Wikiメニュー

ポケットモンスターX・Y 攻略Wiki

▼来たれ!真のポケモンマスター!

ポケモンチャレンジ

▼人気の項目

▼初級者向けコラム

▼よく見られている項目

▼攻略

▼ポケモン図鑑

▼ポケモン図鑑

▼タイプ別ポケモンと

 わざ一覧

▼ジムリーダー攻略

▼四天王攻略

▼バトルハウス攻略

メンバー募集中
Wikiメンバーに参加
Pokemonxy

ポケットモンスターX・Y 攻略Wiki

  • Q&A:1496件 / トピック:20609件 / Wiki:1865項目

カロス地方ポケモンXY攻略Wiki

カロス地方、フランス、ポケモンXYの詳細情報を完全網羅。

カロス地方とは、ポケットモンスターX・Y(ポケモンXY)の舞台である。実在するフランスがモデルとされており、中心都市「ミアレシティ」は、エッフェル塔がモチーフとされている建物が存在する。

セントラルカロス地方コーストカロス地方マウンテンカロス地方の3つに分類されており、それぞれに150匹ずつ3種類のポケモン図鑑が登場する。詳しくは「カロス図鑑」の項目を参照。

カロス地方の名前の由来

「カロス地方」という名前は、古典ギリシャ語の「美」「魅力」という意味を持つ言葉が由来とされている。

タウンマップ

関連リンク * 攻略チャート

これまでの情報

  • 『ポケットモンスターX・Y』に登場する、冒険の新たな舞台として、2013年5月に公開された。

    フランス、パリとの関係性

  • 2013年1月に新タイトルが公開後、プロモーションムービーの8秒〜12秒でエッフェル塔らしき姿が確認され、その後のシーンでヨーロッパを中心にピカチュウの電撃が広がっていることから、「カロス地方はフランスが舞台ではないか?」という噂がネットユーザーの間で広まる。

  • また「X・Y」というタイトル名称から、ポケモンXYでは遺伝子に関する研究所(フランスに実在)などが、ストーリーに関係するのではという憶測も広がった。

  • 2013年5月、ミレアシティなどの画像が公開され、エッフェル塔をモチーフとした建造物が正式に公開される。

  • 2013年6月、開発者向けイベント「E3 2013」にて、ポケモンXYのプロデューサーを務める増田氏が正式にフランスがモデルになっていることを認めた。インタビューの中で、「美しさ」がテーマであると語っている。

実在のフランスには、洞窟や遺跡が多数存在する。北西部、ブルターニュ地方のカルナックにある巨石遺構「カルナック遺跡」、3万2000年前の壁画洞窟がある「ショーヴェ洞窟」、考古学的公園で保護森林に囲まれた地域「古代ビブラクテ」、1万5000年ほど前にクロマニョン人によって描かれた壁画が存在する「ラスコー洞窟」などが、カロス地方でも再現されている可能性が高い。

  • 10番道路

カルナック遺跡がモデルではないかとされているエリア。新ポケモン「ヒトツキ」は、古代の人間が使っていた剣に魂が乗り移ったポケモンとされており、この遺跡と関係性が深いと考えられている。

地形

  • 星型の形。北エリアには巨大な山岳地帯がある。
  • カロス地方の左奥になる遺跡は「カルナック遺跡」がモチーフになっている
  • セントラルカロス、コーストカロス、マウンテンカロスの3つの地方。
  • 北西エリアには、離島がある。
  • 北東エリアには、積雪地帯も存在。氷の結晶をあしらった風車がある。
  • 川が多い

カロス地方の主な都市・場所

ミアレシティ

  • カロス地方の中心都市
  • エッフェル塔らしき高い塔が街の中心にある。
  • 街並みは美しく整備されており、石畳の道と建造物が魅力的な都市である。

アサメタウン

  • 主人公が引っ越してきた街で、ポケモンXYの物語のスタート地点
  • 隣の家には、セレナ、カルムが住んでいる

ハクダンシティ

  • 大きな噴水がシンボル
  • ローラースケートを使った登場人物が多々確認されている

シャラシティ

  • カロス地方の海辺の街
  • 「マスタータワー」という施設が存在し、メガシンカとの関わりが深い。
  • ジムリーダー「コルニ」が、メガシンカの秘密を知っている。
キーワード検索
最近更新された項目
関連ニュース