しいと思います。

そのため攻城値を利用し、攻城戦や追いつ追われつの接戦で活躍させるのが良いかもしれません。(補足:象兵の攻城値は城を攻撃する時にあまり役立ちませんが、櫓や幕舎などの建築を取り壊す時は非常に使いやすいです)

生存能力

この兵種は50%のダメージ計算を遅延させ、そのダメージを20%軽減させる効果(つまり全ダメージの10%を軽減させる)があり、異民族がいる場合は軽減効果が更に増加します。しかしこの程度のダメージ軽減は、「極めて高い」とは言えません。

実は、ダメージ遅延効果こそ、最も重要な点です。8ターンの戦闘において、6ターン目は16.7%のダメージが計算されなくなり、7ターン目なら33%、8ターン目なら50%です。

つまり、象兵部隊は6ターン目から、ターン毎に16.7%、33%、50%のダメージ軽減効果を獲得するということです。この点から見ると、象兵は最後の4ターン間にダメージを出す編制に強いということが分かります。

ダメージ能力

象兵の範囲攻撃ダメージは燃焼効果が必要ですが、同時に自身に混乱状態をもたらしてしまいます。そのように考えると、象兵は燃焼効果を持つ部隊を恐れているはずですが、そうとも言い切れないのです。

燃焼状態の象兵は「範囲攻撃」と「混乱」効果を獲得しますが、シーズン3では混乱効果は必ずしもデバフ状態とは言えません。

騎兵適性Sレベルの賈詡は、混乱効果を利用することができます。そのため、普通の象兵部隊であれば燃焼効果に弱いのですが、賈詡を入れた象兵部隊は真逆になるのです。

戦法効果及び組合せ

象兵のような特殊なダメージ軽減効果を有する兵種は、他のダメージ軽減効果や治療効果、ないしは瞬時ダメージ戦法と合わせれば、必ず結果を出すはずです。
ここで二つの構想を紹介しましょう

1.象兵+複数目標のダメージ軽減+高頻度の治療

この編制では、象兵は非常に高い防御能力を有し、拠点守備戦などにおいて、一つの部隊で複数の敵部隊を食い止めることができるかもしれません。

2.象兵+瞬時ダメージ

戦闘時間が短いほど、象兵が回避するダメージ量も多くなります。

複数目標のダメージ軽減戦法は以下の通りです。
Sレベル:八門金鎖の陣、三勢陣、奇計良謀など。
Aレベル:御敵屏障、謙譲など。高頻度の治療能力を有する武将:劉備、祝融、華佗、左慈。戦法:刮骨療毒、杯中蛇影、座守孤城、整装待発など。

瞬時ダメージ系は張遼、呂布を核心武将とし、サポート戦法と先制攻撃戦法を加えて3ターン内に戦闘を終了させることを目指しましょう。更に象兵を加えれば、高いダメージ軽減効果を有するも同然です。

推奨編制

シーズン3が始まったばかりなので、今回は二つの編制しか紹介できませんでしたが、象兵を用いた編制は色々ありますので、今後はもっとすごい編制が登場すると信じています。

陣営混合S騎兵

主将:賈詡 偽書疑心 八門金鎖の陣
副将:趙雲 破陣砕堅+万夫不当
副将:華佗 象兵+三勢陣

分析

「三勢陣」は最初の5ターンにおいて、賈詡の固有戦法の発動確率を81%まで増加させます。趙雲の防御能力は華佗より高いので、「三勢陣」の与ダメージ増加は趙雲に、被ダメージ軽減は華佗に発効するはず。「八門金鎖の陣」+「青嚢」+「象兵」のコンビは、持久戦能力を提供します。趙雲は洞察効果があり、華佗はダメージを出せないので、賈詡の「神機莫測」による弱体効果を最低限まで抑えることができます。この編制は槍兵以外の全ての編制に対して、戦う力があります。

主将突撃象兵

主将:張遼 暗蔵玄機+鬼神霆威
副将:凌統 兵鋒+暴戻恣睢
副将:郭嘉 象兵+横戈躍馬

分析

典型的な兵刃ダメージ編制です。象兵のダメージ能力は西涼鉄騎には及びませんが、安定性は高いので、3ターンが過ぎても張遼の兵力を温存できます。

シーズン1では、槍兵の強さは誰もが認めますし、シーズン2では盾兵と弓兵が頭角を現したことで、槍兵と「天下三分」の局面を作りました。そしてシーズン3では、象兵の登場により、騎兵の地位もきっと上がることでしょう。

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最新情報.png最新情報 編成.pngおすすめ編成 攻略ガイド.png攻略ガイド
武将一覧.png武将一覧 継承戦法.png継承戦法 掲示板.png掲示板

    攻略メニュー

    新着コメント

    • ログアウトを解除する方法を教えてください。

    • サーバーS107 同盟名 幻想秘封録 盟主 ヒマジン
      同盟メンバー募集中です! 今のところ盟主の私以外メンバーがいません( ;∀;) まだ同盟に加入していない方は良ければ申請してください♪︎初心者の方も歓迎

    権利表記

    トップへ戻る