【三國志 真戦】甘寧の評価と基本情報【三国志 真戦】

三國志真戦(三国志真戦)における、甘寧の性能と評価を掲載しています。甘寧の使い方も記載しているので、甘寧について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

甘寧の評価と基本情報

甘寧の基本情報

甘寧
ランキング Tier1
レア度 星5星5
コスト 6
陣営
タイプ

甘寧の兵種適性

騎兵 騎兵 盾兵 盾兵 弓兵 弓兵 槍兵 槍兵 兵器 兵器
A A S S S

甘寧の最大ステータス(属性)

※武将Lv.50時のステータスです。

武力 統率 知力 速度 政治 魅力
221.4 169.93 98.05 132.27 39.56 92.3

兵種適性が高く会心率上昇が優秀な攻撃型武将

甘寧は兵種適性がA2つとS3つと全ての武将の中で1番高く、幅広く編成することができます。また、固有戦法の会心率/会心ダメージ上昇が強力で、安定して大きなダメージを与えられる優秀な攻撃型武将です。

2体目は継承するかランクアップに使おう

2体目の甘寧を引いた場合は継承するかランクアップに使いましょう。甘寧の継承戦法は確率で主将へ追加ダメージを出せる強力な効果を持っていますが、手起刀落で代用は可能です。甘寧を主力に使っていて、突撃戦法を今後使う予定がないのであればランクアップしてもいいでしょう。

どの兵種で使ってる?

騎兵 2
盾兵 5
弓兵 80
槍兵 57
兵器 5

甘寧の戦法

甘寧の戦法詳細

固有戦法名 錦帆百翎
タイプ パッシブ
兵種適用 騎兵,盾兵,弓兵,槍兵,兵器
目標 自身
発動確率 100%
効果衝突
効果(最大値) 会心(発動時、兵刃ダメージが100%上昇)発生率を50%増やし、会心ダメージを20%増やす。自身が主将の場合、友軍2人の会心発生率を5%増やし、会心ダメージを10%増やす

甘寧の継承戦法

継承戦法 百騎劫営百騎劫営

甘寧の継承おすすめ戦法

破陣砕堅破陣砕堅 不辱使命不辱使命 強攻強攻 勇壮飛燕勇壮飛燕
左右開弓左右開弓 万矢斉射万矢斉射 専横略奪専横略奪 奮突奮突

手数が多い兵刃戦法がオススメ

甘寧は固有戦法で会心率と会心ダメージを増やせます。攻撃の手数が多いほど会心が発生する確率が高くなるので、手数の多い兵刃ダメージを与える戦法を継承するのがオススメです。敵1体1体に会心の判定が出るので全体攻撃の戦法を継承するのもいいでしょう。

甘寧のおすすめ編成

作りやすい呉染め槍兵編成

主将 副将 副将
武将 孫策孫策 孫堅孫堅 甘寧甘寧
継承1 強攻強攻 自癒自癒 破陣砕堅破陣砕堅
継承2 射石飲羽射石飲羽 魅惑魅惑 避実撃虚避実撃虚

敵の兵刃ダメージに強くバランスの良い編成

孫堅と孫策がサポート役で、甘寧が攻撃役になっています。孫堅と孫策は玉碧チャージボーナスで入手できるため非常に作りやすい編成となっています。甘寧の固有戦法が強力で、調子がいい時は1人で約2万ダメージを稼げるほどアタッカーとしては優秀です。

一方で、計略型の部隊には弱いため、程昱諸葛亮周瑜入りの編成には気をつけましょう。

高い兵刃ダメージを与える弓兵編成

主将 副将 副将
武将 甘寧甘寧 太史慈太史慈 程普程普
継承1 破陣砕堅破陣砕堅 折衝禦侮折衝禦侮 千里馳援千里馳援
継承2 不辱使命不辱使命 射石飲羽射石飲羽 白馬義従白馬義従

序盤でどれだけダメージを与えられるかが重要

甘寧が攻撃役で太史慈と程普がサポート役の編成です。敵部隊の統率を大幅に下げ、甘寧の会心ダメージにより戦闘序盤から高い兵刃ダメージを与えられます。諸葛亮に強く出れるため、戦報を注意深く確認して戦う敵を選びましょう。

どの部隊編成で使ってる?

周瑜+黄蓋+甘寧 21
孫策+孫堅+甘寧 50
孫権+太史慈+甘寧 7
甘寧+太史慈+程普 17
その他編成(ぜひコメントで教えてください!) 71

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最新情報.png最新情報 編成.pngおすすめ編成 攻略ガイド.png攻略ガイド
武将一覧.png武将一覧 継承戦法.png継承戦法 掲示板.png掲示板

陣営別

呉武将呉武将 蜀武将蜀武将
魏武将魏武将 群武将群武将

稀少度(レア度)別

星5武将星5武将 星4武将星4武将 星3武将星3武将

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[160]
      多くはないね。2ヶ月で3鯖統合するほど定着率が低い。
      勘違いした盟主様が後付けで勢力値制限したり戦争参加必須のような無茶なことを要求して人が消えてく。

    • サーバーs107 同盟名 完全無欠 盟主 さむら まだ盟主一人しかいません。ぜひ参加していただけると嬉しいです。初心者大歓迎です。

    権利表記

    トップへ戻る