【龍の覇業】王元姫の評価とスキル・ステータス

当wikiに掲載されている情報は2021年1月31日までのものとなりますので、ご注意ください。

龍の覇業における、武将「王元姫」の評価や特徴について掲載しています。王元姫の運用方法からスキルやステータスまで記載していますので、ぜひ参考にしてください。

王元姫の評価と特徴

王元姫の基本情報

王元姫

評価点 8.0/10.0
簡易評価 ・味方の後列ユニットにバリア展開と防御バフを付与する
・自身が5回攻撃する度に、味方部隊全体に強力な攻撃バフを付与可能
・後列を狙ってくる敵武将がいないと使いにくい

強力なバリアで遠隔ユニットを守れる

王元姫は怒気スキルにて遠隔ユニットにバリアを展開できる武将となっています。刺さる場面は少ないですが、相手に遠隔ユニットを狙う武将(スキル)がいる時に効果的となっています。

さらに戦車が受けるダメージは常に10%軽減しているため相手の怒気スキルに合わせてスキルを使えば、遠隔ユニットへのダメージは最小限に留められます。

味方全武将の火力底上げも可能

基本的には防御寄りの武将ですが、発動スキルにて味方武将の大幅な火力底上げも可能です。このスキルは王元姫の攻撃回数により発動します。攻撃速度を上昇させるスキル持ちの武将を編成することで、さらなる効果が発揮できます。

王元姫のおすすめ編成例

遠隔ユニット中心攻撃編成

歩将 弓将 弓将 車将 車将
甄姬の画像甄姬 孫尚香の画像孫尚香 蔡琰の画像蔡琰 黄月英の画像黄月英 王元姫の画像王元姫

攻撃速度を高めて一瞬発動する王元姫の攻撃バフを最大限に生かす編成です。攻撃バフが発動し始めると孫尚香の素早い攻撃と黄月英の遠隔ユニットの攻撃で勢いよく敵戦力を削ることができます。

編成難易度が低く、攻城戦にも対応できるため、初心者や無課金の方にオススメの編成となっています。

武将の代用例

代用武将 役割とポイント
劉備の画像劉備 甄姬の代用
防御/サポート
・6回攻撃する度に戦法バリア展開
・歩兵で攻撃デバフを付与
呂蒙の画像呂蒙 蔡琰の代用
妨害/サポート
・味方全員の攻撃速度を大幅に強化
・気絶や行動速度デバフも扱える
周瑜の画像周瑜 黄月英の代用
アタッカー
・燃焼で追加ダメージを狙える
・高速で範囲攻撃が可能

王元姫のスキル

戦闘スキル

賢女の画像賢女
【怒気スキル】
【最大強化】
味方の遠隔ユニットを鼓舞し、バリアを展開する。その防御力を80%増加させ、戦法攻撃の45%に相当するダメージを吸収し、持続時間は4秒
【初期】
味方の遠隔ユニットを鼓舞し、バリアを展開する。その防御力を40%増加させ、戦法攻撃の22%に相当するダメージを吸収し、持続時間は4秒
堅固の画像 堅固
【パッシブスキル】
【初期】
戦車が受けた近接ユニットからダメージを10%低減させる
人を読むの画像 人を読む
【発動スキル】
【最大強化】
王元姫が5回攻撃したら、すべての味方武将の攻撃力を35%増加させ、持続時間は2秒
【初期】
王元姫が5回攻撃したら、すべての味方武将の攻撃力を20%増加させ、持続時間は2秒

文韜武略

医館の画像 医館
【文韜】
【最大強化】
負傷兵容量+40000%
【初期】
負傷兵容量+2000%
機関の画像 機関
【文韜】
【最大強化】
軍械製造速度+40%
【初期】
軍械製造速度+2%
鉄弾の画像 鉄弾
【武略】
【最大強化】
戦車攻撃+30%
【初期】
戦車攻撃+1.5%

王元姫の基本情報とステータス

基本情報

資質 SR
役割 補助後列
タイプ 補助
陣営
兵種 戦車

ステータス

武力 114(38)
智謀 289(68)
統率 231(72)
攻撃増益 749(190)
戦法増益 2324(215)
戦法耐性 741(54)
指揮上限 15737(560)
初期怒気 (470)
怒気回復 (18)
攻撃怒気回復 (43)
被攻撃怒気回復 (0)

※ステータスは武将レベルと昇星の最大値です。()内は初期値になります。

王元姫の入手方法

入手方法一覧
イベントで獲得

龍の覇業関連リンク

兵種別
歩将.png歩将 騎将.png騎将 弓将.png弓将 車将.png車将
資質(レア度)別
UR.pngUR SSR.pngSSR SR.pngSR R.pngR N.pngN

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 訓練の際、Lvアップしていない兵士がいますと出るんですが、どこで上げれますか…?
      兵営レベル18です。

    • 11サーバー
      創造世界
      エル坊
      いっちょにやりまちょー

    権利表記

    トップへ戻る