【三國志真戦】毎日やるべきこと【三国志真戦】

三國志真戦(三国志真戦)における、毎日やるべきことについて解説した記事です。毎日やるべきことの優先度一覧や機能の解放方法も詳しく記載しているので、毎日やるべきことをまとめて知りたい方はぜひご覧ください。

三國志真戦(三国志真戦)における、毎日やるべきことについて解説した記事です。毎日やるべきことの優先度一覧や機能の解放方法も詳しく記載しているので、毎日やるべきことをまとめて知りたい方はぜひご覧ください。

毎日やるべきこと

毎日やるべきこと優先度一覧

優先度 毎日やるべきこと
★★★ ・12時間に1回無料で引ける名将ガチャ
探報で豪華報酬を獲得(君主殿Lv.8以上)
★★☆ 調馬で馬を獲得する(君主殿Lv.9以上)
・資源が溢れないように消費する
・政策書が溢れないように消費する
★☆☆ 賦税の無料徴収(君主殿Lv.4以上)
試練の攻略(任務6章達成で解放)

★★★|12時間に1回無料で引ける名将ガチャ

phonto 126.png
12時間に1回無料で名将ガチャを引くことができます。ガチャは自身の戦闘力に直接関わってくるので、ゲームにログインしたら必ず確認しましょう。

★★★|探報で豪華報酬を獲得(君主殿Lv.8以上)

IMG_7254 (1).png
君主殿をLv.8にすると解放される探報台を建築することで、探報をすることができるようになります。探報は1日回数限定で星5武将、レア度の高い鍛造の材料や宝物が入手できる可能性があるので、1日1回確実にやっておきましょう。

★★☆|調馬で乗騎を獲得する(君主殿Lv.9以上)

IMG_7255 (1).png
君主殿をLv.9にすると解放される調馬場を建築することで、調馬をすることができるようになります。調馬は銅貨/木材/糧食を消費して24時間待つと乗騎(武将の装備品)が獲得できる機能です。待機時間が24時間と長いので、資源に余裕があれば毎日調馬をしましょう。

★★☆|資源が溢れないように消費する

資源は備蓄上限が決まっており、上限を超えた分の資源は無駄になってしまいます。資源が溢れないように建築徴兵などで消費しましょう。

どうしても消費仕切れない時は貿易をしよう

IMG_7256 (1).png
政庁の貿易では資源を別の資源に変換することができるので、特定の資源だけが余ってしまう場合にオススメです。しかし、変換する際に資源量が半分に減少してしまうので、どうしても資源が消費しきれない時の最終手段にしましょう。

特定の資源が溢れそうな時にすること表

溢れそうな資源 すること
木材 調馬
鉄鉱 -
石材 建築
糧食 徴兵、調馬

★★☆|政策書が溢れないように消費する

政策書の使い道まとめ
・幕舎や支城を建てる築城
・資源を入手できる屯田
・賊軍の討伐で資源を入手

政策書は1時間で1個溜まるようになっているので、1日で24個消費しなければなりません。序盤は主に屯田、中盤以降は築城と討伐で消費するのがオススメです。

★☆☆|賦税の無料徴収(君主殿Lv.4以上)

IMG_7164 (1).png

君主殿をLv.4にすると解放される民家を建築することで、政庁の賦税で銅貨を徴収することができます。1日1回無料で銅貨を徴収できるので、忘れずに毎日徴収しましょう。

★☆☆|試練の攻略(任務6章達成で解放)

IMG_7249 (1).png
任務6章を達成すると解放される試練では、銅貨や資源、戦法ポイントなどが入手できます。1日7回まで報酬を獲得することができるので、忘れずに毎日挑戦しましょう。

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最新情報.png最新情報 編成.pngおすすめ編成 攻略ガイド.png攻略ガイド
武将一覧.png武将一覧 継承戦法.png継承戦法 掲示板.png掲示板

基礎システム

建築の解説建築の解説 試練の解説試練の解説
同盟にメリット同盟に入るメリット 政策書の入手と用途政策書の入手と用途
銅貨の入手と用途銅貨の入手と用途 州の解説州の解説
鍛造(装備作成方法) -

基礎知識

資源の入手方法資源の入手方法 武将の強化方法武将の強化方法
洛陽までの道のり洛陽までの道のり 戦法タイプの解説戦法タイプの解説
持参戦法と継承戦法持参戦法と継承戦法 武将カテゴリの解説武将カテゴリの解説
兵種適性と相性兵種適性と兵種相性 毎日やるべきこと毎日やるべきこと
初心者期間の解説初心者期間の解説 攻城のやり方解説攻城のやり方解説
優先建築と目標レベル優先建築と目標レベル 築城について解説築城について解説
戦闘中の状態について解説 -

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    権利表記

    トップへ戻る