【龍の覇業】周瑜の評価とスキル・ステータス

龍の覇業における、武将「周瑜」の評価や特徴について掲載しています。周瑜の運用方法からスキルやステータスまで記載していますので、ぜひ参考にしてください。

周瑜の評価と特徴

周瑜の基本情報

周瑜

評価点 9.0/10.0
簡易評価 ・高い智謀で高火力ダメージを連発できる
・全攻撃が範囲攻撃なため単機で編成可能
・味方全部隊の攻撃力を常時20%上昇

高火力の範囲ダメージを連発する

周瑜は、高い智謀を生かした攻撃で敵部隊の兵力を減らしていく攻撃に特化した武将です。

特に怒気スキル「赤壁の炎」が非常に強力で、軍械を含む全ての敵に対して戦法ダメージと燃焼ダメージを与えられるため、発動する度に大量の兵力を減らすことができます。

さらに、発動スキル「燃焼の術」の効果による範囲攻撃で、通常時も着実に兵力を減らすことができるため、攻撃速度バフや怒気回復が得意な武将を組み合わせて使うのがオススメです。

戦車の攻撃に燃焼効果を追加可能

周瑜は、戦車の攻撃に相手を燃焼状態にする効果を追加できるため、引き連れる戦車でも非常に高いダメージを与えられます。

さらに、この効果はスキル発動時や確率で燃焼を付与できる龐統陸遜などと違い、戦車が攻撃する度に100%付与できる強みがあります。

戦車の数を増やしたり攻撃速度を上げるだけで非常に高い効果を得られるため、こちらの効果をメインで運用する際は戦車の数を増やした部隊編成を行いましょう。

周瑜のスキル

戦闘スキル

赤壁の炎の画像赤壁の炎
【怒気スキル】
【最大強化】
周瑜が鳳凰を召喚し、火の雨を降らせ、すべての敵に160%の戦法ダメージを与え、敵を3秒間燃焼状態にし、1秒に11%の戦法ダメージを与える
【初期】
周瑜が鳳凰を召喚し、火の雨を降らせ、すべての敵に100%の戦法ダメージを与え、敵を3秒間燃焼状態にし、1秒に5%の戦法ダメージを与える
火計の画像 火計
【パッシブスキル】
【初期】
戦車の攻撃目標を燃やし、3秒の燃焼状態にする
燃焼の術の画像 燃焼の術
【発動スキル】
【最大強化】
周瑜の通常攻撃は炎の力に宿られ、攻撃する度に目標及びその周囲の敵に40%の戦法ダメージを与える
【初期】
周瑜の通常攻撃は炎の力に宿られ、攻撃する度に目標及びその周囲の敵に20%の戦法ダメージを与える

文韜武略

研鑽の画像 研鑽
【文韜】
【最大強化】
技術研究速度+25%
【初期】
技術研究速度+1.25%
頑丈の画像 頑丈
【武略】
【最大強化】
部隊HP+25%
【初期】
部隊HP+1.25%
戦意の画像 戦意
【武略】
【最大強化】
部隊攻撃+20%
【初期】
部隊攻撃+1%

周瑜の基本情報とステータス

基本情報

資質 SSR
役割 戦法後列
タイプ 範囲殺傷
陣営
兵種 戦車

ステータス

武力 180(60)
智謀 374(94)
統率 283(91)
攻撃増益 873(210)
戦法増益 2692(244)
戦法耐性 872(74)
指揮上限 18514(602)
初期怒気 (408)
怒気回復 (20)
攻撃怒気回復 (55)
被攻撃怒気回復 (0)

※ステータスは武将レベルと昇星の最大値です。()内は初期値になります。

周瑜の入手方法

入手方法一覧
「真龍八卦の陣」イベントで獲得

龍の覇業関連リンク

パーシャル▶︎龍の覇業攻略wikiトップページ
最強ランキング最強ランキング お役立ちお役立ち一覧 最新情報最新情報
武将武将一覧 計略計略一覧 技術技術一覧
帝王の術帝王の術一覧 君主宝物君主宝物一覧 アイテムアイテム一覧
コミュニティコミュニティ - -

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「周瑜の評価とスキル・ステータス」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 自分4鯖にいるんですけど他鯖はどんな感じですか?

    • 【団員募集】
      団名:[蜀漢国]蜀漢王朝
      団長:劉備玄徳
      ・現在ランキング20位ほどですが、少しずつ大きくしていきたいと考えております。
      ・チャットもご自由にお使い下さって結構ですので、仲良く楽しんでいけたらと思います。
      ・特に参加条件は設けておりませんので、一緒に大きくして下さる方、貢献下さる方、大歓迎です。ご気軽にご参加下さい。

    権利表記

    トップへ戻る