【ポケモンXY】バリヤード育成論、対策徹底考察!【フェアリーガーデン】

9月26日〜28日にかけて行われる、シングルオリジナルルールのインターネット大会『フェアリーガーデン』 その中でも今回は、隠れたドラゴンキラー?バリヤードにクローズアップして考察していきます!育成例、対策、組み合わせ等・・・ フェアリーガーデン参加者必見!!!

インターネット大会『フェアリーガーデン』開催!

画像

Pokémon Global Link

【wifi大会】フェアリーガーデン - Game8

画像

『バリヤード』の概要

タイプ、覚える技共々サーナイトの劣化になり易く、よく比較されがちなポケモンですね。

しかし、普段は「サーナイトかバリヤードか」になる考えが、使用出来るポケモンの少ない今回は「サーナイトを2匹使う為にバリヤードも採用しよう」なんて考えも可能ですね。

バリヤードにはちょっとかわいそうですが、
今回は『サーナイトとの差別化』と『2体目のサーナイト』両方の観点から考察していきます!

バリヤードのアイデンティティ すばやさ種族値95

サーナイトとの違いとして1番目立つのは、すばやさ種族値15の差でしょう。

「(相手の)サーナイトとの対面で、同速対決を怖がらずに動ける」と言うとところが、このすばやさ種族値95の唯一の強みになるのではないでしょか。

つまり、「サーナイトとの差別化」はその言葉の意味と同時に、『対サーナイト』という考えにもつながります。

画像

【フェアリーガーデン】サーナイト単体考察!【ポケモンXY】 - Game8

しかし、これには弱点もあります。

サーナイト同士なら「もしかしたら同速勝てるかも・・・」と思うプレイヤーは数少なくないでしょう。そこで『こだわりスカーフ』等で確実に先攻をとるのが上手な策と言えますが、
バリヤードを使えば当然相手も「先に行動される」ことを警戒してきます。

唯一の強みが、そのままディスアドバンテージになるなんて・・なんて悲しみを抱えたポケモンなんだ

サーナイトより『確実に』早く行動する事で有利に働きそうな技として、『さいみんじゅつ』『いやしのねがい』『10まんボルト』が挙げられます。

『さいみんじゅつ』は言わずもがな、先制で眠らせれば、種族値さなんてどうってこと無いですからね。

いやしのねがい

『いやしのねがい』これも先制で撃てる事によて得られるメリットは大きくあります。

例えばこんな盤面、『いやしのねがい』の成功が試合の全てを決める状況で、確実に先制出来るのは非常に心強いです。
もしサーナイトであれば同速対決になっている場面でも、勝利する事が出来そうですね。

同じように活躍出来る技として『でんじは』も。
『いやしのねがい』でなら同時に自主退場、まひ状態も回復とのメリットも付きますが、
汎用性でいえばこちらが則した場面が多いでしょう。

両搭載もアリ。

10まんボルト

すばやさ80族を抜けて、『10まんボルト』が使える・・・ここまで言えばもうお分かりですね?

画像

【フェアリーガーデン】トゲキッス単体考察!【ポケモンXY】 - Game8

トゲキッスに先攻がとれる要素は今回のルールに限らず、シングルバトルで非常に重要な要素になってきます。

『エアスラッシュ』と『てんのめぐみ』を組み合わせた怯み戦法には毎度手こずらされます(笑)

バリヤードからの攻撃が丁度2発、エアスラッシュは乱2といったダメージですね。

何より「すばやさが勝っている」といううところが素晴らしく、怯まされなければこちらのペースを維持出来ます。
『ラムのみ』を持てば、『でんじは』によるすばやさ逆転を受けずに戦えますが、微妙な数値の足りなさを他のアイテムで補いたいので、対策を撃つにしても『しんぴのまもり』とどまりになりそうです。

バリヤード最強技はめざパで決まり!?

