【三國志 真戦】陳宮の評価と基本情報【三国志 真戦】

記載されている情報は2021年11月30日までのものとなっています。情報が古い可能性があるため、ご注意ください。

三國志真戦(三国志真戦)における、陳宮の性能と評価を掲載しています。陳宮の使い方も記載しているので、陳宮について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

陳宮の評価と基本情報

陳宮の基本情報

陳宮
ランキング Tier3
レア度 星5星5
コスト 4
陣営
タイプ

陳宮の兵種適性

騎兵 騎兵 盾兵 盾兵 弓兵 弓兵 槍兵 槍兵 兵器 兵器
A B S A A

陳宮の最大ステータス(属性)

※武将Lv.50時のステータスです。

武力 統率 知力 速度 政治 魅力
75.58 155.54 182.1 83.38 125.63 113.57

毎ターン安定したダメージを与えられる計略武将

陳宮は毎ターン70%の確率で敵単体に防御無視の140%ダメージを与える指揮戦法を持った非常に安定感の高い計略武将です。編成を防御よりにすることで兵損を防ぎつつ敵に一方的にダメージを与えることができます。コスト4と低いため、コスト上限が低い序盤でのLv.6~7の土地攻略で活躍するでしょう。

2体目は継承するのがオススメ

2体目の陳宮を引いた場合は継承するのがオススメです。陳宮の継承戦法は敵2人の知力と武力を低下させる強力な効果で、幅広いサポート武将に継承できます。継承戦法をすぐに使わない場合は、覚醒素材のために温存しておくのも良いでしょう。

どの兵種で使ってる?

騎兵 3
盾兵 1
弓兵 41
槍兵 1
兵器 1

陳宮の戦法

陳宮の戦法詳細

固有戦法名 百計多謀
タイプ 指揮
兵種適用 騎兵,盾兵,弓兵,槍兵,兵器
目標 敵軍単体
発動確率 100%
効果衝突
効果(最大値) 毎ターン70%の確率である敵軍単体に計略ダメージ(ダメージ率140%、知力の影響を受ける。防御無視)を与える

陳宮の継承戦法

継承戦法 智計智計

陳宮の継承おすすめ戦法

御敵屏障御敵屏障 無當飛軍無當飛軍 座守孤城座守孤城 妖術妖術
偃旗息鼓偃旗息鼓 神算鬼謀神算鬼謀 智計智計 昏迷乱擾昏迷乱擾

サポート系戦法を継承するのがオススメ

陳宮は固有戦法により毎ターン非常に安定したダメージを出すことができるため、サポート戦法で味方の補助と敵の妨害をするのがオススメです。編成に合わせて足りない部分を補うように戦法を継承してあげましょう。

陳宮のおすすめ編成

攻守ともに優れた群染め弓兵編成

主将 副将 副将
武将 袁紹袁紹 陳宮陳宮 朱儁朱儁
継承1 天降火雨天降火雨 昏迷乱擾昏迷乱擾 風声鶴唳風声鶴唳
継承2 虎豹上将虎豹上将 座守孤城座守孤城 挟勢弄権挟勢弄権

防御力が高く粘り強く戦える

袁紹と朱儁が攻撃役で陳宮がサポート役の編成です。入手しやすい武将が多く、編成コストも16と低いため序盤で活躍するでしょう。アクティブ戦法が多く砕心効果と諸葛亮に弱いため、戦う敵部隊を選ぶ必要があります。

どの部隊編成で使ってる?

袁紹+陳宮+朱儁 18
呂布+華佗+陳宮 8
袁紹+呂布+陳宮 56
その他編成(ぜひコメントで教えてください!) 22

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最強武将リンクバナー.png最強武将 最強編成リンクバナー.png最強編成
最強戦法リンクバナー.png最強戦法 初心者向け記事リンク.png初心者向け
ガチャリンクバナー.pngガチャ シーズンリンクバナー.pngシーズン情報一覧
最新情報リンクバナー.pngイベント・最新情報一覧 同盟情報リンクバナー.png同盟情報一覧
放浪軍リンクバナー.png放浪軍情報一覧 土地攻略リンクバナー.png土地攻略
コラムリンクバナー.pngコラム一覧 攻略ガイドリンクバナー.png攻略ガイド記事一覧
武将一覧リンクバナー.png武将一覧 戦法一覧リンクバナー.png継承戦法一覧
リセマラリンクバナー.pngリセマラについて 掲示板リンクバナー.png掲示板一覧

陣営別

呉武将呉武将 蜀武将蜀武将
魏武将魏武将 群武将群武将

稀少度(レア度)別

星5武将星5武将 星4武将星4武将 星3武将星3武将

三國志真戦プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


放置少女
DLなしで気軽にプレイできる美少女放置系RPGゲーム!ローディングも早い!

ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

コメント

2 名無しさん約9ヶ月前

統率と知力の数字逆です

1 名無しさん約9ヶ月前

呂玲綺+呂布+陳宮

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る