【三國志真戦】初心者期間(初心者状態)について解説【三国志真戦】

記載されている情報は2021年11月30日までのものとなっています。情報が古い可能性があるため、ご注意ください。

三國志真戦(三国志真戦)における初心者期間についての解説記事です。受けられる恩恵のまとめや活用の仕方についても掲載しているので、始めたばかりで初心者期間について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

初心者期間(初心者状態)について

ゲーム開始後48時間は様々な恩恵を受けられる

初心者保護.png

ゲーム開始後の48時間を初心者期間といい、その間にプレイヤーは様々な恩恵を受けることができます。初心者期間の間に攻略を進めることができれば、今後のゲームプレイを有利に進めることができるでしょう

初心者期間と非初心者期間の比較表

効果 初心者期間 非初心者期間
・行動で消耗する体力 8 15
・土地の占領所要時間 1分30秒 5分間
・武将の重症回復時間 5分 10分
・武将重症時の資源返還 資源60%返換 非返換
・武将兵力の解除時 兵力100%返還 資源80%返還
・初心者免戦保護 あり なし
・同盟再加入の待機時間 30分間 12時間
・戦法忘却で返還される戦法ポイント 100% 80%

初心者期間の恩恵解説

行動で消耗する体力が約半分になる

行動で消耗する体力が約半分になる.png
初心者期間において、行動で消耗する武将の体力は15から8になります。体力は行軍するときや掃討する時に毎回消費されるものなので、初心者期間中は普段の約2倍行動できるようになります。この間に占領掃討を積極的にしていきましょう。

土地の占領所要時間が大幅に短縮される

土地の占領所要時間が大幅に短縮される.png
土地は占領するために待機時間が必要となります。通常の場合、5分間待たなければ土地を占領できませんが、初心者期間中はなんと1分30秒で占領が完了するのでこの期間中に土地をどれだけ占領できるかが重要になってくるでしょう。

武将の重症状態の治りが2倍早くなる

武将の重症状態の治りが2倍早くなる.png
戦闘時に武将の兵力が0になってしまうと武将は重症状態になります。武将は重症状態の時に行動ができなくなりますが、初心者期間中は重症状態が10分から5分で治るようになっているので、この間に高レベルの土地をガンガン占領していきましょう。

武将重症時に資源が返還される

初心者期間中の戦闘時に武将が重症状態になった場合、資源が60%返還されます。この恩恵のおかげで高レベル土地攻略のリスクが下がるので、やはり初心者期間中にドンドン土地を占領していった方がいいでしょう。

武将を退陣させる時に兵力が全て返還される

武将を退陣させる時に通常の場合、資源の80%が返還されるようになっています。一方で、初心者状態の場合はなんと兵力の100%が返還されるようになっているので、徴収をする手間が省けます。初心者期間の間に様々な編成を試してみましょう。

他プレイヤーが自分の城を攻めてこれない

初心者期間では常に自身の城が免戦状態になるため、他プレイヤーが自身の城を攻めてこれないようになります。一方で、初心者期間中に他プレイヤーの城を攻めてしまうと初心者期間自体が即時終了してしまうので、注意してください。

同盟の再加入がしやすくなる

同盟は脱退してから再加入するのに待機時間が必要になります。通常の場合12時間の待機時間を要しますが、初心者期間では30分間で再加入ができるようになるため、同盟選びは初心者期間中に済ませておきましょう。

継承戦法の忘却で戦法ポイントが全て返還される

武将には戦法を自由に継承することができます。初心者期間中は継承した戦法を忘却する時、その戦法の強化に使用した戦法ポイントが全て返還されます。初心者期間中に様々な戦法を武将に継承して、強い組み合わせを探しておきましょう。

関連リンク

チュートリアル解説

州の解説州の解説 君主特性の解説君主特性について解説
初心者期間の解説初心者期間の解説 オススメ課金一覧おすすめ課金先優先度一覧
洛陽までの道のり洛陽までの道のり 名前の変更方法.png名前変更のやり方
用語一覧ゲーム内の用語一覧 -

武将の基本システム

武将の強化方法武将の強化方法 属性の解説武将ステータス(属性)の解説

戦法の基本システム

持参戦法と継承戦法持参戦法と継承戦法 戦法タイプの解説戦法タイプの解説
状態戦闘中の状態について解説 武将継承の基本武将継承の基本的な考え方

基礎知識

資源の入手方法資源の入手方法 銅貨の入手と用途銅貨の入手と用途
建築の解説建築の解説 優先建築と目標レベル優先建築と目標レベル
政策書の入手と用途政策書の入手と用途 部隊編成のやり方部隊編成の仕方

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る