先の項で『10まんボルト』について記述しましたが、このポケモンにはそれ以上に遥かに強力な技があるのをご存知ですか・・・?
タイプ一致の『マジカルシャイン』?物理ダメージを与える『サイコショック』?いえいえ、そんな単純な解答じゃあ勿論ございません。

その技は『めざめるパワー』!・・・のはがね!!

爆誕!!めざ鋼バリヤード!!

バリヤードのとくせい『テクニシャン』の恩恵を受けて、威力60であるこの技は実質90ダメージを相手に与える事が出来ますね。
それをほとんどの相手に効果抜群で与えられるのですから、これはもうサブウエポンという域では無いですね・・・

ちょっと予想外な程大きなダメージが入ります!

これは、十分にアタッカーとして活躍出来るクラスの火力でしょう。

こちらも捨て難い・・・めざ地バリヤード

めざ鋼が強力なことは伝わったかと思いますが、じめんタイプのこの技も忘れてはいけないでしょう。

かなり大きなダメージになりますが、1撃で葬れるだけの決定的な火力には今ひとつ届きませんでした。
『わるだくみ』『めいそう』を積めれば活躍の場が見込めるかもしれません。

結論めざパはどちらに・・?

広範囲に強力な攻撃を放てるはがね、
ピンポイントだがタイプ一致技では手の届かない相手に刺さるじめん。

どちらも一長一短なので、パーティ内の他のポケモンとの相性補完等を考えてから決めていった方が良さそうです。

どちらにせよ、バリヤードをパーティで採用するのであれば、是非持っておきたい技と言えるでしょう。

画像

【フェアリーガーデン】マリルリ単体考察!【ポケモンXY】 - Game8

『10まんボルト』であれば、マリルリにも弱点をつけるので、一概にめざはがねが良いとも言えません。
めざじめんとの両立も考慮に入れると、やはりめざパのタイプは悩み所。

その他色々変化技考察!

攻撃技では『めざめるパワー』を手にして、まさかの大胆な差別化を図れたバリヤードですが、余った技枠に入れたい変化技はやはりサーナイトにかなり似たり寄ったり。

とは言え一応研究してみる価値はあるでしょう。
以下有用そうな技をピックアップ&考察!

アンコール・ちょうはつ・リフレクター・ひかりのかべ・でんじは

めいそう・わるだくみ

サーナイトも習得可能な妨害技ですね。
この技を扱うなら『きあいのタスキ』を持たせて行動回数を確実に稼ぐのがベストでしょう。

サーナイト同様、後続に仕事を投げて散る型。
「サーナイトをアタッカーとして使いたい、且つサポートもしたい」と言った、まさに『2体目のサーナイト』が必要なトレーナーに従事する事になるでしょう。

これ等の技を持つ事で、前述のアタッカーとしての道がかなり確かになって・・・
来るでしょうか?

来ますよ!
こちらについての明確な使用法は後述の『オススメ!育成例』にて

ねこだまし

こちらは変化技ではありませんが、どちらかといえばダブル等でサポートとして見られる事が多い攻撃技ですね。

シングルでは主に「タスキ潰し」を理由に持たれるこの技ですが、今回はちょっと違います。

先発での対エルフーン、クレッフィを考えての技です。
そう、理由は勿論「だっしゅつボタン潰し」!

が、流石にピンポイント過ぎる相手依存な技なので、実際の採用には至らないでしょう・・・

「タスキ潰し」という所について考えても、成功した所でバリヤードがいきなり大技で相手を瀕死に出来ることはまあ無いでしょう。

差別化要素になり得るか?持ち物考察

ここまでの考察を踏まえた上で、持ち物の候補に挙がりそうなものをピックアップしていきます。

きあいのタスキ

バリヤードの持ち物としてはかなり一般的ですね。

このアイテムを持たせるとなると、変化技での後続サポート型になり易いので、サーナイトにかなり似た構成になるでしょう。

サーナイトとの差別化を考えるなら『バトンタッチ』が目を引く存在になります。
メガクチートのアイアンヘッドを耐えながら『わるだくみ』、『ふいうち』を透かしながら『バトンタッチ』で後続に能力を引き継ぐのが面白そうですね。

