【三國志真戦】放浪軍になる前にやっておくべき準備|できなくなる建築【三国志真戦】

【シーズン2攻略記事はこちら!】
S2序盤攻略
S2土地難易度一覧
S2おすすめガチャ
S2おすすめ編成

三國志真戦(三国志真戦)において、放浪軍になる前にやっておくべき準備を解説した記事です。放浪軍になったらできなくなる建築も合わせて記載しているため、放浪軍になろうとしている方はぜひ参考にしてください。

放浪軍になる前にやっておくべき準備

チェックマーク資源関連の内政施設をほとんどレベルMaxにしておく
チェックマーク軍事施設はほとんどレベルMaxにしておく
チェックマーク督戦壇のレベルを上げておく
チェックマーク予備軍・資源を満タンまで貯めておく

資源関連の内政施設をほとんどレベルMaxにしておく

資源関連の内政施設をほとんどレベルMaxにしておく

放浪軍になると土地から資源を獲得することはできなくなりますが、主城内の内政施設からは唯一資源を自動で獲得できます。資源が枯渇するリスクを減らすために優先的にレベルを上げておきましょう。

また余裕があれば倉庫民家のレベルも上げておくのがオススメです。

軍事施設はほとんどレベルMaxにしておく

軍事施設はほとんどレベルMaxにしておく

放浪軍になると基本的には常に敵プレイヤーと戦うことになります。少しでも勝率を上げるために軍事施設は優先的にレベルを上げておきましょう。特に「軍営」「兵戦」は確実にレベルMaxにしておく必要があります。

使わない軍事施設はレベルを上げなくてOK

使わない軍事施設はレベルを上げなくてOK
軍事施設の中でも「協力」「兵舎」は必要に応じてレベルを上げましょう。例えば自分が魏の部隊を使っていない場合、「協力-魏」のレベルは上げる必要がありません。

督戦壇のレベルを上げておく

督戦壇のレベルを上げておく
督戦壇は部隊の士気上限を上昇させることができる施設です。士気が高いほど戦闘では有利になるので最低でもレベル3までは上げておくようにしましょう。

士気についての解説

予備軍を満タンまで招集しておく

予備軍を満タンまで招集しておく

放浪軍になった直後から、周りにいる一般プレイヤーは全員敵になります。狙われてもすぐに戦えるように、予備軍を満タンまで招集してから放浪軍になるようにしましょう。

資源は満タンまで貯めておく

放浪軍になってからは常に資源管理が大事になってきます。挙兵する際に資源は80%分しか残りませんが上限を超えた資源も所有できるため、できるだけ資源を貯めた状態で挙兵するようにしましょう。

放浪軍になったらできなくなる建築

一部の建築施設が使えなくなる

使えなくなる建築施設まとめ
祭祀場祭祀場 建築舎建築舎
九宮図九宮図 八卦陣八卦陣

放浪軍になると一部の建築施設が使えなくなります。今後放浪軍になる予定がある方は、祭祀場・建築舎・九宮図・八卦陣のレベルは上げすぎないようにしましょう。

支城が建築できなくなる

支城が建築できなくなる

放浪軍になった場合、支城が建築できなくなります。それまでレベル上げをしてきた支城内の建築効果は全て消えてしまいます。放浪軍になる予定の方は支城の建築を強化しすぎない方がいいでしょう。

支城について解説|建築方法と活用方法

幕舎以外の築城施設が建築できなくなる

幕舎以外の築城施設が建築できなくなる

放浪軍になった場合、柵・櫓・上級施設(「造幣所」「工房」「武将幕舎」「倉庫」「楽府」)の築城施設の建築ができなくなります。また挙兵する前まで所有していた築城施設は挙兵後に全て破棄されるため、放浪軍になる予定の方は上級施設を強化しすぎない方がいいでしょう。

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最新情報.png最新情報 編成.pngおすすめ編成 攻略ガイド.png攻略ガイド
武将一覧.png武将一覧 継承戦法.png継承戦法 掲示板.png掲示板

放浪軍関連記事

放浪軍の解説.png放浪軍について解説
放浪軍の補給の解説.png補給(放浪軍商店)の解説 放浪軍になる前の準備.png放浪軍になる前にやるべき準備
掠地の解説.png掠地の解説 放浪軍の資源の稼ぎ方.png放浪軍の資源の稼ぎ方
放浪軍の挙兵・遷都.png放浪軍の遷都・挙兵の解説 放浪軍対策方法解説.png普通プレイヤーの放浪軍対策

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[148] ★2の武将を戦法継承したら良いんじゃないでしょうか?

    • サーバー90 西涼  同盟名は獅子奮迅です! 同盟主は子竜です
      最近出来たばかりの同盟なので、気軽に加入してください! アクティブな方なら誰でも歓迎します。 加入申請お待ちしております。

    権利表記

    トップへ戻る