【三國志 真戦】呂布の評価と基本情報【三国志 真戦】

三國志真戦(三国志真戦)における、呂布の性能と評価を掲載しています。呂布の使い方も記載しているので、呂布について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

呂布の評価と基本情報

呂布の基本情報

呂布
ランキング Tier1
レア度 星5星5
コスト 7
陣営
タイプ

呂布の兵種適性

騎兵 騎兵 盾兵 盾兵 弓兵 弓兵 槍兵 槍兵 兵器 兵器
S B S A C

呂布の最大ステータス(属性)

※武将Lv.50時のステータスです。

武力 統率 知力 速度 政治 魅力
248.96 165.6 39.23 143.09 16.92 68.42

全武将の中でNo.1の武力を誇る攻撃型武将

呂布は全武将の中でNo.1の武力を持ち速度もかなり高いため、戦闘開始序盤からガンガン敵兵力を減らしていく攻撃型の武将です。どうしても兵力損失が多くなってしまうため序盤では活躍しづらいですが、強制的に一騎討ちにさせる固有戦法が対人戦や高レベル土地では活躍するでしょう。

2体目は継承かランクアップに使おう

2体目の呂布を引いた場合、継承かランクアップに使うことをオススメします。呂布の継承戦法は強力なため基本的には継承がいいですが、呂布を1軍としてメインで使っていく場合はランクアップに使ってさらに武力を伸ばす選択肢もあります。

どの兵種で使ってる?

騎兵 118
盾兵 2
弓兵 88
槍兵 0
兵器 4

呂布の戦法

呂布の戦法詳細

固有戦法名 天下無双
タイプ アクティブ
兵種適用 騎兵,盾兵,弓兵,槍兵,兵器
目標 敵軍単体
発動確率 35%
効果衝突
効果(最大値) 敵軍単体と一騎討ちを発生させる。一騎討ちは双方が交互に通常攻撃を3回行う。行動順は自身が先となる。一騎討ちの間、双方は封印状態(通常攻撃不能)および恐慌状態(行動不能)の影響を受けず、範囲攻撃(目標と同部隊の他の武将にもダメージを与える)と突撃戦法を発動できる。自身が主将の場合、一騎討ち後に被兵刃ダメージを7%(武力の影響を受ける)減らす。2ターン持続する

呂布の継承戦法

継承戦法 一騎当千一騎当千

呂布の継承おすすめ戦法

手起刀落手起刀落 一騎当千一騎当千 射石飲羽射石飲羽 百騎劫営百騎劫営
矢志不移矢志不移 絶地反撃絶地反撃 強攻強攻 -

突撃戦法を2つ継承するのがおすすめ

呂布は固有戦法発動時に追加で3回の通常攻撃ができるので、突撃戦法を継承するのがオススメです。武力が高いので基本的には兵刃ダメージを与える突撃戦法を選ぶのが良いでしょう。

呂布のおすすめ編成

高い統率で兵刃ダメージに強い!群染め弓編成

主将 副将 副将
武将 袁紹袁紹 華佗華佗 呂布呂布
継承1 天降火雨天降火雨 御敵屏障御敵屏障 手起刀落手起刀落
継承2 万矢斉射万矢斉射 座守孤城座守孤城 一騎当千一騎当千

被ダメ軽減・統率上昇・回復と安定感の高い編成

華佗が回復役を担い、呂布と袁紹で攻撃する編成です。特に袁紹の固有戦法が優秀で、敵の統率を削りつつ自軍の統率を上昇させ、さらに計略ダメージを与えることができます。呂布が固有戦法で一騎討ちを発動しても、統率が高いため一方的にダメージを与えることができます。

砕心状態には弱いですが、劣勢でも呂布の単体への突破力で、主将だけを狙い撃ちにすれば勝負に勝てる可能性も秘めた強力な編成です。

どの部隊編成で使ってる?

袁紹+呂布+華佗or公孫瓚 52
呂布+華佗+夏侯淵 20
呂布+華雄+李儒 34
呂布+左慈 30
呂布+祝融 27
その他編成(ぜひコメントで教えてください!) 200

関連リンク

トップページへ戻る.png三国志真戦攻略wikiトップページに戻る
最新情報.png最新情報 編成.pngおすすめ編成 攻略ガイド.png攻略ガイド
武将一覧.png武将一覧 継承戦法.png継承戦法 掲示板.png掲示板

陣営別

呉武将呉武将 蜀武将蜀武将
魏武将魏武将 群武将群武将

稀少度(レア度)別

星5武将星5武将 星4武将星4武将 星3武将星3武将

コメント

8 名無しさん3時間前

呂布は2体目から本番 戦法は 呂布継承 呂布事件

7 名無しさん6日前

曹純 呂布 華佗 騎馬兵で、呂布の突撃戦法が炸裂しやすくなるやべーPT。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[160]
      多くはないね。2ヶ月で3鯖統合するほど定着率が低い。
      勘違いした盟主様が後付けで勢力値制限したり戦争参加必須のような無茶なことを要求して人が消えてく。

    • サーバーs107 同盟名 完全無欠 盟主 さむら まだ盟主一人しかいません。ぜひ参加していただけると嬉しいです。初心者大歓迎です。

    権利表記

    トップへ戻る