その後に消耗し切ったアタッカーを、更に『いやしのねがい』で再利用する等、中々トリッキーな戦略で意表をつけそうです。

オボンのみ

こちらのアイテムもサーナイトの猿真似になり易いアイテムです。

サーナイト同様に対クチートを半ば諦めて、それ以外の相手との殴り合い性能を高めるアイテムです。

特殊耐久方面には有る程度の自信があるポケモンなので、このアイテムで確定数をずらす事は安易に出来そうです。

画像

【フェアリーガーデン】デデンネ単体考察!【ポケモンXY】 - Game8

しかし今回のルールでは、『オボンのみ』を持たせたいポケモンは結構いるので、中々バリヤードまで廻ってこないかもしれません。

無理にこれを採用する必要は無く、持ち物に困ったら下記の火力強化アイテムでも良いでしょう。

たつじんのおび・いのちのたま

前述の『めざめるパワー』等を使った、アタッカー要素を含んだバリヤードであれば、これ等の持ち物も視野に入れるべきでしょう。
先に書いた通り、じめん・はがねの技はサーナイトでは習得しないので、ここでは差別化についての記述は省略します。

重要な所を抜粋すると、クレッフィとサーナイトへのダメージ量でしょうか。

クレッフィへは単純に確定数を変え、サーナイトは『めいそう』等を使えば乱1にまで持っていけます!

『いのちのたま』を『たつじんのおび』と比較して重要になりえそうな要素は、メガクチートへの技威力です。

対クチートへは他にも多くのアプローチの仕方があるので、無理にこのアイテムを持たせてまで1撃で倒す事は無いかもしれません。

オススメ育成例!

黄金比3:1型

アタッカー性能を高めた型のバリヤード。
攻撃3つ、積み技1つの構成です。
すばやさ種族値95と、とくせい『テクニシャン』を余す事無く使い、サーナイトとの差別化も充分に果たせています!

仮想敵として強く意識したい相手からのダメージ量には、注意を払った配分です。

与ダメージはどうでしょうか。

欲しい所に欲しいダメージを、ちょうどいい数値で出してくれます!

トゲキッスに対して、一旦『こごえるかぜ』を挟む事で、『こだわりスカーフ』にも対応出来ています。

クレッフィとのダメージレースでも勝てそうです。

素のすばやさ上で有利なので、『めいそう』を挟んでもいいかもしれません。

逆黄金比1:3型

見ての通り、攻撃をめざパに絞った全抜き型です。
すばやさ関係上、積むタイミングは割と多いと思われます。

上記例の様な特殊アタッカー対面で、『めいそう』『みがわり』を残しながら戦い、クチート等の天敵が出てきたらみがわりを盾に『わるだくみ』を積んでめざパで倒したい所です。

折角攻撃技1本に絞っているので『メタルコート』も捨て難いですが、このアイテムで『みがわり』試行回数を増やして、クチートとの不毛な「ふいうち読み合戦」に強くしています。

まとめ

考察当初はサーナイトとの関係を危惧しまくっていたこのポケモンですが、『めざめるパワー』を起用したアタッカーの道が開けたとたん可能性が強く見えてきましたね!

火力上昇アイテム+めざパが重要な鍵となってきそうです。

努力値調整と持ち物の違いが、かなり大きく対戦に影響するポケモンなので皆さんの独自のバリちゃんを考察してみても面白いかもしれません!

こちらの関連記事もどうぞ!

【フェアリーガーデン】ペロリーム単体考察!【ポケモンXY】

【フェアリーガーデン】ピクシー単体考察!【ポケモンXY】

【フェアリーガーデン】クレッフィ単体考察!【ポケモンXY】

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「バリヤード育成論、対策徹底考察!【フェアリーガーデン】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    ランキング

    権利表記

    トップへ戻る