【龍の覇業】序盤の優先すべき施設について

龍の覇業における、序盤に優先すべき施設について解説しています。どの資源施設を強化していいか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

龍の覇業における、序盤に優先すべき施設について解説しています。どの資源施設を強化していいか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

序盤に優先して強化したい施設

使用量が一番多い「伐採場」

IMG_0583.png
伐採場で入手できる木材は、施設や研究の強化や兵士の訓練など、あらゆる場所で莫大な数を要求されるため常に不足しがちになります。

毎日安定して入手する方法も少なく、木材が足りないことにより強化が滞る可能性が高いため、伐採場を最大数まで設置し最優先で強化しましょう。

入手方法が少ない「石鉱山」

IMG_0585.png

石鉱山で入手できる石材は、木材と比べるとそこまで使う資源ではありませんが、入手方法が少なく欲しい時にすぐ手に入らない資源なので優先度が高めです。

こちらの施設も最大数まで設置し毎日安定して入手できるようにしましょう。強化に関しては、上げれば上げるだけたくさん生産できますが、最悪無料分の強化だけでも問題ありません。

使用量が多い「農地」

IMG_0584.png

農地で入手できる糧秣は、木材と同様にほとんどの施設強化に必要な資源になりますが入手方法が多く、活躍報酬で毎日約13万貰えるため優先度は低めです。

ただ、それでも足りないことが多々あるので最大数まで設置するといいでしょう。強化に関しては無料分だけで問題ありません。

後回しでいい施設

使用する場所が少ない「銀鉱山」

IMG_0586.png

銀鉱山で入手できる銀貨は、兵士の訓練や研究の強化などの頻繁に行わない施設でしか使うことがないため強化は後回しでいいでしょう。

しかし、よく使う資源(木材など)を課金で購入し、加速アイテムでどんどん施設を強化していく方は銀貨が不足するため、課金前提で強化をしていく方は銀鉱山を最優先で強化するといいでしょう。

訓練の速度を上昇させる「徴兵所」

IMG_0588.png

兵士の訓練速度を上昇させられる徴兵所は、たくさん設置しても短縮できる量が少ないのでとりあえず設置するだけして強化は後回しでいいでしょう。

設置した徴兵所のレベルを満遍なく強化すれば、短縮できる速度が増えていきますが、ほぼ誤差程度のものなので優先度は低めです。

ただ、徴兵所のレベルを5まで強化すると部隊戦争の攻撃力が若干上昇するため、5レベルまで強化するのがオススメです。

数個あれば足りる「軍医院」

IMG_0587.png

軍医員は、戦争で負傷した兵士を治療できる施設になりますが、2~3個あれば負傷した兵士全員を治療することができるため優先度は低めです。

ストーリーを進める時に必要な数だけの軍医員を残し、それ以外は徴兵所を設置するといいでしょう。

また、こちらの施設も徴兵所と同様に、レベルを5まで強化すると部隊戦争のHPが若干上昇するため、5レベルまで強化するのがオススメです。

龍の覇業関連リンク

一緒によく見られている記事

初心者向け情報

最強武将ランキング最強武将ランキング 序盤の進め方序盤の進め方
毎日やるべきこと毎日やるべきこと 各兵種の特徴と相性各兵種の特徴と相性

その他のお役立ち情報はこちら!

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「序盤の優先すべき施設について」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 過疎すぎやろ普通に面白いゲームなのに

    • 軍団メンバーを9名募集してます。
      サーバー2
      団名:Overload
      団長:イソノ
      ・毎日初級寄付の5回分のみ絶対でお願いしています。
      ・それ以外はご自身のペースで城を発展して頂いたり、戦力を伸ばして頂いたり自由にして頂いて構いません。
      現在団の領地を建てるのを目標としておりまして、領地が建ち次第、メンバーの方に領地の近辺に遷都して頂いて黄巾祭壇含めた集結等のマルチを始めていければと考えております。
      一様、領地は今現在の段階で建設途中でして既に何名かの方はその周辺に遷都されて、少しずつ集結等(10/19現在の祝融イベント)は始まってます。

    権利表記

    トップへ戻る