【三國志 真戦】夏侯惇の評価と基本情報【三国志 真戦】

三國志真戦(三国志真戦)における、夏侯惇の性能と評価を掲載しています。夏侯惇の使い方も記載しているので、夏侯惇について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

夏侯惇の評価と基本情報

夏侯惇の基本情報

夏侯惇
ランキング Tier1
レア度 星5星5
コスト 6
陣営
タイプ

夏侯惇の兵種適性

騎兵 騎兵 盾兵 盾兵 弓兵 弓兵 槍兵 槍兵 兵器 兵器
S A C A B

夏侯惇の最大ステータス(属性)

※武将Lv.50時のステータスです。

武力 統率 知力 速度 政治 魅力
192.9 193.43 104.16 123.82 85.19 93.25

序盤から終盤にかけて安定して活躍する武将

夏侯惇は序盤の土地攻略において、一人編成で土地Lv.5まで攻略できる非常に優秀な性能の武将です。終盤においても挑発戦法を継承することで、部隊のアタッカーを守る役を担うことができます。高い武力と統率によって安定した活躍をすることができるでしょう。

2体目は継承に使うのがオススメ

2体目の夏侯惇を引いた場合は継承に使うのがオススメです。継承戦法の絶地反撃を夏侯惇自体につけることで、3人編成において最大限の活躍が期待できます。

どの兵種で使ってる?

騎兵 86
盾兵 2
弓兵 5
槍兵 5
兵器 2

夏侯惇の戦法

夏侯惇の戦法詳細

固有戦法名 剛毅不屈
タイプ パッシブ
兵種適用 騎兵,盾兵,弓兵,槍兵,兵器
目標 敵軍複数(2人)
発動確率 100%
効果衝突
効果(最大値) 統率を38増やす。さらに兵刃ダメージを受けた時、40%の確率で敵軍2人に兵刃ダメージ(ダメージ率84%)を与える

夏侯惇の継承戦法

継承戦法 絶地反撃絶地反撃

夏侯惇の継承おすすめ戦法

序盤の1人編成でのおすすめ戦法

自癒自癒 後発制人後発制人 合軍集衆合軍集衆 天下大吉天下大吉

序盤の1人編成において1番重要なことはどれだけ兵力消耗を抑えられるかです。自癒天下大吉などの回復戦法は必ず継承させ、武将が覚醒したら反撃戦法の後発制人でさらにダメージを出せるようにしましょう。

中盤以降の3人編成でのおすすめ戦法

挑発挑発 後発制人後発制人 絶地反撃絶地反撃 魅惑魅惑
合軍集衆合軍集衆 唇槍舌戦唇槍舌戦 - -

3人編成において夏侯惇は、味方を守る防御役や味方へのサポート効果を付与する役になることが多いです。一方で、夏侯惇の他にもサポート役の武将が編成されている場合は、後発制人絶地反撃などの攻撃戦法を継承して、ダメージを出せるようにするとバランスがよくなるでしょう。

夏侯惇のおすすめ編成

夏侯惇1人の序盤編成

主将 副将 副将
武将 夏侯惇夏侯惇 - -
継承1 自癒自癒 - -
継承2 後発制人後発制人 - -

夏侯惇1人で土地Lv.5までの攻略が可能!

夏侯惇は攻撃を受けると確率でカウンターをする強力な固有戦法を持っており、回復戦法と組み合わせると安定性も十分にあります。育てたい武将を兵力1で副将に編成して育成することもでき、序盤のコスパは最高効率です。

また、土地Lv.4からは回復無効や虚弱効果を付与してくる武将が増えるので、自癒を天下大吉に変更するのもオススメです。

曹操・夏侯惇・程昱の魏染め騎兵編成

主将 副将 副将
武将 曹操曹操 夏侯惇夏侯惇 程昱程昱
継承1 刮骨療毒刮骨療毒 挑発挑発 沈砂決水沈砂決水
継承2 御敵屏障御敵屏障 絶地反撃絶地反撃 白眉白眉

突撃戦法に強く、敵の回復戦法を無効化できる編成

曹操がサポート役で、夏侯惇が攻撃役兼防御役、程昱がの計略ダメージで敵の兵力を削っていく編成です。夏侯惇が挑発で通常攻撃を受けてくれるので、アタッカーの程昱を守りつつも固有戦法絶地反撃で高いダメージを出すことができます。

また、程昱の固有戦法が強く、計略ダメージだけでなく敵に回復無効状態を付与することができるので、長期戦になるほど有利です。曹操がサポートすることで粘り強い戦いができるでしょう。

どの部隊編成で使ってる?

曹操+夏侯惇+程昱 9
夏侯惇+程昱+楽進 23
程昱+夏侯惇+郭嘉or徐庶 17
夏侯惇のみ 25
その他編成(ぜひコメントで教えてください!) 104

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最新情報.png最新情報 編成.pngおすすめ編成 攻略ガイド.png攻略ガイド
武将一覧.png武将一覧 継承戦法.png継承戦法 掲示板.png掲示板

陣営別

呉武将呉武将 蜀武将蜀武将
魏武将魏武将 群武将群武将

稀少度(レア度)別

星5武将星5武将 星4武将星4武将 星3武将星3武将

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る