【RANBU】大討伐戦「トウ頓」の攻略とおすすめ武将

【新SR武将の情報はこちら】
▶︎『何皇后』の評価と使い方
▶︎『荀イク』の評価と使い方
【Game8攻略班のTwitterを開設!】
▶︎RANBU 三国志乱舞攻略@Game8

『RANBU 三国志乱舞』における大討伐戦「トウ頓(とうとん)」の攻略情報を掲載しています。トウ頓攻略における注意点やおすすめの武将について知りたい方は、ぜひご覧ください!

大討伐戦「トウ頓」の概要

「トウ頓」の基本情報と注意点

とうとん
相性の良い兵科
相性の悪い兵科
耐性 状態異常無効
注意すべきこと ・通常攻撃が奥義扱いで一部の奥義を発動できない
・攻撃が全て範囲攻撃で耐久力の低い武将はすぐに力尽きる
・ワープや突進で移動するため、機動力の低い武将は移動に時間が取られダメージを稼げない
【耐久力と移動速度と火力の3つを重視】

大討伐戦「トウ頓」の攻略情報

「トウ頓」は常に範囲攻撃を行うため耐久力が重要

トウ頓
「トウ頓」の攻撃は常に範囲攻撃で、味方の武将全員ににダメージを与えてきます。火力が高くても耐久力の低い弓兵や投石機はすぐに力尽きてダメージを稼げないため、トウ頓との戦闘に向いていません。制限時間の3分間ギリギリまで戦える耐久力を持っている衝車や兵科相性の良い騎兵の編成がおすすめです。

撤退までの時間を稼げるヒーラーの編成は必須

武将が撤退するまでの時間を伸ばせれば、与えるダメージの量も増えるためヒーラーの編成は必須です。耐久力が高く回復もこなせる「貂蝉」や回復と同時に防御バフもおこなえる「魯粛」はヒーラーの中でも大討伐戦におすすめの武将と言えます。

「トウ頓」の機動力に追いつける武将もおすすめ

IMG_7222_2.png
「トウ頓」は戦闘中にワープや突進攻撃を行ない部隊から遠ざかるため、トウ頓に攻撃が届く距離まで移動するのにかなりの時間を取られます。移動速度の早い騎兵兵科かつ、突進攻撃を持っている武将や移動速度を上昇させる「曹操」の編成がおすすめです。

▼突進攻撃を行えるSR武将
華雄の画像華雄 呂布の画像呂布 馬超の画像馬超 張遼の画像張遼

ダメージを最も稼げるのは張飛

張飛
「トウ頓」は高い兵力を持っているため、敵の残り兵力に対する割合ダメージを与える「張飛」が最もダメージを稼げる武将です。兵科相性の悪い歩兵のため、通常攻撃でダメージは稼げませんが1回の戦闘で究極奥義を2~3回発動するだけで30万以上のダメージを稼げます。
▶︎張飛の評価はこちら

大討伐戦「トウ頓」攻略のおすすめ部隊(パーティ)

「張飛」耐久型部隊

後列 中列 前列
- 曹操の画像曹操 袁術の画像袁術
- 魯粛の画像魯粛 張飛の画像張飛(大将枠)
- - 貂蝉の画像貂蝉
▼おすすめ宝石
耐久力を上げる「活力」「守護」「抵抗」がおすすめ

「トウ頓」のレベルが上がり「張飛」以外の武将でダメージを稼げなくなった際のおすすめ編成です。張飛の究極奥義発動を最優先に考え、張飛が制限時間ギリギリまで生存できるように他の武将は補助に徹しましょう。

トウ頓がワープした際は「曹操」の究極奥義を発動し、いち早くトウ頓に接近することも重要です。

RANBU 三国志乱舞の関連リンク

この記事に関連する記事

戦闘知識

戦闘の基礎知識.png▶︎戦闘の基礎知識

お役立ち記事

00お役立ち影付き.png▶︎お役立ち記事一覧

ランキング

最強ランキング (1).png▶︎最強武将ランキング リセマラ当たりランキング.png▶︎リセマラランキング

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「大討伐戦「トウ頓」の攻略とおすすめ武将」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 下のURLにあめぞうの情報がありますのでそれを見て知ってください
      あめぞうさんという方のためにもどうかお願いします
      http://resistance333.web.fc2.com/newpage1.htm
      http://tiyu.to/1ch_08.html
      ↓私の掲示板です
      https://9207.teacup.com/aaaa/bbs
      https://jbbs.shitaraba.net/internet/25518/

    • 有限会社黒獅子会
      誰でも構いませんよー

    権利表記

    トップへ戻る