特殊受けランターン〜対コケコ用〜

ポケモンサンムーンのシングルバトルにおける、特殊受けランターンの育成論です。

特殊受けランターン〜対コケコ用〜(シングル)

ランターンランターン

基本情報

せいかく とくせい
おだやか ちくでん

努力値配分

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
196 0 36 20 252 4

覚えさせる技

10まんボルト ねっとう どくどく みがわり

持ち物

たべのこし

役割

ランターンはHPと特防が高めで特殊流しがしやすいポケモンです。また特性ちくでんで電気技を受けることが可能です。この高めの特殊耐久と電気受けを活かして、カプ・コケコや低火力の特殊型ポケモンに勝てるように調整しました。

特性の選択理由

カプ・コケコの電気技を受けるために「ちくでん」を選択。電気技をうまく誘って回復ができれば、サイクル戦で有利になります。

持ち物の選択理由

確定数ずらしや身代わりと相性がいい「たべのこし」を採用。耐久型との戦闘では、オボンのみより回復が期待できます。

性格の選択理由

カプ・コケコに安定して後出しができるように、特防に補正がかかる「穏やか」を選択。他の性格だと後述する実数値は実現できません。

努力値調整

努力値 196-0-36-20-252-4
実数値 225-*-83-99-140-88
  • H:16n+1調整(食べ残し4回で身代わりが張れる)
  • B:陽気メガギャラドスの地震耐え
  • C:余り
  • D:臆病カプ・コケコのマジカルシャインを93.7%で身代わりが耐える
  • S:余り

カプ・コケコを起点にでき、かつメガギャラドスに対して最低限行動できるように調整しました。本当は準速ガラガラRも抜いときたかったのですが、努力値に余裕がなくて断念しました。

【2017/01/13追記】
カプ・コケコは草結びを覚えますが、草結びよりマジカルシャインの方が威力が高いです。

威力(補正込み)
くさむすび 40(80)
マジカルシャイン 80(120)

技構成

確定

ねっとう

水タイプの主力技。波乗りと迷いましたが、ランターンに繰り出してくる物理型ポケモンを火傷状態にして、機能停止を狙える点が優秀で熱湯を選びました。

どくどく

火傷ダメージでは耐久型ポケモンが倒しきれないので、どくどくを採用。主にポリゴン2に使っていきます。

みがわり

カプ・コケコやポリゴン2を起点にするために採用。どくどくを回避できるので、耐久振りランターンとは相性が良いです。

選択

10まんボルト

電気タイプの主力技。威力が高く、対面性能を上げられます。

ボルトチェンジ

サイクル戦で使いやすい技。威力はそこまで高くないので、抜群を突けてもあまりダメージが入りません。

相性が良い味方

ランターンと相性が良い味方は以下の3体です。

相性が良い味方 利点
ギャラドスギャラドス ・タイプの相性補完が良い
・威嚇で物理型に強くなれる
・抜き性能が高い
エアームドエアームド ・タイプの相性補完が良い
・物理耐久が高い
・サイクル戦に強くなる
テッカグヤテッカグヤ ・タイプの相性補完が良い
・宿り木の種でサポートできる

立ち回り

主にランターンの仮想敵である電気タイプのポケモン(主にカプ・コケコ)に後出しで繰り出していきます。耐久型のポケモンにも繰り出していけますが、交代読みのどくどくを喰らう可能性があるので、出すタイミングには注意が必要です。

電気タイプのポケモンや耐久型のポケモンと対面できたら、初手は身代わりから入りましょう。先程言ったように、どくどくを打たれる可能性が高いためです。

うまく身代わりを張れたら、熱湯かどくどくで相手を状態異常にしましょう。状態異常にできれば、サイクル戦で有利になれます。後は、身代わり連打で粘るか、後続のポケモンと交代してサイクルを回しましょう。

ダメージ計算

特殊火力

ねっとう

H252振りガラガラR(H167 D100)
53.8%〜64.6% 確定2発

耐久無振りガブリアス(H183 D105)
23.4%〜28.4% 乱数4発

耐久無振りマンムー(H185 D80)
61.6%〜72.4% 確定2発

10まんボルト

H244 D4振りテッカグヤ(H203 D122)
41.3%〜50.2% 乱数2発 (0.39%)

H4振りメガギャラドス(H171 D150)
39.7%〜49.1% 確定3発

H252振りカプ・レヒレ(H177 D150)
38.4%〜47.4% 確定3発

ボルトチェンジ

H244 D4振りテッカグヤ(H203 D122)
32.5%〜38.4% 乱数3発 (89.1%)

H4振りメガギャラドス(H171 D150)
31.5%〜38.5% 乱数3発 (86.2%)

H252振りカプ・レヒレ(H177 D150)
30.5%〜37.2% 乱数3発 (52.7%)

耐久力

物理

陽気メガギャラドスの地震(A207)
83.5%〜98.6% 確定2発

意地っ張りガラガラRのシャドーボーン(A145)
74.6%〜88% 確定2発

意地っ張りガラガラRのホネブーメラン(A145)
117.2%〜138.6% 確定1発

意地っ張りテッカグヤの地震(A168)
68.4%〜80.8% 確定2発

特殊

臆病カプ・コケコのマジカルシャイン(C147)
21.3%〜25.3% 乱数4発

C1段階上昇ポリゴン2のシャドーボール(C125)
18.2%〜21.7% 乱数5発

控えめテッカグヤのギガドレイン(C174)
32%〜38.2% 乱数3発 (92.3%)

控えめカプ・レヒレのムーンフォース(C161)
28%〜33.3% 乱数3発 (0.02%)

最後に

ここまで読んでくれた方々、ありがとうございました。意見や質問など気軽にコメントして下さい。

評価する

こちらの育成論はいかがでしたか?

あなたも投稿してみよう
育成論投稿フォーム

スポンサードリンク
トップへ戻る