【RANBU】董卓の評価と使い方

現在こちらのページは更新を停止しています。情報が古い場合があるのでご注意ください。

『RANBU三国志乱舞』における董卓の性能と評価をまとめた記事です。董卓の効果的な使い方、ステータスや奥義などの基本情報も掲載しています。

董卓の評価

董卓のバナー画像
総合評価 7.0/10
▶︎最強ランキング
特徴 特殊(投石機).png 投石機のアタッカー

高威力の究極奥義で兵科相性を気にせず戦える

董卓はトップクラスの攻撃力から繰り出される究極奥義「暴虐非道」によって、兵科相性を気にせずどんな武将に大ダメージを与えることができます。

究極奥義の範囲は広く、追加効果で全攻撃力を20%上昇させるため殲滅力はトップクラスです。

他のアタッカーを抜いて編成する強みは少ない

董卓の究極奥義の威力は間違いなくトップクラスです。しかしながら、同じダメージ倍率で気絶効果を付与できる、諸葛孔明や韓玄、董卓よりもダメージを稼げる陸遜や孫尚香がいるため、董卓が活躍する場面は少ないと言えます。また、攻撃速度が低く攻撃(毎秒)を宝石で上げにくいのも難点です。

董卓の使い方

大将奥義「特殊兵科の兵力増加」を有効活用しよう!

董卓の大将奥義「特殊兵科の兵力増加」は、自動戦闘と相性の良い特殊兵科の兵力を底上げでき、撤退のリスクを下げるのに役立ちます。特殊兵科で統一した部隊を編成する際は、董卓を大将枠に編成しましょう。

董卓と相性の良い武将

攻撃(毎秒)を上げられる曹操がおすすめ

曹操の画像曹操 究極奥義で攻撃速度と移動速度を増加
・味方の火力を1.5倍以上にできる
・攻撃(毎秒)と耐久力がそこそこ高い

董卓は、究極奥義発動時に攻撃力が1.2倍となりますが、攻撃速度が低く、攻撃速度が低く攻撃(毎秒)自体は上がりにくいです。攻撃速度増加の究極奥義を持つ『曹操』などで攻撃速度を上げ、攻撃(毎秒)の増加量を増やしましょう。

董卓におすすめの宝石

攻撃速度と攻撃力を上げる宝石がおすすめ

石英の宝石 [石英]猛攻の宝石x4
同種効果で攻撃速度、主性能で攻撃力を増加
紅玉の宝石 [紅玉]猛攻の宝石x2
同種効果と主性能で攻撃力を増加

董卓の究極奥義は、攻撃力に依存してダメージを与えるため、攻撃力増加の宝石を装備してダメージ量を底上げしましょう。また、攻撃速度増加の同種効果を持つ『石英の宝石』を装備することで、攻撃(毎秒)の増加量を上げられます。
▶︎宝石の詳しい解説はこちら

董卓の詳細情報

ステータス

「董卓」(とうたく) のステータス(Lv.1)
董卓
攻撃(毎秒) 1,389
特殊攻撃 5,023
防御 420
特殊防御 821
兵力(HP) 16,761
移動速度 4.5
攻撃速度 0.25
初期レア SR 兵科 特殊(投石機).png特殊(投石機)
★ステータスの傾向
トップクラスの特殊攻撃力と比較的高い攻撃(毎秒)
耐久性能はほぼないため、肉弾戦は禁物

「董卓」(とうたく) のステータス(LE★5、Lv.60)
董卓
攻撃(毎秒) 7,388
特殊攻撃 26,056
防御 2,537
特殊防御 4,874
兵力(HP) 86,892

配置適性

董卓の配置適性

奥義

奥義

(自動)範囲損害(特殊)(Lv.1)
(自動)範囲損害(特殊)
同じ敵に4回攻撃すると、自身の周囲に自身の特殊攻撃力の180%分の損害を与える(効果範囲:特大/1回発動/クールタイム:0.0秒)

究極奥義

暴虐非道(Lv.1)
暴虐非道
20秒間、自身の全攻撃力を20%増加し、選択範囲内の敵に自身の攻撃力の180%分の損害を与える(効果範囲:大)
奥義P:5   

大将奥義

特殊兵科の兵力増加(Lv.1)
特殊兵科の兵力増加
特殊兵科の兵力を10%増加させる

特殊兵科の兵力増加(Lv.5)
特殊兵科の兵力増加
特殊兵科の兵力を10.8%増加させる

RANBU三国志乱舞の関連リンク

全武将一覧

00武将データベース.png
▶︎全武将一覧に戻る

ランキング

最強ランキング (1).png
最強武将ランキング
リセマラランキング.png
リセマラランキング

初期レア度別武将一覧

SR武将SR武将 R武将R武将 N武将N武将

兵科別武将一覧

歩兵兵科アイコン.png歩兵兵科 騎兵兵科騎兵兵科 弓兵兵科弓兵兵科 特殊兵科特殊兵科

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    攻略メニュー

    新着コメント

    • だらだらと続けます、しかし終了とは残念

    • ギルド名: NoTalk
      まだ出来立てのギルドです。
      基本無言。コツコツやりたい人は誰でもどうぞ^^

    権利表記

    トップへ戻る