【パズルガールズ】演習の解説|戦闘と編成のコツ

演習の解説|戦闘と編成のコツ

パズルガールズにおける演習の解説|戦闘と編成のコツを掲載しています。演習のシステムや特徴の解説や、攻撃側と防御側の編成や戦闘のコツ、演習の報酬についても解説しているので、演習について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

演習とは?

演習の特徴
チェックマーク相手プレイヤーの防衛編成と戦う
  ┣相手は完全オート
  ┣艦嬌を全て倒したほうが勝利
  ┗タイプアップは攻撃側の敗北
チェックマーク赤エネルギー(演習力)を消費して挑戦する
  ┗2時間で1回復
チェックマーク勝利すると階級がアップする
  ┣演習で貰える名誉ポイントはアイテムと交換可能
  ┗階級アップで交換可能なアイテムを増やせる

相手プレイヤーと戦うゲームモード

相手プレイヤーと戦うゲームモード

演習は相手プレイヤーの編成と戦うPVPモードです。ただしリアルタイム戦闘ではないため、気軽に遊ぶことができます。

挑戦には赤エネルギー(演習力)が必要

挑戦には赤エネルギー(演習力)が必要

演習の挑戦には赤エネルギー(演習力)が必要です。赤エネルギー(演習力)は2時間で1回復できます。

勝利で階級ポイントと名誉ポイントが貰える

ポイント 概要/用途
階級ポイント階級ポイント ・集めると階級アップ(昇格)できる
・階級ポイント累計数でランキングが決定
名誉ポイント名誉ポイント ・モールの名誉交換でアイテムと交換できる

演習で勝利すると、階級ポイントと名誉ポイントが貰えます。階級ポイントはランキングに反映され、名誉ポイントはモールでアイテムと交換できる通貨となります。

また、階級ポイントを一定数集める毎に階級がアップし、モールで交換できるアイテムの種類が増えるため、積極的にプレイしてポイントを集めましょう。

演習の編成と戦闘のコツまとめ

攻撃側と防御側の仕様の違いを知ろう

攻撃側と防衛側の違い
チェックマーク攻撃側の特徴
  ┣敵の編成を見て選べるため、攻撃側が有利
  ┣戦闘方法は通常ステージと同じシステム
  ┗戦闘アイテムは使用不可
チェックマーク防御側の特徴
  ┣ステージの敵のようにターン経過で自動で攻撃する仕様
  ┣属性統一などコンセプトパーティーが組みやすい
  ┗編成以外、プレイヤーは戦闘に関与できない

演習では攻撃側と防御側で戦闘の仕様が大きく異なっています。攻撃側は通常のステージとほぼ同じシステムのため、違和感なく戦えるでしょう。

対して防衛側はターン経過で自動で攻撃する仕様です。そのため、通常ステージでは戦闘しづらかった属性統一編成などでも問題なく戦え、防衛側ではコンセプトパーティーが組みやすくなっています。

攻撃側の編成と戦闘のコツ

一番戦闘力の高い編成で挑戦しよう

演習では攻撃側の戦闘システムは通常ステージと同じ仕様であるため、ステージ攻略用の編成で挑んで問題ありません。一番戦闘力の高い編成で挑戦しましょう。

戦闘では敵数を減らすことを心掛ける

防衛側の敵艦嬌は強力な必殺技をターン経過で

必殺技を撃たれる前になるべく敵数を減らしておくことが戦闘でのポイントとなります。

防衛側の編成のコツ

編成中央は耐久力の高いキャラを配置

編成中央位置は最も攻撃を受けやすい位置のため、編成中央は耐久力の高いキャラを配置すると良いでしょう。ステータスだけでなく、防御力アップや回復スキルを多く覚える艦嬌がおすすめです。

メインアタッカーは左右端配置がおすすめ

左右の端配置は攻撃が当たる面が少ないため、配置したキャラは生存しやすくなります。火力に貢献するメインアタッカーが長く生き残るほど敵を倒しやすくなるため、左右端に編成すると良いでしょう。

演習の報酬

勝利報酬

勝利報酬一覧
EN結晶EN結晶 EXP結晶EXP結晶 階級ポイント階級ポイント 名誉ポイント名誉ポイント

関連リンク

パズガルフロントへ戻るパズルガールズフロントへ戻る
リセマラ 最強ランキング 同盟
イベント情報 ガチャ 艦嬌
攻略ガイド 出撃 演習
デイリー 艤装 掲示板

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • >>[4] 退役のことですか?
      ホーム画面の右上の矢印を押したら出るバー(メールとかミッションがある)の一番下、退役っていう項目があるのでそれを押してください!

    • v694971
      【同盟レベルあげ隊!!】
      同盟メンバー募集中!!
      迷ってるあなた!!
      どなたでも歓迎中です。
      サーバーは1番です。

    権利表記

    トップへ戻る