【龍の覇業】外交とは?使い方や効果について紹介!

当wikiに掲載されている情報は2021年1月31日までのものとなりますので、ご注意ください。

龍の覇業における、外交について解説しています。外交の使い方や効果が分からない方は知りたい方はぜひ、参考にしてください。

外交とは?

君主同士で様々な増益効果を受けられるシステム

外交
外交は、君主同士が宗主と付属という形で外交関係を確立すると、技術研究速度や部隊戦争攻撃などの増益効果をお互いに得られるシステムです。

外交は所属している軍団に関係なく確立することができ、さらに戦争行為が行えなくなるなどのデメリットが一切ありません。

また、許諾を得れば瞬時に外交関係を確立できるため、誰とも外交関係を確立していない方は友達や軍団メンバーにお願いしてすぐに増益効果を受け取りましょう!

外交関係は維持する必要がある

活躍度.png
外交関係には、関係を維持するために必要な活躍度という数値が最大200まで存在し、数値が0になると外交関係による増益効果を受け取れなくなります。

活躍度は付属国のみに発生し、毎日活躍報酬を受け取ることで数値が増加していきます。

活躍度が0になると休眠状態となりお互いに増益効果を受けられず、最悪の場合は外交関係を切られてしまうので、付属国の方は常に最大の数値を保つようにしましょう。

サーバー移転で休眠状態になる

外交関係を確立した状態でサーバー移転を行った場合も休眠状態になり増益効果を受けられなくなります。

外交関係はお互いに同サーバー内にいる場合のみ適用されるので、サーバー移転する際は注意しましょう。

外交のルール

外交のルール
プレイヤー間は宗主-付属の形で外交関係を自由に確立できる
外交関係は所属軍団と関係なく自由に確立できる
一つの宗主国が同時に五つの付属国を所有できる
(付属国になったプレイヤーは宗主国になれない)
宗主国の宮殿レベルが付属国よりLv2以上高い場合のみ、外交関係を確立できる
外交関係はプレイヤー間の攻撃行為に影響しない
同じ軍団に所属していない場合、外交関係が存在しても攻撃することができる

外交の確立方法

外交の確立手順

外交関係の確立手順
①外交関係を確立したい相手に外交を招待する
②相手がメールから招待を受ける
③外交関係が確立する

①外交関係を確立したい相手に外交を招待する

外交招待
外交関係を確立したい相手の君主情報を開き「外交」をタップすることで招待を送ることができます。

宗主国と付属国のどちらになる場合もこの画面から行うことができます。

②メールから招待を受ける

外交.png

招待を送ると相手のシステムにメールが送られ、メールから招待を受けた瞬間に外交関係を確立することができます。

間違えて招待を受けてしまった場合は外交の画面から外交を断絶することが可能です。

外交による効果

宗主国の得られる効果

増益効果

宗主国.png

対象戦力 増益効果
技術戦力 部隊戦争攻撃
武将戦力 部隊戦争防御
建築戦力 部隊戦争HP
部隊戦力 部隊訓練速度

宗主国は、付属国の君主の各種戦力に応じで戦争行為と訓練速度の増益効果を受け取ることができます。

宗主国になると発展に役立つ速度の増益効果を一切受けられないため、攻城戦などの戦争行為を活発的に行う方は宗主国になるのがオススメです。

資源朝貢

付属国が資源点から採集した資源の一部がメールで毎日発送されるようになります。

付属国側から資源が減ることはなく、採集すればするほど受け取れる資源量も増えるため、付属国の方に毎日採集してもらうようにお願いしましょう。

付属国の得られる効果

付属国

対象戦力 増益効果
技術戦力 技術研究速度
建築戦力 建築建造速度
武将戦力 資源採集速度

付属国は、宗主国の君主の各種戦力に応じて技術研究速度や建築建造速度といった、発展に役立つ増益効果を受け取ることができます。

増益効果はそこまで高くありませんが、主城の増益効果と合わせると高い効果を得られるため、ゲームを始めたばかりの方や戦力強化中の方はすぐに付属国として外交関係を確立してもらいましょう。

龍の覇業関連リンク

初心者向け情報

最強武将ランキング最強武将ランキング 序盤の進め方序盤の進め方
毎日やるべきこと毎日やるべきこと 各兵種の特徴と相性各兵種の特徴と相性

その他のお役立ち情報はこちら!

    攻略メニュー

    ランキング

    新着コメント

    • 訓練の際、Lvアップしていない兵士がいますと出るんですが、どこで上げれますか…?
      兵営レベル18です。

    • 11サーバー
      創造世界
      エル坊
      いっちょにやりまちょー

    権利表記

    トップへ戻る