Image

戦乱のサムライキングダム(サムキン)攻略記事

【戦乱のサムライキングダム】『合戦』における役割について

戦乱のサムライキングダムで、合戦における役割についてを解説していきます。

合戦は「前衛」と「後衛」の2タイプの役割に分かれて戦います。役割によって、立ち回りが大きく異なります。
相手より戦闘力が下だったとしても、立ち回りがしっかりしていれば戦況を有利にすることができます。自分の役割を決めて、勝利を目指しましょう。

前衛について

軍団内で総戦闘力上位5名が前衛に選ばれます。
前衛が敵軍を攻撃し武功を稼ぎます。

前衛の役割とは

  • 敵軍の前衛を攻撃し気絶させる

→敵軍前衛を全員気絶させ、攻城モードへ進ませる

  • より多くの武功を稼ぐ

オススメ自動スキル

  • 檄:攻撃時、一定確率で攻撃ダメージが増加
  • 解離:コマンド実行時(スキル使用時)、一定確率でSPの消費を抑える。
  • 魂:攻撃時、一定確率で自身の攻撃力と防御力が上昇

オススメ前衛スキル

  • 特大ダメージ、または極大ダメージを与える単体攻撃スキル
  • 大ダメージの全体攻撃を与えるスキル
  • 大ダメージの複数攻撃を与えるスキル

後衛について

前衛が武功を稼ぐためのサポートをします。
主に以下の3つの役割のうちのどれかを担当します。

  • 回復
  • バフ(味方支援)
  • デバフ(敵妨害)

回復の役割とは

  • 味方のHPを回復し気絶を防ぐ

→気絶した前衛を回復させ攻城モードへ進ませないようにする。

オススメ自動スキル

  • :HP回復時、一定確率でHPの回復量が増加
  • 解離:コマンド実行時(スキル使用時)、一定確率でSPの消費を抑える

オススメ後衛スキル

  • 味方前衛全体の回復ができるスキル

バフ(味方支援)の役割とは

  • 味方前衛の攻撃力を上昇させ、より多く武功を稼げるようにする
  • 味方前衛の防御力を上昇させ、敵軍から受けるダメージを減少させる

オススメ自動スキル

  • :支援時(後衛スキル使用時)、一定確率で支援効果が増加する
  • 解離:コマンド実行時(スキル使用時)、一定確率でSPの消費を抑える

オススメ後衛スキル
味方前衛全体の攻撃力か防御力を上げるスキル、または両方の能力を上げるスキル

デバフ(敵妨害)の役割とは

  • 敵前衛の攻撃力を下げ、敵軍から受けるダメージを減少させる
  • 敵前衛の防御力を下げ、より多くのダメージを与えられるようにする

オススメ自動スキル

  • :支援時(後衛スキル使用時)、一定確率で支援効果が増加する
  • 解離:コマンド実行時(スキル使用時)、一定確率でSPの消費を抑える

オススメ後衛スキル
敵前衛全体の攻撃力か防御力を下げる効果のあるスキル、または両方の能力を下げるスキル

なるべく役割に合った自動スキルと後衛or前衛スキルを合わせ持つ武将で部隊を編成し、役割に特化した部隊で合戦に参加しましょう。

部隊の編成方法についてはコチラ

後衛希望設定について

後衛希望設定を行うことで、戦闘力の順位に関わらず、合戦に後衛として参加することができます。
合戦への参加が難しい時間、合戦で必ず後衛を担当したい場合はこの設定を行いましょう。

設定の手順を説明します
軍団ページ内の「軍団メニュー」を選択

合戦における役割についての画像1

合戦・討伐戦の設定を選択

合戦における役割についての画像2

後衛を希望する時間帯を選択し、設定するで完了です。

合戦における役割についての画像3

後衛/前衛チェンジ

合戦中でも、ポジションの変更が行えます。
合戦のメニューコマンドの中にある「前衛⇔前衛」ボタンから入れ替わりが可能です。

合戦における役割についての画像3

ポジションを交代してもらう軍団メンバーを選択すれば、入れ替わることができます。
※前衛から後衛に交代できるのは、『合戦に参加しているかつ交代設定を許可しているメンバー』です。

合戦における役割についての画像4

ポジションの交代にはSPを消費します。
SPを消費するのは交代を希望したプレイヤーのみです。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    間違いの指摘・意見を編集部に送る
    間違いの指摘・意見を送る
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「『合戦』における役割について」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    ランキング

    権利表記

    トップへ戻る